2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.09.06 (Mon)

ワンピース


【More】



―― こんなに勉強したのは、高校以来だった。そして…やっとゲットした看護師免許!
入江くん…あたし、やっと一緒に働けるんだね…!!


「…寝るなあ!!」
「は、はい!!」
あら…?ここは…入江くんの神戸の部屋…?

「寝ている暇はないんだ!」
「は、はい!!」
で、目の前に広げられているのは…なぜか医学書!
もう受験勉強は終わったのに、なぜ?

「お前、まだ寝ぼけているな。」
「…みたい。」
入江くんがいて、神戸にいて…で、どうしてあたしは勉強してるんだっけ?

「ったく、どうせギリギリで合格したくせに。そのまんまじゃ怖くて働かせられない。」
あ、そっか。そうだった。
合格したのは奇跡なんだから、今のうちに足りない部分を叩きこむとか言われたんだった。
もう相変わらずスパルタなんだから!!

「いいか、ここは…。」
ああ…懐かしいな、入江くんの声。
昔はよくこうやって勉強をみてもらったな。

「聞いてるのか!」
「はい!!」
まったく…余韻に浸る暇もないんだから。


「ま、こんなもんでいいだろ。」
入江くんが本を閉じた。
ふう。
やっと終わった。
んもう、今日は午前中にどこかへ消えたと思ったら、大量の本を抱えて戻って来て。
久しぶりに妻がやって来たって言うんだから甘い時間の一つくらい過ごすという気はなかったのかしらね?


「ほら。」
そんなことを考えていると、入江くんがあたしに袋を差し出した。
「何?」
「開けて見れば?」
何だろ?東京で勉強しておけって意味の本じゃないでしょうね?
もう勘弁してよ…。

え?

え?

「ワンピース…。」
中から出て来たのは、新品のワンピースだった。
「な、何?これ?」
まさか…。
神戸でいい仲になった看護師さんからもらってきたとかじゃないでしょうね…?

「着替えろよ。」
「いや、だからこれは?」
「お前、ナース服しかないだろ。」
あたしは壁にかけられた…この部屋に本当に不釣り合いなナース服を見る。

「それじゃ出かけられないだろ。」
「いや、入江くんがそうしろというなら。」
「俺がまるで、ナースコスプレの女を捕まえているみたいだろうが。」
「ああ、そういう見方もされるか…。」

ということは、入江くんが、あたしのために選んで買ってくれたってこと!?

「…何やってんだ?」
窓を見るあたしに入江くんが声をかける。
「いや、嵐でも起きるんじゃないかなって。」
だってこんなこと、結婚してから初めてよ!?
天変地異の前触れなんじゃない?
そう言ったら、入江くんは、
「…お前は本当に口の減らないやつだな。」
と呆れた。

入江くんの機嫌を損ねないうちにと、あたしは急いでワンピースに着替えた。

「可愛い…。」
鏡に映ったあたしは、本当に可愛いと自分でも思う。
そりゃあ、愛する旦那様が選んでくれた服だもん。サイズもぴったり、本当に愛があふれ…んん?

「…5980円。」
…値段のタグがついていた。更にそのタグには『値札から半額』との赤い札もくっついていた…ということは…約3000円?

「ああ、外してもらうの忘れてた。」
気にすることなく、入江くんはサッとハサミでタグを切った。
…3000円かあ。前に看護学科合格デートで5900円…看護師合格で3000円…段々値段が下がっているのは…あたし自身の値打ちが下がっているという遠回しの意味でも…?

いいや!!
愛は値段で測れないのよ!!そう、金額じゃない!入江くんがあたしのために誠心誠意選んでくれたということが大切!!うん、そう!!

「ありがとう、入江くん。」
あたしは心からの感謝を、愛する旦那様に伝えた。


「それじゃ、俺も着替えるか。」
そう言って、入江くんは素早く着替えた。なぜかスーツに。

「どこかに行くの?」
スーツ姿の入江くんは久しぶり。見とれつつ、あたしは訊ねる。

「ま、ついてこいよ。」
入江くんは意味あり気にニヤリと笑うと、部屋のカギを手に玄関へと向う。あたしも慌てて後を追いかけた…。


「予約していた入江ですが。」
「入江様、2名様。お待ちしておりました。」

連れて行かれたのは、ちょっと高級なレストラン。
成程、ドレスコードというものがあるお店らしい。だから入江くんスーツで…あたしもワンピースなんだ。

いいのかなあ…3000円のワンピースで入って。


メニューを見てもちんぷんかんぷん。
入江くんが「俺が頼む」とまたもやサッサと注文。

その間、あたしは周りをそっと見回した。
うーん、みんなこのお店の雰囲気によく馴染んでいる。
あたし、場違いじゃないかな?

そんなこと悩んでいると、ワインが運ばれてきた。
グラスに注がれる深紅の液体。
ワイン、よく分からないけど…飲んでいいのかしら?

「グラス。」
「へ?」
「グラスを持てよ。」
「あ、はいはい。」
言われるがまま、あたしはグラスを手にする。
「君の瞳に乾杯」とか言ってくれたり…するわけないか。

「…おめでとう。」
え?
入江くん、今…何て言った?

