2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.04.13 (Tue)

悪役考察

悪役、悪役と連呼してふと書いてみます…。
あ、私が夢中の韓国時代劇についてなので、興味のない方(ほぼ全員とは思いますが)、どうぞスルーを…。

【More】



相変わらず録画して見ている『大王世宗(テワンセジョン)』
これがまた…次から次へと悪役が出てくるんだ!!!

いえ、悪役という呼び方は合っていないかも…。
一応、それぞれ国に対する自分の考えを大事にしているだけなのです。
でも、視聴者(といっても私と母)には悪にしか見えない…。

まず第一の悪役。

主役、世宗の父、太宗。
こいつがまた、「絶対地獄に堕ちるに違いない」と思われることばかりやってきた。
『大王世宗』では描かれず、『龍の涙』で描かれるのですが…。
まず邪魔な弟、次々、殺害。
さらに兄貴も「ほな、さいなら」と言わんばかりに流刑。

この太宗、朝鮮第三代の王になるのですが、二代目にまだ跡取りが決まっていない時、この太宗を三代目にしようというグループと、いいやその上の兄を三代目にする米だというグループでバチンバチンと戦い、勝者、太宗!

それを知った二代目(太宗の兄貴)、
「弟(太宗のこと)が怖い、絶対僕、殺されるよ~他の弟たちみたく僕も殺されるよ~」
と、王とは思えないヘタレぶりを披露。
「殺されたくないから、弟を次の王にしちゃうもんね!」
てわけで、見事太宗、三代目の王位をゲット!!

こんな人間なもんで、まあ息子(これが四代目の王、世宗)に攘位した後も口突っ込む、突っ込む。
「俺はさ、王位は息子に譲るけど~一番大事な軍事権は自分で持ってるからね!」
と言い、なかなか息子に政治を思うようにさせない。
挙句の果てに、息子の嫁の父親に濡れ衣着せて、殺害。

こんだけ揃えば、もう立派な悪役さ!!

四代目、世宗が即位したばっかの頃、対馬から朝鮮を襲いにやってくるんだけど、この時、対馬の人間が、
「王を暗殺しようぜ!」
て相談していて…それを見て、私は叫びましたよ。

「殺すなら、親父を殺してくれ~!!!」

まあ…親父は結局、なんだかんだと生き延び、最後糖尿が元で死ぬんですが。
最後はちょっと改心したのか、世宗に「お前を息子として誇りに思う」とか言い残してる。
ちょっと、ホロリと来てしまったのは内緒の話♪

お次の悪役。
父、太宗が自分のスパイとして王の元へ送り込んだ重臣。
彼は一応、「マルセン」とかいう名前があるのですが、その目があまりにも日本の俳優、M.N氏に似ているので(要はたれ目)、私たち母娘は声をそろえて「マサトシ」と呼んでおります。

で、このマサトシ。
(ちなみに演じている俳優は何と、冬のソナタにてサンヒョクのお父さんを演じた人)
太宗を上回る悪人!!

太宗も最後の方、「こいつ、最近俺の言うこときかなくなって、ちょっと生意気~」とか言って殺そうとしつつ、できなかった。それだけの悪!!

やっと目の上のたんこぶ、太宗がいなくなったと思ったら…こいつがまあ、これでもか、これでもかと王様に逆らう、逆らう。

毎回毎回、

「また出てきたか、マサトシ!!!」
「だれか何とかしてくれ、マサトシ!!」
「いつか流されないのか、マサトシ!!」
「もう消えてくれ、マサトシ!!」

と叫ぶ、私たち母娘…。

私が持っている韓国時代劇ガイドの悪役ランキングに名を連ねるだけあるわ~。


でも、これがまあ…悪役ってものなんでしょう。
心から憎いと思うようでないと…悪役ではないんでしょうね。
それだけ俳優さんが名演技ってことでもあるでしょうし^^

さて、一体私が何を言いたいかというと。

要は「キュウイチ」もそれくらい書けたらなと。
あ、でも最後は「こいつも…」とちょっと思ってもらえる程度に♪


本当のところ、「この人の話は悪い人が出てこないから安心して読める」と言ってもらえるような話ばかり書きたかったのですが…(私自身、そういう話が好きなものですから)
だけど、なんだかこのキュウイチのせいでそれを断念せざるを得ない状況です(笑)

関連記事
22:13  |  日々つれづれ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ちょっと韓国時代劇みた見たくなったわ~

キュウイチもどんな奴なのか楽しみ楽しみ!!
けどけど琴子と直樹は仲良しが一番!!

やっぱり水玉さん表現力豊か!!
今度は韓国時代劇に挑戦ね♪私。←自分がない奴。読書、視聴も他力本願・・
ゆみのすけ |  2010.04.15(Thu) 15:37 |  URL |  【コメント編集】

★趣味全開の記事にコメントありがとうございます

コメントありがとうございます♪

ゆみのすけさん
もう私の半分は韓国時代劇でできていると言ってもいいほど、どっぷりと(笑)
でも見ていると、「琴嬪さま」とか想像しちゃいます♪
琴子ちゃんは…側室(ごめんよ、正室じゃなくて(笑))。でも王様にとっても愛されている側室(だって側室の方がドラマチックになりそうなんだもん)
そうなると正室はやっぱりあの方…でしょうねえ(笑)
趣味満開な記事にコメント、本当にありがとうね!!!
ゆみのすけさんのそういうところが大好き♪

foxさん
foxさんもありがとうございます!!嬉しい~!!
私も!!ヒールあってこそのヒロイン、ヒーロー!!だってそばかすだらけの女の子だって、あの縦巻き意地悪娘がいたからこそ、優しさとか強さが際立ったし!!
お言葉に甘えて、もうヒール街道を猛スピードで驀進しておりますよ、キュウイチ(笑)
いやあ、もう誰も彼を止められない。
少なくとも、最後にはキュウイチからナナサンまでにはなってほしいものです(笑)
水玉 |  2010.04.18(Sun) 17:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/769-3a434df5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |