日々草子 『続・君と綴る文字』あとがき
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

『続・君と綴る文字』に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
ということで、あとがき(または青木への我が愛)を…。




こちらに足を運んで下さる回数の多い皆様は、おそらく私の傾向がお分かりかと思うのですが…。
一つ長い話を書くと、終えた後に「あ~これ、続きが書きたい」と思ってしまうのが、私という人間です。
普通は「続編を!」というお言葉をいただいたから、書くのかもしれませんが、私の場合は誰に言われなくとも書くという…(笑)

ということで、この続編も前の話を終えた後は続きを書く気満々でした。
が。
なんとなく、西垣先生とからませたいなあということは考えていたのですが、それで何が書きたいかというと明らかにもならず。

ここしばらく、また不調の波にさらわれていたので、自分が好きだった話の続きを書けば浮上するだろうと思って書き始めてみました。

当初の予定は、
西垣先生のところに琴子ちゃんが通う→色々な女性との絡みを目撃し、真似する琴子ちゃん→戸惑いつつそんな琴子ちゃんをかわいいと思う旦那様→…その先は未定
だったのです。

それでいいかなあと思っていたのですが、西垣先生に遊ばれるイリコトだけじゃ、どうも面白みがないなあと思うようになってきました。

他の素晴らしい二次作家様のお話を拝見すると、皆様テーマというか、「これが書きたい!」というものがはっきりと決めて書かれているんですよね。
私はそれがないから、中途半端なものばかりなのねと常日頃反省しております。

確かに、前回は琴子ちゃんが文字を覚えるというテーマらしきものを中心に書いたから、まともに仕上がったなあと思うのですが。

やはり、何かテーマがいるんだ!テーマが!!
で、テーマって何にするのよ?
…西垣先生の過去!!西垣先生の辛い愛のメモリーを知り、絆を深める二人…。

いいじゃない、いいじゃなーい!!と、一人で勝手に盛り上がり決行していた次第です(笑)
それが書けたかどうかは…聞かないで下さい(笑)

こういう理由で、西垣先生の過去捏造となりました。

ただ、それだけではまだ寂しいかなあと、欲が出てきました。

最初はのんびりとした話で、特に山も谷も作るつもりはありませんでした。
だから最初の方のあとがきでは「面白くない」「のんびりしている」と連呼していたんです(汗)

でもそれではやはり…だめかなあと思うようになり。
ここはやはり、盛り上がり、ドキドキが必要なのでは?

じゃあ、そのドキドキとは?
いつもの嫉妬ドナドナじゃワンパターンだし(今さら何をって感じですが)

そんな時、ぶらりと立ち寄ったブック○フ。
目的はゴルゴで何かないかと探したのに…途中まで買っていた少女マンガを見つけて「今、どうなっているんだ」と思い立ち読み。

その話は漫画家をめざす女の子の話なのですが、そこに書かれていたこと。

“期待を(いい意味で)裏切ることも必要→「こうなるんだろうなあ」と思わせておきながら、「え?あれ?どういうこと?」と思わせるのがいい。”

「なるほど!!」と膝を叩いた私(笑)
これだよ、これ!!これが必要なんだ!!と、頷いた私(笑)

で、この話にあてはめてみました。

「こうなるんだろうなあ」=まあ、イリコトがラブラブしているんだろうなあ
「え?あれ?どういうこと?」=ラブラブしてたら、喧嘩しちゃったよ。

だけど、これだといつものパターンだし…また悩む私。
期待を裏切る…期待を裏切る…。

「こうなるんだろうなあ」=嫉妬して喧嘩してドナドナされて、でも仲直り
「え?あれ?どういうこと?」=青木さん、登場~♪♪♪

当初は青木は出す予定なかったんですけれど、琴子ちゃんがドナドナされて家出するというところまで決めた時、また先に苦労しちゃいまして。

前回は物置で頑張ったから、できればそれ以上のインパクトのある場所に。→土管

土管に身を寄せたとして、その先は…はい、また困った~(笑)

それじゃあ、土管以外の場所で考えるとするか。
じゃあ…じゃあ…時代的にマッチした…娼館!!!
働く場所を求めて、娼館にたどり着いた琴子ちゃん、何か事情があるにちがいないと、懐の深いおかみさんは琴子ちゃんを娼婦にするわけではなく、下働きとして採用。

ということを、考えたわけです(笑)

で、ここで迷った末に、またもや…母に相談(笑)

私「主人公が家出して転がり込む先は土管と娼館、どっちがいい?」
母「…いつの時代?」
私「昭和初期くらい?」
母「残念でした~!!その時代に土管はありませーん。」
私「なんで?」
母「コンクリートがあるわけないでしょうが!!」

しかし、私は土管はもう外せないと思っていたので、それでも土管を決行!!
そして、土管と娼館両方採用してやろうと思って書き始めたものの…どうもうまくいかず。

そこで私に救いの手を差し伸べたのが…青木!!!(パラッパパッパッパ~♪)

「そうだ!青木の家に転がり込めばいいんだ!!」

土管→青木邸ということで決定!!!(パチパチパチパチパチ)


ということで、青木邸で琴子ちゃんを見つけた西垣先生というところまで書いてUPしたわけです。

が、どうも…緊張感が足りない!!!
琴子ちゃんの操の危機感が出ない!!!←それは文章力がないからという突っ込みはスルーで。

こうなったら、こうなったら…。

イリコトならぬ、アオコトを想像させるような文章を書いてみようじゃないかと!!!←なんだかだんだん変な方向へ走り始めた私

「こうなるんだろうなあ」=琴子ちゃんを迎えに入江くんが登場するんだろうなあ
「え?なに?どういうこと?」=アオコトカップル、成立!?

おかげさまで…なかなかいい反応を頂戴でき、私は嬉しくてたまりませんでした(笑)


さてさて。
先の立ち読みした漫画に書かれていた大事なことはもう一つ。

“期待を裏切りつつ、でも後味が悪い話はNG”

確かに!
後味悪い作品って、私も嫌いです!
後味悪いかどうかというのは、人の好みによりますけどね。

じゃあ…アオコトカップル成立はだめだなと(笑)
もしアオコトが結ばれてしまった…なんて書くと間違いなく、書いている私の後味が悪い!!
それに、アオコト書くのなら、二次創作の暗黙のルールとして「この話は青木×琴子の設定…」とお断り書きも必要でしたしね…。
どうせ書くなら、もっといい男に…←おい。

で、苦し紛れに考えたのが、オイルマッサージだったわけです(笑)
サウナ状態でマッサージ→汗まみれの琴子ちゃん→変態、萌え~

でもやっぱり、イリコトが最高なんだなとよくわかりました!!
二人がラブラブな所を書く方が、テンションは上がります。



ただ、今回、青木登場あたりから、私のテンションは上がりまくっておりましたが(笑)
本当はもっと気持ち悪い描写をたくさん入れていたのですが、あまりの他のキャラと入れ込み具合に差が出て来たので、サクッと泣く泣く削除したんです(涙)


以上が、この『続・君と綴る文字』の制作過程でございます。

「続」をつけた割には文字関係エピソードが少なかったのが申し訳なかったです。

コメント、拍手ありがとうございます!!
お返事が遅れてしまったこと、申し訳ございませんでした。

そしてメールもありがとうございます。
こちらもお返事が遅れており、申し訳ございません!

このようなお話に、今回も最後までお付き合い下さりありがとうございました。


関連記事

コメント

ちょうど復習をしていたら、続編が新連載され、とっても嬉しかったです♪

“期待を裏切りつつ、でも後味が悪い話はNG”
うんうん!!納得!!!
ドキドキするーーー!!どうなるの!!!えーーーーっ???
でも、やっぱりイリコトが一番ね♪
って感じが私は一番好き!!
やっぱり仲が良い二人を見ていると、こっちまで安心して、幸せを分けてもらった気分になります。

そして、水玉さんが書く色々なキモキャラ君
結構私のツボなのよね~~
着眼点が凄い!!

あ~今回もあとがきが読めて嬉しかったです。
水玉さんの気持ちが覗けて♪←ストーカーのようなコメント。

そんなこんなで、またまた次のお話待ってまーーす♪
いつも有難うございます♪水玉さん♪


コメントありがとうございます。

あとがきにもコメント、ありがとうございます。

ゆみのすけさん
そうでしょう、そうでしょう!!
私もそういう終わり方がいいなと常日頃から思っているので、共感して下さってうれしい!!
まあ私の場合…「他の男の前でぱ●つを脱ぎかける琴子ちゃん」ってのが好きって言うのもあるんですが←変●ちっくなお返事ですみません。
最後はやっぱり二人ラブラブが一番なんですよね~その前に嵐があろうとなかろうと。花も嵐も踏み越えて~♪

そしてキモキャラにまで愛をありがとう!!!
キモキャラはキモくてなんぼって所なので、とことんキモく!←これ信条
今回もゆみのすけさんに最後までお付き合いいただけて嬉しかったです♪
ありがとうございます!!

佑さん
その最後はラブラブになる…というのがあるから、私も安心して書けると言えば書けるのです(笑)
これ、最後離れ離れになったら、私自身の後味が悪くなることが分かっているので…←ハッピーエンド好きなので♪
それにしても、膝を叩いたとあって、一体どこに?と自分のあとがきを読み返してしまいました(笑)

紀子ママさん
こちらにも膝を叩いて下さった方が!!
アオコト…想像すると…まあ…似合わなくとも…ないのか???
でも絶対、そのうち琴子ちゃんに飽きて違う子をチェックする気がするんですよね~青木のくせに、浮気しそう。
そこは許せないですね!!←もう決めつけている、ごめんよ、青木。
バッグ一つでこんなに喜ぶんだから、もっと奥さん孝行してやってください、入江くん…涙

TOMさん
こちらこそ、最後までお付き合い下さりありがとうございました。
楽しい絵文字もありがとうございます!
すっかり『知ってるつもり』…でも私としては、あの『波乱万丈』のナレーションの方がしっくりくる気がします!「タッタラララ~ラーラーラーラー」という音楽と共に(笑)
実は私もオリキャラでも最後までとことん、悪役の人間をつくる気ではあるんです。でも途中から、その重さ(体重じゃないですよ)に負け…笑いに走ってしまうんですよね。
だから、中途半端な悪役しかいないのかも(笑)
あと、オイルマッサージといい、チキン攻撃といい、何か変な攻撃をしてくる人間が好きらしい、私(笑)
あと、ナデナデするところは、ぜひ青木のお腹と胸の間の、汗がたまるくぼみでよろしくお願いします(笑)

まあちさん
アオコト時代到来(笑)
そんな時代が到来したら、私…二次から消えることになるでしょうね(笑)未遂でギリギリな気がする…あ、でもそれはそれで別のお話が作れるかも(笑)
青木の登場は本当にいい方向へいったみたいでよかったです。
青木、ありがとう!!また次回もよろしく!!
西垣先生もね~本当に元をただせば彼が悪いわけで。そんな西垣先生を追い出すこともしない入江くんが一番の人格者なのかもしれない…そんな気さえしてきました(笑)

Foxさん
残念ながら…いくら入江くんが文武両道とはいえ、青木には腕力ではかなわないでしょうね…肉布団攻撃で下敷きになって、琴子ちゃんをまんまと手に入れる青木の姿が目に浮かびます…(笑)
よかった、そうならなくて!!
まとめると、本当に青木さまさまなお話でした!!(笑)
そしてロシアケーキ、そう、それです!!そこのお店が有名なんですよね。でも私が買うのは地元のスーパー(全国展開してないようなところ)でお歳暮シーズンにちょこっと出てくる物なのですが。
これ、私もどうしてケーキ?と思って調べてみたら、日本人が最初に聞き間違いだか勘違いをしてケーキになったらしいです。

吉キチさん
私の方こそ、好き勝手に書いている話を受け止めていただき、ありがとうございます。
今回は西垣先生の純愛捏造ストーリーに力を入れてしまい、青木の変態ストーリーに力を入れてしまいました(笑)
でも、吉キチさんも仰っていましたが、あのキモさがあるからこそ、後のラブラブが引き立つという!!
だから私はキモキャラに命を注ぐんだわ~と思いました(笑)

るんるんさん
ありがとうございます♪
相談できるのはありがたいのですが…その相談の解答がまともだったことはなく、そしてそれに従ったこともないという(笑)
母いわく、私の作る話がまともじゃないそうです←それは認める

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/973-1f883420

 BLOG TOP