日々草子 眠っている間に口づけを
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事




日曜日、大学は休み。
どういう訳だか、珍しく早い時間(といっても8時だけど)に目が覚めたあたし。
隣では入江くんが、ぐっすりと眠っている。
ああ…今日も綺麗な寝顔だこと。

あたしたち以外誰もいるはずないのに、ついキョロキョロとしてしまった。
…今こそ、その時じゃない?

あたしが考えていること。それは…あたしから入江くんにキスをすること。

だって…いつも入江くんからなんだもん…キス。
やだ、「キス」って言っただけで、顔が火照っちゃう。もう何回もしているんだけどね。
アハハ。

たまには…あたしからキスをしてみたくて。
でもそんなこと、絶対起きている時になんてできないし、言えない。

だから、入江くんが眠っている今がチャンス!

あ、何だか心臓がドキドキしてきた。
どうしよう…落ち着け、あたし。

深呼吸、深呼吸…スーハースーハー…よし、落ち着いた!!

ええと…あ、顔!!。
綺麗な顔でキスしたいな。だって、もしも、キスをしている時に目を覚ましたら…変な顔って意地悪言われたら嫌だし。

鏡、鏡と。あたしはドレッサーの前に座る。
あ、そうそう。唇に艶も少々…リップ、リップ。ぬりぬり…。
よし、これでOK。さ、練習、練習。

…。

しまった。キスする時って、目を閉じるから…自分の顔、見えないや。
じゃ、目を開けて、もう一度。

…。

…絶対、おかしい。
目を開けて、キスするのって…変!!
何か、もうキスしたくてしたくて堪らないって見えるわ。

…練習はもう、止め!!
うん、ぶっつけ本番よ!よっしゃ!!

ベッドの上に戻って…ドキドキ。
入江くんの呼吸…息してる…って、当たり前じゃない!
だめね、まだ緊張してるんだわ。


…よし、今度こそ!!

入江くん…大好きよ…。


ムギュッ!!

「…危機一髪。」
「ムゴゴゴゴ…。」
入江くんが目を開けて、あたしの唇を鷲掴みにしている。
「危なかったぜ。」
入江くんは手を離して、溜息をつく。
「あ、危ないって、どういうことよ?」
「寝込みを襲われる所だったってこと。」
そして入江くんは、あたしの唇に手を伸ばし…。

バチン。

…洗濯バサミ!!ちょ、ちょっと!!妻の口に洗濯バサミって!!

「何でこんなもんがここにあるのよ!!」
あたしは洗濯バサミを外し、叫ぶ。

「お前、俺のシャツにそれをくっつけたまま、畳んだだろ?」
「あ…。」
身に覚えのあるあたしは黙る。

「だからって…こんなことしなくても…。」
唇を擦りながら、呟くあたし。
あーあ…せっかくのチャンスが…。

…!

まだ洗濯バサミの感触が残るあたしの唇に、覚えのある感触が…。

「…練習なんて無意味だろ?」

気がつくと、入江くんの意地悪な笑顔が目の前に。

「…どうして無意味なの?」
まだこの先、チャンスはいっぱいあるかもしれないじゃない。

「だって、キスはいつも俺からするって、決めてるから。」
「…そんなの勝手に決めないでよ。」
「お前、知らないだろ?」
「何を?」
「俺がキスする時に顔を近づける時さ、お前…すごく可愛い顔していること。」
「え…!」
やだ!入江くん、何を言うの?もう…顔が…火照る!!

「でも、まあ…どうしても、お前からしたいっていうんなら…。」
「え?」
入江くんはあたしの腕を突然引っ張った。そして、ベッドに2人で倒れ込む。
「…レクチャーしてやるよ、キスの方法。」
「あ、いや…遠慮…します。」
「遠慮するなよ。」
そう言うなり、また唇に覚えのある感触。
「…一度じゃ覚えられないか。お前、物覚え悪いし。」
「いや、覚えた!もう絶対忘れない!」
「だーめ。」
そう言うと、また唇が…。

…!

「ちょ、ちょっと、入江くん?手、手はどこに?」
「さあ…どこ行ったかなあ?俺の手。」
クスクス笑って、相手にしてくれない入江くん。その手はパジャマのボタンに…。

「あ、あのね、レクチャーは…キスだけで…。」
「受講生特別オプションだよ。」
「通常で結構です!」
「遠慮なさらずに、お客様。」
ああ…もう…。
やっぱり、入江くんには敵わないや…。


結局、特別オプションは午後までかかってしまって…あたしたちは“寝坊”して、お義母さんに笑われた。








☆あとがき
やっぱり、私には「普通のイリコト」は向いていないのかなあ…。
そして、お題。こんなに具体的なのに難しいです。

ちなみに、使わせていただいているお題のテーマが「眠りに落ちる恋心」なもので、先日からこのような内容になっている次第です。
関連記事

コメント

ラブラブですねぇvv

「キスは俺から」って…言われたみたいものですねえ(≧▽≦)vv

琴子ちゃん、やっぱり一人言が大きかったのかな、入江くんに「練習」バレてるし(笑)

でもきっと、ちょっと前から起きてて、一人あーだこーだやってる琴子ちゃんの気配をほほえましく思いながら楽しんでたんでしょうねv

入江くんにかかると、「練習」はキスだけじゃ済まないんですねvvv

きっと、紀子ママには「コレは孫ができるのも時間の問題ねv」って冷やかされてるんですね、午後まで寝坊して言われたのは…(笑)

こんなラブラブな朝、羨ましーい(*^□^*)

オプション~~!!

ウケル~!!!

「いやよいやよも好きのうちじゃ!ホレホレ」
「あれ~、!ご無体な~~」

のやり取りに近いな(笑)
お代官様、お手やわらかにね^^ ぷぷぷ

ところで入江くん、君、もうすでにいっぺん琴子にキス奪われてるんだけど・・・結婚式で。もしかしてそれ、根に持ってる?? ぷぷぷ

「笑うお義母さん」のラストがほのぼので、すごく好き~♪

なんで!?

水玉さん、こんばんは。
ご無沙汰していて申し訳ありません。
先日はメールで失礼しました~。
ご無沙汰でしたが、今後ともよろしくお願いします!

ところで、なんで普通のイリコトは、むいてないなんて?
いつものことながらとってもお上手です。
だって入江くん、決めてたんでしょ?キスは自分からって~!!琴子のかわいい顔見たいから♪

うひょ~ひょ

琴子ってば本当に可愛いです。

寝込みを襲うはずが、返り討ちにあい、お疲れ!!
って感じです。(笑)

入江君、琴子に関してはリーダーシップをとって、琴子をこれからも導いてね。

やっぱりね、そちら方面では琴子は奥手で、入江君の方が積極的な方が私は、萌えちゃいます。(笑)

水玉さまの『普通のイリコト』って、好きですよ。
お話を読んでいても本当に楽しいです。(^O^)/

次回もすっごく楽しみにしています。(^_-)-☆

 オプションの為に・・・?

   こんばんは  
 笑いが止まらなくて大変です 水玉さん (笑)いつ 気づいたのかなぁ? 琴子の長い長いキス予習・・・  
 
 予習も幻に終わり 逃げられ、お口に洗濯ばさみ 怒りたいよな  がっかりなぁの琴子だったのに 
直樹の特別オプション・・・が実は したかった為の 全ての行動の前フリだったりして・・・
  
 
だって お手手がキスと同時に動いてますよ(笑) 午後までですかぁ・・・。ごちそうさま
 でも キスは俺から は本心だと思うけどなぁ
 

ミイラ取りがミイラに?

洗濯ばさみが付いてたんじゃ寝にくかったでしょうね?

直樹って、琴子からキスされたいけどテレちゃうから嫌なのかも?

琴子の為のオプションは、勉強になったのでしょうか?

直樹の指導は、どうだったのかな?

水玉さん

普通のイリコトも好きですよ!

普通のイリコトでも、水玉ワールド炸裂ですもん!

これからも、楽しみにしています。

キスも一生懸命

今晩は~(*^_^*)

琴子ちゃんは、Kissするのも一生懸命o(^-^)o入江くんが、からかいたくなるのも解ります~(*^_^*)結局、入江くんにバレて、自分から出来なかったですね~(*^_^*)

入江くん、普段は超Coolだけど、二人きりの時は超Hot\(≧▽≦)丿

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます♪

愛結美さん
愛結美さんの仰る通り、実は入江くんは目を覚ましていて、琴子ちゃんがドレッサーとベッドを行ったり来たりしている様子を笑いをこらえて見ていたような気がします^^
紀子ママも夫婦仲がよろしい息子と嫁に「ムフフ」って笑いが止まらないに違いない…笑
でも午後まで二人揃ってお寝坊さんしていたら、一階へ降りづらいだろうな~。

アリエルさん
そうだった!!私がそれを忘れていました。
言われて文章読み返したけど…うん、なんとかなってますね。
よかった~。

rinnnさん
こちらこそ、ご丁寧なメールを本当にありがとうございました!!
そうやって御連絡いただけると「あ、ちゃんと到着したんだな」と分かって安心します♪お気づかい、本当にありがとうございました!
そうですか?最近はめったに書かなくなってしまった普通のイリコト、時々ふと書きたくなるのですが…それだけにどうも不安で。
お褒めの言葉、本当にありがとうございます^^

りきまるさん
そうそう!私もりきまるさんと同じです!
琴子ちゃんにはいつまでも、いつまでも恥じらいを持ってウブでいてほしいです(笑)そして、あくまで導くのは(どこへ?)入江くんで!!
絶対、琴子ちゃんのそういう、いつまでも初々しいところが入江くんはいいはず!!
萌えポイントがりきまるさんと一緒でうれしい!
そして、励ましのお言葉ありがとうございます^^

吉キチさん
琴子ちゃんよりも早く目を覚ましていたのかもしれませんね!
そして…琴子ちゃんが自分を襲いにきたら(笑)…と全て計画していたのかも(笑)
休日の朝、まず琴子ちゃんと一緒に「遊ぶ」ことをしたかったんでしょうね。
こんなに可愛かったら、遊びたくなるの無理ないですし^^

kobutaさん
照れるというのもありそうですけど、待つのがいやとか(笑)
琴子ちゃんは恥ずかしがりだから、きっとするまで時間がかかりそうで…唇が到達することを待っているのが入江くんは嫌なのかも(笑)
洗濯バサミは、早々と気がついて外していたと思います。で、たまたまそこにあったから、琴子ちゃんの可愛いお口をはさんじゃった…という感じでしょうか?

ナッキーさん
そうそう!二人きりの時は超がつくホットさですよね!!
ナッキーさんがおっしゃるとおり、あまりに琴子ちゃんが次々と可愛らしいことをやるから、入江くんは可愛くてたまらないんだと思います♪

佑さん
琴子ちゃんの奇襲はやっぱり、入江くんが隙だらけの時でしょう(笑)
でもそんな時、なさそうだし…
いつか成功するといいね、琴子ちゃん^^

まあちさん
ですよね!私もあの顔で言われたいです!
そんな「お客様」とか呼ばれて、敬語使われたら、琴子ちゃんもう抵抗できないだろうな…。
入江くんって絶対ベッドの中では優しそう…♪

ぴくもんさん
こちらこそ、おかえりなさい!!
ぴくもんさんも書かれる予定なんですね!うわ~すごく楽しみ!!!
…先にこんな恥ずかしいものを晒してしまってごめんなさい。
入江くんは琴子ちゃんのどんな顔も可愛いんだろうけど、きっとキスする時の顔はもっと好きに違いない…。
特別講習はいつも夜なんでしょうけど、入江くんの方はどんな顔をしているんでしょうね?琴子ちゃんは鳥目だから見えないんだろうな…と、なんだか変なところまで想像してしまいました^^;

Foxさん
確かに!!
でも気絶させるのは無理そうだから、何かで気を失っている時に助ける前にチュッってやりそう(笑)←それはないか。
お題がとてもロマンチックなのに、内容は遥か遠くへと離れてしまったものになってしまいました…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/858-e03274d1

 BLOG TOP