「看護師合格おめでとう、琴子。」
聞き間違いじゃない。
入江くんは間違いなく「おめでとう」と言ってくれている。その顔は…優しい笑顔。

「あ、あの…それじゃあ…。」
この席は…もしかして…あたしの合格のお祝の席?
そう訊ねたら、
「今頃気がついたのか?」
と、また呆れた顔をされた。

「だって…だって…。」
「一人でよく頑張ったな。やればできるじゃん。」
「入江くん…。」
ああ…だめ…。
だんだん入江くんの顔が…ぼやけていっちゃう…。



…また店員が俺らのテーブルをチラリと見て行った。
店員だけじゃない。周囲の客もだ。

「可哀想…別れのディナーなのね。」
そんな声まで聞こえてくる始末。
それもこれも…琴子が泣きながらずっと飯を食っているからだ!!

まさか俺がお祝をするとは考えていなかったらしく、ずっと泣いている。この涙は嬉し泣きなんだが、周囲にはそう見えていない。…当然と言えば当然。

おかげで俺は女をこっぴどく振る最低な男と見られているし。
幸せの絶頂にいる琴子は…悲劇のヒロインに見られているに違いない。

「入江くん…入江くん…。」
泣きながら肉を頬張る琴子。
「食べるか泣くか、どっちかにしろ。」
「でも…。」
またぶわっと涙をあふれさせる琴子。

ああ…これには本当に参った。
一緒に暮らすようになったら…もう少し奥さん孝行をすることにしよう…。

「入江くん…。」
「はいはい。」
取りあえず…さっさと食べて、さっさと店を出ることにしよう。

ああ、あともう一つ。
今度何かをプレゼントする時は…面倒くさがらずにきちんとプレゼント用に包装してもらうことも忘れないようにしないとな。











☆あとがき

実はこれ…前回のキリ番の時にさくやさんから頂いたリクエストです。
なぜ今頃かと申しますと…当時は書ける自信がなかったんです。
最近、やっと普通のイリコトが書けるようになってきたので…今ならと思いました。
本当に今頃になってしまい、申し訳ございません、さくやさん。
…もうご本人もおいでになっているかわかりませんが。

リクエスト内容は『看護師合格後、入江くんが東京に帰るまでの間つかの間デートのイリコト』です。

遅くなってしまい、本当に申し訳ございませんでした!

☆追記
入江くんは琴子ちゃんにプレゼントしたことないはずなのに…ワンピースを贈ってることに^^;
ごめんなさい!!
値札つき、ラッピングなしは…プレゼントじゃないということで!!
関連記事
23:49  |  直樹&琴子  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★あらら

琴子は、突然のデートとお祝いにうれしくてうれしくて泣いているのにね?

普段奥さん孝行してないから、こうゆう事になるんだよ直樹!

東京に帰ったらうーんと孝行してあげてね!
kobuta |  2010.09.07(Tue) 08:04 |  URL |  【コメント編集】

私がこのお店で食事をしていたら、
きっと、何度も何度も二人をチラ見して、
最後にはガン見するんだろうなぁ
で、入江君に睨まれちゃうの私。
お店を出た途端に連れと
「あの二人~~」って話するんだろうなぁ~

入江君お気の毒に・・・・(そして周りの様子に気づかず、自分に酔っている琴子ちゃんもかわいい♪)
でもね、普段から琴子ちゃんに優しくしていないから(本当は優しいけど)罰ゲームになっちゃったね。
まっ今後は琴子ちゃんを大事大事してあげてください!!
ゆみのすけ |  2010.09.07(Tue) 13:30 |  URL |  【コメント編集】

★ サプライズだぁ・・・。

こんにちは
反省ばかりの直樹も、たまには ありですねぇ(笑)

 直樹にだけ分かる ぐしゃぐしゃ泣きの訳・・・怒りたいのも 分かるけどさぁ・・・
 来ても勉強だったし、値引きに(愛情まで下がったの?ガーン妄想だった(笑)) サプライズすぎるもんね   
             でも二人でお祝い良かったね 琴子
吉キチ |  2010.09.07(Tue) 14:01 |  URL |  【コメント編集】

★可愛い!!

水玉さん、こんにちは♪

嬉しくて涙の止まらない琴子ちゃんの気持ちが伝わってきて。。。嬉しい~~です☆~♪
ワンピースどんな柄かな?
無地?チェク?やっぱり水玉模様?色は?
それを着ている、可愛い琴子ちゃん♪
想像しただけで楽しくなります!!~♪

”一緒に暮らすようになったら…もう少し奥さん孝行をすることにしよう…。”
その気持ちもあって、琴子ちゃんの誕生日に、今までの入江くんからは考えられない、
”ハートの形のサファイヤの指輪”を贈ったのかな☆~?

可愛いお話ありがとうございました!!~♪

あお |  2010.09.07(Tue) 16:50 |  URL |  【コメント編集】

★こんにちは

琴子泣いちゃいましたね・・・・。
(うれしくて…)
直樹は今までで奥さん孝行していなかったからこんなことになってしまうんですよ!!
一緒に暮らすようになったら、もっともっと、奥さん孝行しないといけないですね…。
琴子も直樹に大きなおねだりをすればいいのに・・・・・。(例えば、世界一周旅行だとか・・・・・?!)
ゆう |  2010.09.07(Tue) 18:27 |  URL |  【コメント編集】

★値段じゃ~ない・・;

水玉さん またムフっ~なお話有難う御座います! 合格しても尚、勉強させる辺り流石入江直樹!って・・その後のサプライズもちょっと二人らしいってことかな?
ワンピースの値札で 琴子が自分自身の価値が半額された様で瞬間落ち込んだけど、それもある意味そうかもね~って(*´▽`*) プッ、何しろ看護師の「琴子」はヤッパまだ恐怖な枠だわ!!~~~
美優 |  2010.09.08(Wed) 12:05 |  URL |  【コメント編集】

★ありがとうございます

コメントありがとうございます

kobutaさん
本当にそうですよね!!
これに懲りて、入江くんも少しは奥さん孝行をするんでしゃないでしょうか?
泣くほど喜ばれて男冥利につきるでしょう^^

ゆみのすけさん
私も!!
絶対チラチラとみて、睨まれる!
で、お店から出たら「泣いていた女の子いたよね?」「可哀想…別れの場所とかもっと考えたらいいのに」とか噂する、ゆみのすけさんと!!
いかに日頃、自分が冷たいかを思い知った瞬間でしょう♪
反省しろ、入江くん(笑)

吉キチさん
せっかく合格して受験勉強から解放されたのに、また勉強させられ…
でもその分、とびきりのプレゼントをもらってよかったね、琴子ちゃん♪
入江くんは座っているのが辛かっただろうけど…(笑)

あおさん
じゃ、水玉で(笑)
入江くんのことだから一発で選んだんだろうな。「これください」「あ、ラッピングはいいです」とか無愛想に←そこが間違い
あのサファイヤリングは入江くんの今までの集大成ですよね!!
今まで沢山のものを琴子ちゃんから贈ってもらって…その感謝をこめてお礼したんだろうな。
もう…入江くんたら♪
琴子ちゃんは嬉しさのあまり値札もきちんと保管している気がします^^

ゆうさん
世界一周!!それは紀子ママが頼みそう(笑)
絶対ついてきそう~。
でも琴子ちゃんは入江くんがくれるものなら、本当にハンカチでもティッシュでも喜びそう♪
というより、入江くんが傍にいるだけで嬉しいんだろうな。もう入江くんのハートをキャッチしたことが一番の贈り物なんじゃないかなって思います。

美優さん
看護師琴子ちゃんは…確かに怖い!!
というか、血を見る恐怖は克服したんだね(笑)あんだけピュ―ピュ―噴き出しても平気そうだったし…。
ラストの方はノンちゃんの手術にもたちあっていたし、少しずつ成長しているんだろうな…。
でもやっぱり看護は御遠慮申し上げます(笑)

くーこさん
入江くんにとって大事なのは琴子ちゃんに似合うかどうかということで、値段は関係ない(笑)
値札を取ってもらうのも、プレゼントだったらそうするけれど今回は入江くんの頭にはプレゼントという概念はなく、あくまで「生活必需品」としての支給だったので…(笑)
琴子ちゃん、次回は…1980円に下がっていたりして(笑)

chan-BBさん
いえいえ、私こそ普段ダラダラしてますので…
スキマは無駄なく簡潔にと心がけつつ、そうもいかないのが現状です。
逆に簡潔すぎて意味不明になっていることもしばしば…。
chan-BBさんのように、一つの話に面白さも感動もギュッと凝縮できたらいいのですが…(^^ゞ

まあちさん
今までの入江くんの言動が言動ですから…琴子ちゃんも何か裏があるとか色々勘ぐってしまうのではないかなと思って^^
そして絶対繰り返します!!
また後日、値札付きの何かを琴子ちゃんに渡しそう…そして青ざめたり忙しい琴子ちゃんを楽しんでいるのでしょうね♪

佑さん
そうですか!!嬉しい~!!!
スキマは本当に御無沙汰なので、もう書くのが怖くて…ドキドキ。
原作のイメージを大切にしつつ頑張っているつもりですが、難しいです。
でもそう言っていただけて本当にうれしい!!よかった!頑張ろう♪
ありがとうございます。

さくやさん
いえ、とんでもないです。
こちらこそ遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
読んで下さり、ありがとうございました。
水玉 |  2010.09.09(Thu) 11:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございます

Foxさん
本当に見てみたいですよね!!
店員さんもボーッとしていたでしょうね。たとえ半額でも、この素敵な男性~ワンピースを贈られる人は一体…とか思いながら♪
水玉 |  2010.09.12(Sun) 21:54 |  URL |  【コメント編集】

あらあら!入江君の、看護師の。国家試験が、合格した、お祝いの、レストランでの、ご褒美の、お祝いの、食事だったのに、素敵な、ワンピースも、プレゼントしてくれたのに、琴子ちゃんは、涙涙、入江君、やるね。
なおちゃん |  2014.12.30(Tue) 18:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/896-d6cd228c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |