日々草子 というわけで、BEST5

というわけで、BEST5

少し口にしたら、全部話したくなったのでまたまた…韓国時代劇の話を。
しつこくてごめんなさい。



というわけで、↓にチョロリと書きました韓国時代劇。

視聴率ベスト5を以下にチョロリと。

第1位 ホジュン (最高視聴率63.5% 1999年)

少しずつ、少しずつ医者への道を進んでいくのに、必ず邪魔が入る!!!
ちなみにライバルの名前は「ドジ」。
こいつが何かを企む度に「またお前が邪魔をするのか~!!!」と何度突っ込んだか。

確かにホジュンの志は立派です。ええ本当に。
でも…
首都が戦火に巻き込まれ、王宮も燃えるっていう時に…医学書や記録も一緒に避難するんだと言い張るのはどうか!?
またホジュンの仲間が「御医、お手伝いを!」と背中に抱えるんだな。

うん、本が大事なのは分かります。
これらの記録を基に医学書の集大成を作りたいのも分かります。

でも…命に勝るものはないよ!?あんたら…医者だろうが!!
と、見ながら私は大声で突っ込んでいました…。

最終話近く、どうしようもない腹の立つ男だったドジが、僻地に流されたホジュンのために周囲の目を盗んで医学書編さんのために必要な資料を届けていたシーンはジーンとなりました。



第2位 太祖王建 (最高視聴率63.7% 2000年)

これは観ていないんですよ…。
だって…全200話なんですもん!

これを放送する根性はきっとBS各局にもないだろうし、観る根性も私には…^^;

ストーリーは高麗を建国した王、王建の物語だそうです。
主人公のライバルを演じたキム・ヨンチョル…『大王世宗』であの憎い太宗を演じていた俳優さん。
見事な怪演ぶりだったらしい。
キム・ヨンチョルは興味があるんだけどな…。



第3位 宮廷女官チャングムの誓い (最高視聴率57.8% 2003年)

これはもう説明は…というか、NHKで放送していた当時、韓国時代劇に全く興味がなく時代背景が分からず、女官時代は意味が分からず…医女になってから見ていたドラマです。
医女になってからも、よく分からず、結果、最終話も分からないまま観ていたという(笑)

今観たら、もっと楽しめる気がします♪



第4位 女人天下 (最高視聴率49.9% 2001年)

この悪女ナンジョン…腹黒!!!王妃も腹黒!!!
腹黒さが腹が立つ!!

それは置いておいて。
登場人物たちが心の会話を交わす、謎ドラマ(笑)

君たち、なぜ目と目で会話ができる!?

と突っ込まずにいられない不思議ドラマ(笑)

でも一番の見どころは何と言っても…
「メイヤ!?」(訳:なんだと!?)
と画面いっぱいいっぱいのどアップで叫ぶ、ナンジョン&王妃のライバルの敬嬪。

あ、この『女人天下』、チャングムと同じ王様の時代が舞台なんです。
最初観た時、チャングムではとても理解のあった王妃様がこのドラマではとんだ女になっていてびっくりしました。

この敬嬪(王の側室)が賜死(王から服毒せよという命令を受けること)されたシーンは…『チャンヒビン』でヒビンが賜死させられるシーンに匹敵する迫力でしたわ~。

飲もうとしない敬嬪に、どんぶりいっぱいの毒薬を浴びせるように飲ませる家来たち…。

観ていた母が「…こんなに毒は大量じゃないと死なないの…?」と思わず呟いたくらいです。

正直、このドラマの主人公はこの側室、メイヤ敬嬪だと思うのは私だけではないはず。



第5位 龍の涙 (最高視聴率49.6% 1996年)

これ…週一放送なんですよ(涙)
すみません、70話を少し過ぎたくらいから観始め、最近ドロップアウト気味…涙
だって単純計算しても、最終話まで1年以上かかる計算になるんですもん!!!

テンポが…遅すぎる!!!
少し時間を置いて久しぶりに観ても、「え?まだここ!?」と叫びたくなるくらい。

うちの母、久しぶりに観た時、イ・ソンゲを観て、
「この爺さん、まだ生きていたの!?」
と叫んでました。

お母さん…イ・ソンゲは一応主人公だから(笑)

ただ、オープニング映像はすごい好きです!!
龍の文字がCGで変化して、龍になるんですが…それもよければテーマ曲もなかなか♪


以上、私のバイブル『韓国時代劇カタログ』を参考にしてみました。

こうして見ると…観ていた作品とそうでない作品の話ぶりが全然違う(笑)

でも、サクセスストーリーが人気があるのは確かなような。

『ホジュン』『チャングム』:地道に努力するサクセスストーリー
『太祖王建』『龍の涙』:国を作る王様の物語
『女人天下』:歪んだサクセスストーリー

どの作品も主人公が下から這い上がるというのは共通しているような気がします。
あ、王建は分からないけど(笑)
やっぱり応援したくなりますもんね。
あ、女人天下は応援したくなかったけど(笑)

サクセスストーリーは本当に面白くて、好きです!
…まっとうな方法でサクセスする物語がね(笑)

…誰か興味のある方、楽しんでいただけたらいいな(涙)


関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

私も韓国ドラマ見てました。「チャングムの誓い」や「ラストスキャンダル」などあまりにも面白すぎて「次の時はどうなってしまうのだろう・・・」と思っていました。
仕事で見れないときはビデオにとって見てました・・・。一回、見てしまうとはまってしまってどうしょうもないですね・・・。後は・・・、台湾ドラマも見てましたね。「イタキス」や、「花ざかりの君たちへ」など・・・。
でも・・・最近外国のドラマ見てないですね…。
今・・・・何か面白いドラマって・・・・、ありますかね・・・?
もし・・・・・、あったら見てみたいです・・・・・。(>_<)

水玉さん、おはようございます♪

韓国ドラマ視聴率ベスト5、ありがとうございます!!
この中では『チャングム』を私も視聴しました。

今年は、前にコメさせて頂いたきっかけで、観てみたかった『チュモン』観ました。面白かったです♪
誰も居ない時こっそり観ていたのですが、先が気になりすきあらば。。。って、観ていたら、後半は主人も一緒に観ていました。
史劇は、男の人にも面白いらしい!!

それから、韓国ドラマのOSいいですよね~?
挿入歌が流れる時この詩が。。。韓国語が分かればどんなにいいかと思いました!!

出来たら水玉さんのベストドラマベスト3を教えて頂けたらと思います!!
いつか、観てみたいと思います♪

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。

ゆうさん
私も!!最終話近くなると録画録画録画って感じです!!
台湾ドラマのイタキス、観てました!でも…当時はBSを録画できる機器がなくて…都合によりテレビの前にいられなくなってそれっきり…涙
私も最近、また面白い時代劇をBSでやってくれないかなと待つ日々です♪

あおさん
私もあおさんのコメントがきっかけで時々観てます、チュモン。
でも…時代劇は最初から観ないと人物が誰が誰だか分からない(笑)
「え?誰?」「この人何者?」と言い続けているうちに「To be continued…」の文字(笑)
日本ではチャングムがきっかけで男性の間に韓国時代劇の人気が広まったそうですよ!!男性も魅了したんですね、チャングム♪
挿入歌というか主題歌で思い出すのは…冬のソナタ。
未だにサビが「ネバネバして、ねえマダム」と聞こえます(笑)
私のBEST3は、第1位はなんといっても「大王世宗」です!!(理由:初めてほぼ全話観たドラマだから)
恋愛中心のものより、政治ドラマ的な物の方が好きですね♪

まあちさん
喜ばれること間違いなしです!!時代劇の本、ぜひご主人に!!
ところで「チュノ(推奴)」放送してるんですか!?民放で?
「イルジメ」私も観たかったんですが…地上波で再放送とか聞いて待っているんですが、誤報だったのか!?
このラインアップだと、御主人は「チェオクの剣」もお好きな気がします^^←これはBS11でやっているみたいです。
私はかつて放送していた「商道」をもう一度見たいんです!!母が時々観ていて「おもしろかった」とか言っていたので…悔しくて!!あ、これも今のビジネスに通用することが出てきて男性には人気らしいですよ♪

Foxさん
タムナ…!!!
これも面白いらしいですね~。ガイドに載ってました!!
BSで放送するという情報を仕入れていたのですが…また誤報だったのかしら?
長編は毎日放送しているんだったら、飛ばし飛ばしで…。
でも週一はちょっと厳しいかも(笑)
ちなみに家には『風の絵師』というドラマを全20話録画したBDがあります。
…まだ観てない(笑)
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク