日々草子 君と交わした約束 あとがき
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

『君と交わした約束』を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
このお話は、実はラストが真っ先に浮かんだお話です。
軍医入江くんなら、琴子ちゃんは看護婦さん。
二人は病院で知り合う…で、琴子ちゃんは手紙を書き残し、どこかへ行く。そこに書かれた琴子ちゃんの言葉を入江くんはちゃんと守りながら、琴子ちゃんを待ち続ける…というところが浮かんだんです。

ただ…。
最初と最後は浮かんだけど、その間の話が全く浮かばず…ようやく一通り出来上がったので日の目を見ることができたお話です。


そして、最初から琴子ちゃんが死ぬということは、全く頭にありませんでした。
悲恋って嫌いではないのですが…死別に限らず、恋人の別離とか、色々な別離が漫画、小説、ドラマにはありますが。
私、そういう作品を読んだり見たりした後,必ず「ええ、幸せになってほしかったなあ」って思ってしまうんですよね。
死別物でも、たとえ心電図のモニターが0を表示してもその直後、生き返ったりしたとしても、私は「よかった」と思うタイプなので。一般に「そんなこと、絶対あり得ない」と言われても、フィクションの世界なら平気(笑)
というか、フィクションの世界の中くらい、夢見ていたいです…。

恋人たちが別れて、前向きに生きていく…という話でも、やっぱり「ええ、より戻さないんだ~」と思ってしまうタイプです。
あ、相手がもう最低な人間とかだったら別ですよ?

なので、今回も死別にする予定は一切なし、でした!!
ただ、少しはドキリと思うことを書いた方が、少しでも退屈しないかなあと思って…だから途中であんな展開にした次第です。


このお話を書くにあたって、東京大空襲のドラマ(数年前に放送したらしいです。私は見ていなかったのですが)の本を読みました。
そこに掲載されていた、当時の看護婦さん(確か慶応大学病院の看護婦さん)のお話を参考にさせていただきました。

やはり戦争中ということもあり、病院に若い男性医師はいなかったそうです。若くて40代くらい。
たまに若い医師が来ると、看護婦さんたちも乙女、大騒ぎになったそうです。
が!
看護婦さん、厳しい縦社会だったそうで、先輩看護婦さんを差し置いて行動を起こすことは厳禁だったとか。
きっと入江先生が登場したら、それは大騒ぎだったでしょうね。

疎開する看護婦さんも多く、人手は足りなかったそうです。

私もちょこっと書きましたが、足を切断する話もされていました。
「重かった」と…。ここ、参考にしてあの部分は書きました。

薬の不足等、事情もあり、亡くなられる患者さんも多かったそうです。
でも亡くなられても供える花がなく…病院の庭に生えていた夾竹桃を供えたそうです。
その看護婦さんは、今でも夾竹桃は大嫌いだと話しておいででした…。

あと、昼休み等は皆でバレーボールをしたりしたそうです。←ここも参考にさせていただきました。

空襲時に運ばれる患者さんの世話の話もありました。
傷にたかるウジ虫をとるのが大変だったとか…。
空襲の描写も含め、その辺は一切、私は書きませんでした。
コメント等で「空襲が…」というお言葉もたくさん頂戴したのですが、書きませんでした。
というか、書けないです。どう書いていいかわからない。
なので、入江先生と琴子ちゃんのラブストーリーに重点を置いて、その辺の描写は不自然なくらい触れませんでした。

そんなことを考えながら書きあげたら、すごいシンプルな出来に(笑)
私自身が本当、知識がないため想像が広がらなかったというものあります。
下手にグダグダ書くよりは、いいか…と言い訳しつつ。

戦争体験者の女性の話を集めた本も少し読んだんですが。
同じもんぺでも、軍の幹部や良家の奥様のもんぺは生地も上等で、違っていたそうです。←ここも参考にしました。

それくらいしか読まなかったので、話が広がるはずもなく。
あちこちに脱線しないようにしようと心がけていたら、私にしてはスピードの速い話となりました。
最後もすごい急いでいる感じになってしまいましたが、これは急いでいたわけではなく…そういう理由です。

しかし、今後どうするよ、私…
花嫁強奪も書いた、花婿強奪も書いた、入江くん行方不明も書いた、琴子ちゃん生死不明も書いた…もうネタないじゃん(笑)
だけど、きっとまた懲りもせず、このパターンを使う気がする…。いや使うだろう(予言その1)

ちなみに、一番好きなのは…入江くんにドナドナされる琴子ちゃんです。(または入江くんのお子様嫉妬により自らドナドナされることを選択する琴子ちゃん)

…そういえば、一番最初に書いた二次創作も…ドナドナする琴子ちゃんだった気が(笑)

よって、今後もドナドナ琴子ちゃんが出てくるだろう(予言その2)

だって、琴子ちゃんって可愛くていじめたくなっちゃうんだもん♪

話を元に戻します。脱線してごめんなさい。
今回のあとがきも、一体何が言いたいんだか分からないあとがきになってしまって申し訳ございません。
どうして私って、こう文章下手なんだろうなあ…(泣)

こんな私にコメントと拍手を毎回、ありがとうございました!
本当に…嬉しくてたまりません。
お返事が遅くなっても、どなたも責めることなく…それに甘えてしまい、遅くなってしまって本当に申し訳ございませんでした。
そしてお返事の内容も、本当に下手で申し訳ないです。
溢れる感謝の気持ちをお伝えしたいのに、どう書いていいかわからず…そんなお返事に怒ることもなく、いつも優しいコメントを下さる皆様、本当にありがとうございます!!

そして暗い話になってしまたったのにも関わらず、読んで下さり拍手を押すという形で励まして下さった皆様、本当にありがとうございます!
私の文章力がないため、意味不明な内容、同じ言い回し…もうお恥ずかしい限りです。だからこそ、皆様からのコメントと拍手は本当に本当に原動力となります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!
関連記事

コメント

おりしも

昨日、九段に行く用事があり、時間が在ったので靖国神社に行ってきました。

会館にも入り、沢山の戦争の傷跡を見てきました。

今、改めて平和に感謝です。

最終回、お疲れ様でした。最初、戦時中のお話だったら暗くて、辛くなるだろうなぁって思ってました。確かに辛いシーンもありましたが、最後はきっとハッピーエンドになってくれると信じて読んでました。『ハッピーエンド』それが水玉さんの世界ですよね。だから私はいつも安心して読ませていただいてます。日常の疲れも水玉さんの優しいお話を読むと吹っ飛びます。これからもみんなが幸せになれる様なお話を書いて下さい。

今回も…

お疲れ様でした~!!
毎回のことながら楽しませて頂きました!!!

水玉さんのあとがきを読んでいて、いろいろ調べて書かれていてすごい方だなぁっていうのが率直な感想です。
もんぺの話にも参考資料があったなんて(笑)
その姿勢が本当にステキです☆
文字でしか水玉さんを存知上げませんが、楽しいお人柄が垣間見えて、だから読者は読み続けたくなるんだと思います。

お話についてですが、私もなぜか琴子が死ぬことは全く想像していませんでした(笑)←スイマセン…
私も「心電図0→生き返る」でも何の問題もなく、涙を流せる人間で、なんとなく水玉さんもそのタイプだろうなと勝手に思っていてハッピーエンドを信じきっていたんです(笑)

でも、琴子は絶対死んでない!って思ってたくせに、ちゃんと琴子が帰ってきてくれたところはやっぱり涙でしたね。。。
二人ともどんなにこの瞬間を待っていたんだろうと思うと…
入江くんがひたすら約束を守って琴子を待ち続けているという構図もすごく胸をうたれました~。
一途な入江くんかっこいいですね!
入江くんはいろいろかっこいいけど、やっぱり琴子しか見ていないっていうところが一番かっこいいですもんね。

あと、初めて二人の診療所をみせて頂きました~。
二人で仲良く診療所をやっていく姿はホント微笑ましくて幸せな気分になれました!勝手に目じりがさがります。
腕のいいお医者さんと明るくてみんなに優しい看護婦さん。
きっといい診療所でしょうね。

本当に楽しいお話ありがとうございました!!
ドナドナ琴子楽しみにお待ちしております~♪

『君と交わした約束』のお話ありがとうございました~~!!

ハッピーエンド説に反応して。。。
ドラマ『東京ラブストーリー』のリカとカンチがどうして別れてしまったのか。。。このドラマの最終回の話題がふとした時出て、今でも誰とでも盛り上がる事が出来るんです。みんなハッピーエンドを楽しみにしてたのにネ(笑)

実は『君と交わした約束』のお話の中では一度も涙は出ませんでした。私も最後は、水玉さんが二人を幸せにして下さると信じていた一人です。
それ以上に、水玉さんのお話の面白さに夢中になって。。。
でも”、あとがきを”読ませていただいて、熱いものがこみ上げてきました。
それは、当時の現実にかもしれませんが、
水玉さんの誠意が、文面から伝わってきたからだと思います。

水玉さんに感謝の気持ちをこめて。
いつもありがとうございます。

こんばんは、水玉さま。

戦後生まれの私たちには、当時の状況は、お話とか、文書でしか窺い知れませんが、本当に国民にしてみれば辛い時期だったんでしょうね。
食べるものもなく、生きていくだけで精一杯の環境の中、病気や怪我は待ってくれませんものね。

こんな時代がもう二度と来ないでほしいと心から思います。

水玉さま、難しい題材のか、大変な創作になったんではないですか?
本当にお疲れ様でした。

次回も楽しみに待っています。

水玉さん♪
あとがきをとっても楽しみにしていました。
こんな難しい話かかれるなんて本当に凄いと思い!!
水玉さんの頭の中を覗いてみたくて・・・
だからだから、この作品がどのようにして出来上がったのか
とっても知りたくて・・・・
そして毎回思うことですが、水玉さんは毎回
勉強しているなぁ~!!と!!
その気持ちが、私にまで伝わっていているので、
本当にあきません!!
これって、本当に凄いことだと思いますよ♪

私もハッピーエンド推奨派です♪
だから私も「心電図0→生き返る」でも全然OK!!
私、水玉さんの書かれる文章は大好き!!
すぅーっと、頭に溶け込んで!!優しい気持ちになるの
だから、水玉さんの書きたいことを気にせず
いっぱい書いてください!!

またまた新作お待ちしています♪
いつもいつも有難うございます!!




お疲れさまでした~!!

水玉さま、連載お疲れさまでした(*^□^*)

戦争の話って、どうしても恐いってイメージがあって、イリコトの世界だとどうなんだろう、って最初のほうは思ったけれど、ステキなお話をありがとうございました♪

やっぱり、どの時代でも、イリコトは幸せな家庭を築いてほしいですねv


あたしは水玉さまのおっしゃった、東京大空襲のドラマはリアルタイムで観ていたのですが、実際に戦争って想いあってた恋人たちをどれだけ引き裂けば気が済むんだろう、って悲しく憤りを感じたのを覚えてます゜。(p>∧<q)。゜゜

実際の体験を素にした話って、やっぱりズドーンって胸に響きますよね☆


水玉さまのイリコトは、どんな展開であっても大好きですv

この次も楽しみに待ってます♪

ふ~う!

水玉さんお疲れ様~!!

よかった~!琴子が無事で!・・・んんでもってニマ~なEND!
愛でたしめでたし!・・むむっ?勿論番外編♡期待してますから~
甘甘~なのもゴチになりたいな~なんて!
ムフフな直樹妄想して・・・ポリポリm(。-_-。)m
先ずは暫しご休息あれ~!でも毎日覗く私♡

あとがきにもコメント、ありがとうございます!!

あとがきまで読んで下さり、コメント、本当にありがとうございました!
そして…拍手、こんなにいただけるとは!最終話とあとがき、こんなにたくさん…本当に本当にありがとうございます!!

kobutaさん
靖国神社も今はお花見スポットとして有名ですけれど…色々問題になったりしますよね。古い歌にも出てくるし。
本当に平和って尊いものだなあと思います。

祐樹’Sママ さん
なるべくあまり露骨な描写とかは書かないようにと気をつけてはいました。
普通のラブストーリー(笑)にしたかったのですが…ちょっと方向がずれそうになったりと…改めてこの時代って難しいんだなあと思いました。
読んだら幸せな気分になる話っていいですよね♪私も気がついたら自分の本棚、そんな本ばかりです(笑)
私の駄文でそのように感じて下さって、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

rinnnさん
いえいえ、違うんです!!
調べないと、全く想像すらできないくらい知識がなかっただけなんです!!
でもちょっと切ないお話を書いてみたい気分だったというのもあり…(それが達成できたかは疑問符が付きますが)。
もう本当に「軍医って…軍にいるお医者さんのことだよね?」くらいのレベルでしたから(笑)
もんぺの話なのですが、これは個人的に疑問だったことの一つでして(笑)
お嬢様とか奥様と呼ばれる人たちも、この時代は皆もんぺ着てたのだろうかって。そうしたら、図書館に戦時中の女性の体験談を集めた本があって(かなり古かった(笑))、興味があったとこだけつまんでみたら、その疑問が解消されたってだけです(笑)
で、せっかくだから書いておこうと(笑)
rinnnさんも生き返りOKな方なんですね♪仲間だ~♪ドラマとかってありえなさすぎる設定にはすごい批判的になる私なのですが、医療関係だけはもうありえなかろうが、何だろうが、助かるのなら絶対OKな私です。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

あおさん
「東京ラブストーリー」!話題になりましたよね!ロン毛江口くんが懐かしい(笑)
確か…医大生でしたよね?
私はその後の「101回目のプロポーズ」を話題にしていたクチです。ナットの指輪にうっとりしたのは、わたしだけではないはず!(笑)
あ、あと…前にもちょこっと書いたんですが「もう誰も愛さない」というドラマで最後、山口智子がどうなったか…という場面では「生きていてくれ!!」と願ったクチです。
好きで書いただけの駄文に、こんなに感想をお寄せいただけるなんて、本当に私は幸せ者です。なんか…こんなに素敵なお言葉を頂いていいのかって申し訳なくなってしまいます…(照)。
というか、このあとがきでそこまで!(私などあまりの下手さに読み返す勇気すらないのに)…こちらこそ、読んで下さり、コメントまで頂戴し、本当に本当にありがとうございます!!

りきまるさん
本当に思い出したくないという方も多いですからね…この時代。
私の親戚なぞは、買い出しを思い出すからリュックは大嫌いという人もいました。あと、カーキ色は軍服を思い出すから嫌だとか。私たちが何気なく用いている物にもそういう思いをされている方、多いのかもしれませんね…。
題材は難しかったです!!あまり詳しく書くことなく、あまり露骨な表現をせず…という所が!!

ゆみのすけさん
最初はただ単に軍医さんと看護婦さんのお話~とか思って書き始めた…どうしてこのような話になったのかはいまだに自分でも不思議です(笑)
勉強…というほどのものではないですから!だけど、知らないことを調べるというのはでも楽しいなと思いました。今回ももんぺの謎が一つ明らかになったし(笑)
でも…読んで下さった方は意味が分からない所も多かっただろうなと思うと、反省だらけですが。
知識不足をごまかした部分も多かったし(笑)
それでも暖かく見守って下さった皆様には本当に感謝、感謝です!
あ、あとがきを楽しみにして下さってありがとうございました(笑)それなのに…こんな意味不明なあとがきでごめんなさい~!!

愛結美さん
私もどうなるんだろうって自分で思ってました(笑)。そうしたら、こうなった(笑)
戦争は恋人も家族も引き離してしまいますからね…本当にひどいものです。
新聞で、作家さんのお父さんが戦地から送られた手紙を特集していたことがあって、どんなにお父さんはお子さんに会いたかっただろうと思うと辛くて堪りませんでした。でもそれに反対できなかったというのがまた辛い時代ですよね…今みたいに言いたいことを言える時代ってすごいことなんだなあと思ったり。
原作からどんどん離れていく、私の駄文を好きだと言って下さってありがとうございます♪またもや原作から離れていく変な自信がつきました(笑)
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
追伸:そうです!メールフォーム、設置しました♪

美優さん
最後まで読んで下さりありがとうございました!
番外編…ありがとうございます!本当に常連様は私が喜ぶツボをご存じで(笑)
そうですよね~ほんと、ラブラブ度の少ない話になってしまったですもんね…
機会があったら書きたいと思います!

佑さん
こちらこそ、読んでくださってありがとうございました!
ドナドナ琴子ちゃんは…もう永遠の私のテーマですから(笑)
頭の中で牛の着ぐるみを着た琴子ちゃんが馬の着ぐるみを着た入江くんに引かれていく姿が浮かんでます(笑)

foxさん
逆ドナドナ!!それfoxさんのコメント拝見してから、ずっと考えているんですが…紀子ママならしそう(笑)でも入江くんはドナドナされようとしても、動きそうにない(笑)
あ、でもいつか書いてみたいです!!
最後まで読んで下さりありがとうございました。
自分が読んだり見たりするのがつらいから、ついそう言った描写は省いてしまいました。
そのような話にお付き合い下さり、本当にありがとうございました!

まいすけさん
そうですか?それならよかったです!なんかもう…戦争という時代のコスプレ話になってしまったんじゃないかって心配だったので…。
あまりに暗い雰囲気の話になってしまったので、どなたも読んでいらっしゃらないのではと思ってましたが…読んで下さった方が想像以上に多かったのでそれも嬉しかったです♪
読み逃げどころか…覚えていて下さったことが何より嬉しいです^^
最後まで読んで下さりありがとうございました!

ぴくもんさん
とんでもないです!!私もいつもぴくもんさんのお話、読み逃げで…申し訳ないです!!
今回も最後までお付き合い下さり、本当にありがとうございました!
あのシーンの注意書きは…あの程度でと思われた方も多いかと思うのですが、本当に嫌いな方は嫌いですから!なので、最初に書いておかないと、あの駄文でもショックを受けられる方がもしかしたらいるかもと思って行ったものです。
この時代は…難しいですね。今まで書いた中で一番難しかったです。ていうことは、読んで下さった方はもう疑問符だらけだったんだろうなと…。
最後はやっぱり琴子ちゃんらしく、明るいエンディングがいいかなと思って♪これからも二人は幸せに過ごすだろうな…という想像ができる感じに仕上げてみました。
…この後、沙穂子さんが助けを求めたり…琴子ちゃんがお金を稼ぐためにとんでもないこと考えたり…とかあるかも…ですが(笑)
私も怖くて見られない人間です。小学校の時、修学旅行で長崎の原爆資料館へと行ったのですが、怖くて入口から出口まで友達の肩につかまってずっと目を閉じていましたから。でも親に言ったら「それでいい」と言われたので…。

chan-BBさん
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
人柄…なんかイメージと実物のあまりのかけ離れぷりに、これは誰ともお会いしない方がいいと思い始めている私です(笑)
凛として…いえいえ、とんでもない!!これは強引に進めているということです(笑)とにかく、強引に強引に進めて、「誰も何も言えない間に終わらせる」!これに限るかも(笑)
ただ知識がないことだけは、ちゃんと言っておかないと…と思って折にふれて書いてましたが^^;
そのような素敵な我がままなら、本当にいつでも大歓迎です!!
ありがとうございました♪

まあちさん
そうなんですよね!!入江くんの嫉妬で泣く琴子ちゃんはいいとして(いいのか?)、全然自分に責任のないことで苦しむ琴子ちゃんは辛いです…でも書いちゃうけど(笑)
空襲は、戦争物だとそれを入れないとまずいんだろうなあと思いつつ…でもどうしても書けなかったです。あまりそういう作品を読んだことがないというものあるせいか、どう書いていいか分からなかったし…それ書くと治療の描写とかも細かく書かないといけないのかなあって思ったり…できないし。
なので、ばっさりとカットしました。
ハッピーエンド受け入れて下さり、ありがとうございました♪

nomariさん
実は…先のコメントのお返事で書きました長崎の原爆資料館で、一度眼を開けてしまって…その時、原爆の被害者の顔写真だったという体験があり…今でもそれが残っています。
読んだ本にもあったのですが、兵隊さんが一週間、嫁取りのために休暇が与えられ、相手を探す時間もないので、近所の娘さんと急いで結婚したとか。
あと、学校の先生の体験談で、女生徒に「卒業したらどうしますか?」と訊ねたら、「結婚し国のために子供を産みます」と、きっぱりとした答えが返ってきたそうです。でもそう言うように教えたのはその先生で、「結婚しても相手が生きて帰るとは限らない。子供産んでもまたその子を兵隊に出すのか…」と思うとそんなことを教えたわが身を恥じたと書かれてました。
あと、もんぺの奥様なのですが…素敵なもんぺをはかれていた奥様は…広島の原爆で亡くなられたそうです。その方が憧れたもんぺは血に染まっていたと体験談にありました…。
読んでいて辛い話ばかりでした…。
念のために、私も一応、戦後生まれですので!(笑)
nomariさんのお話の方が本より正直、とても詳しかったです。
このような暗い話になってしまいましたが、最後まで読んで下さりありがとうございました!

いたさん
ありがとうございます。
趣味の範囲内ですから…この程度で勘弁して下さいと思いつつ、書いてました。
でもどなたも突っ込まれず、本当に「うんうん、頑張ったねえ…」と幼子を見守るかのような温かい視線で見守って下さったので、本当に助かりました!!
あまり二人のラブラブな場面が出せなかったので、その辺のストレスが個人的には溜まりましたが(笑)ああ、やっぱりラブラブ好きなんだな、私、と思ったり(笑)

さくらさん
最後まで読んで下さりありがとうございました!
前世…そう思って下さるなんて!でも前世から結ばれていたとしたら素敵ですよね♪
時代が変わっても、生まれ変わっても結ばれる二人なんだろうなと思います♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/811-d97a22a9

 BLOG TOP