日々草子 浴衣の君 上
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

浴衣の君 上

「また慰安旅行に行けるなんてね。」
琴子はキャリーケースに着替えを詰め込みながら、直樹に話しかける。
「今度は男風呂に突入は勘弁してほしいね。」
少し離れた場所で、自分の着替えを詰め込む直樹が言う。
「…だからあれは間違えたっていうか。」
「お前の行動には何度も驚かされて慣れてるけど、さすがにあれは驚いた。」
「だから!」
サササササッと四つん這いになって直樹の傍に近寄る琴子。
「あれはね、混浴と思ったんだってば。」
「はいはい。ほら、忘れものするなよ。」
「はあい。」
本当に分かってくれているのかしらと思いつつ、琴子は自分の荷物の傍へ戻る。
「いくら必要ないからって、これ置いていくな。」
そう言って直樹が放り投げてきたのは…ブラジャー。
「ちょ、ちょっと!」
真っ赤になりながら慌ててそれもキャリーケースに押し込む。

「なあ。」
自分の用意を終えた直樹が琴子を見た。直樹より先に準備を始めたのに琴子はまだモタモタとバッグと格闘している。
「…まだあれ、続けるの?」
琴子は手を止め、直樹を見た。
「…勿論!」
「あれ」とは――色々な事情を経て、揃って神戸の病院へやって来た二人がやっていること――結婚していることを内緒にすること。
「だって楽しいじゃない!毎日がドキドキワクワク。」
恋人期間を見事すっ飛ばし、結婚した二人。琴子の提案により、今、周囲に自分たちの過去を知らない人間だらけなことをいい機会と捉え、秘密の恋愛ごっこをしている。
直樹にしたら、この隠し事のせいで妬きたくもないヤキモチ(しかも琴子本人が全く気がついていないのが更に頭に来る)を妬く羽目になり、できればもうカミングアウトしてしまいたいくらいだった。
しかし…どうやら琴子本人には全くその気がないらしい。

「いよいよ、職場恋愛のメインイベント、旅行よ、旅行!」
なかなか入らないとかブツブツ言いながらキャリーケースを必死で閉めようとする琴子。そんな琴子をどかし、直樹は琴子のキャリーケースを開け、荷物をきちんと整理し詰め直す。そしていくらかの余裕を持たせ、キャリーケースは簡単に直樹の手により閉まった。

「きっとこれをチャンスと思って、入江くんにはたくさんの女が群がるわよね。私はそれを我慢して見つめる…ああ、これぞ秘密の職場恋愛の醍醐味ってやつだわ。」
「醍醐味ねえ。」
二人のキャリーケースを部屋の片隅に運び、直樹は溜息をつく
「入江くんも…少しはそんな気分、味わってくれたらいいのに。」
どうも乗り気でない直樹が面白くない琴子は、口を尖らせる。
「まっぴらごめん。」
「チェッ。」
そんな琴子を置いておいて、直樹は先に風呂へ入るため、バスルームへと向かった。

「…何が職場恋愛の醍醐味だか。」
バスタブにつかり、ポツリと呟きつつ、今日医局で交わされた会話を思い出す直樹。

『旅行かあ。』
医師の一人がふと漏らす。
『毎年、誰かしらカップルになるんだよな。』
―― どこの職場も似たようなもんか。
医局の高く積み上げられた書類の山の向こうのソファに横になっている直樹はそんなことを思う。
『ああ、去年は●●先生と△△さんが旅行きっかけで付き合い始めて…今年結婚したんだよな。』
別の医師が会話に加わる。
どうやら、二人からは直樹の姿は見えていないらしい。面倒なのでそのまま横になったまま二人の会話に耳をすませる直樹。
『今年は誰と誰がうまくいくかなあ。』
『…実は俺、狙ってる子、いるんだよね。』
そんなことを口にしたのは、谷村という若い外科医。
『え?誰?誰?』
『…相原さん。』
谷村の言葉を耳にし、直樹は思わず声を上げそうになった。
『相原さんって…実は男性と付き合ったことないんじゃないかなって思う。』
『ああ、それはそうかも!!いるよな、そういう子!』
谷村の言葉に同調する医師。
『そんなところが清楚というか…可愛いって感じ。』
―― 付き合うのすっ飛ばして結婚してるけどな。
心で突っ込む直樹。だがそんな直樹などに気がつくこともない谷村は続ける。
『だから、初めての男は俺にしてもらおうかなって!』
―― 初めての男、だあ!?
何調子いいこと言ってるんだと谷村を睨む琴子。

『旅行ってテンションあがるしな、いけるんじゃねえ?』
すっかり谷村の話に乗り気になってしまった同僚医師がはしゃいだ声を上げる。
『よし、そういうことなら、俺も協力するよ!』
『本当?よし、じゃ、いっちょやってみるか!』
『だけどさ、相原さんって結構、狙っている奴多そうだぜ?この間も色々噂になってたし。』
『すれてない感じがまた魅力だからな。』
そんな会話を交わしつつ、二人は医局を出て行った。


「…一体、あいつら何をしでかすつもりなんだか。」
一人溜息をつき、直樹は風呂から上がった。

「明日は…8時集合か。」
目覚まし時計を合わせ、琴子は直樹の傍に潜り込んだ。
「楽しい旅行になるといいね、入江くん!」
「どうだか。」
直樹の悩みなど知ることもなく、琴子は間もなく寝息を立て始めた。
「なんだか疲れる旅行になりそうだ…。」
どうしてこう、静かに過ごす旅行ができないのだろうと直樹は思いつつ、琴子がベッドから落ちないようしっかりと抱き抱え、目を閉じた。


翌日は旅行日和の天気となった。
「じゃ、相原さんは一番前ね。」
いつの間にか、そういうことにされてしまったらしく、琴子は前の席に座らせられる。
―― 入江くんは?
どこに座っているのかなと思って見ると…何と後部座席の中央に座らせられている。周囲には勿論、直樹を取り囲む看護師たちで溢れかえっている。
―― うわ…想像以上だわ。
バスがまだ走り出していないというのに、お菓子や飲み物など次から次へと差し出されている。
―― 東京の慰安旅行と同じ状況だなあ。
あの頃と同じ気持ちを思い出し、少し胸が痛くなる琴子。だが自分がこうすることを選んだのだから我慢する。

一方、直樹は後ろから琴子の姿をこっそり見ている。すると、
「ここ、空いてるの?」
と、空いている琴子の隣の席を見て声をかけている人物――谷村だった。
「あ、はい。」
あまり話したことはないが、そこそこかっこいい(琴子にとって、常に一番は直樹である)谷村に突然声をかけられ驚く琴子。
「じゃあ、座ってもいいよね。」
そう言いながら、谷村が腰を下ろそうとした時…。
「悪い。」
谷村を押しのけるように現れたのは――直樹。
「入江先生?」
突然現れた直樹に驚く谷村。驚いたのは谷村だけではない。琴子も同じ。
「谷村先生、俺車酔いがひどいんです。だからこの席に座らせてほしいんですけど。」
「え?入江先生、車に弱いの?」
「ええ。結構ひどくて。だから免許も持ってないし。」
免許を持っていないのは車酔いするからではない。勿論、琴子だって直樹が車に弱くないことを知っている。
邪魔された谷村だったが、そこは医師。車に酔うという人間を無視するような心根は持っていない。そこは渋々ながら譲る。そして自分の元の席へと戻った。
「相原さん、悪いけど窓際座らせて。」
「あ、はい、どうぞ。」
慌てて琴子は窓際の席を直樹へ譲る。
直樹が座ったと同時に、バスが出発した。

―― いいのかな、ばれないのかな?
なんだかとんでもないことになっちゃったと思いながら、琴子はチラリと隣の直樹を見る。直樹は目を閉じて窓にもたれている。こうして見ると、本当に車に弱い人間に見える。

直樹が隣に座ったからと行って仲睦まじく会話を交わすわけにはいかない。どのみち、最初は一人でこの席に座る予定だったのだから琴子はそれなりに一人でのバスライフを満喫することにする。

―― あ、あれ?
キャンディーでも舐めようかと思い、バッグに触ろうとした琴子の手が動かない。

―― ええ?
見ると、座席の境目で直樹がこっそり琴子の手を握っている。

― い、入江くん?
琴子はそうっと直樹を見る。すると直樹がまるでいたずらをして見つかったかのような子供のような表情で琴子を見た。少し舌を出しながら。

―― んもう。
呆れつつ、琴子はこっそりと笑った。

―― 秘密の社内恋愛って、こういうことやるんだろ?
そんな琴子を見つつ、直樹は心の中で琴子に呼び掛ける。
そして、手を握っていることが周囲にばれないよう…琴子はさりげなく荷物で二人の手を隠した。












♪あとがき
諸事情により、少しの間閉鎖しておりました。申し訳ございません。
まだちょっと定まっていないので、また突然閉鎖する可能性があります。どうぞご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

さてさて…
この話はゆみのすけさんからのキリ番リクエストです。
テーマは『ばれそうで、ばれない』
そして…なんと、神戸編(原作の神戸編とは全く別のものです!!)の続きをとのこと!
まさか、あの話の続きをまた書ける日が来るとは思ってなかったので、これはとっても嬉しいリクエストでした♪
ありがとうございます、ゆみのすけさん。
『二人が慰安旅行(または飲み会)に行って、お互いイライラとしつつ、そして周囲をドキリとさせつつも、でもばれない』というリクエストを頂戴しました。
さて…どうしましょう、ここで終わらせますか?^^←ちょうどいい場所で切れたなと思ったりもしてたり。

尚、この話はこのブログのカテゴリ『神戸』の話の続きとなっております。
二人が色々な事情により、なぜか神戸の病院で働いているという設定です。

…タイトルがまるで吉田拓郎さんの歌のよう(笑)
関連記事

コメント

こんばんは。

こんばんは、水玉さま。
私が、水玉さまワールドに嵌まったお話の続きが読めるなんて本当に嬉しいです。
このお話をリクエストして下さったゆみのすけさまにこの場をお借りして感謝させて下さい。

ありがとうございます。<(_ _)>

結婚していることを周囲に内緒にしている恋愛って実はかなり二人にとっては燃えるんでしょうね。こそこそデートの約束をしたりして・・・
入江夫妻にとって恋愛期間が無かった分、今が恋愛期間なのかもしれませんね。(笑)

続きがとっても気になり、今夜は眠れそうにありません。(笑)

初コメントです

ご無沙汰しております、エジプト在住のナナです。
旅行からの無事にご帰還されたようで嬉魚持っております。
再開店に喜ぶと同時に、突然ブログ脇に登場した「せんと君」に大爆笑させて頂きました。
流石は水玉さま、水玉ファンのツボをしっかりと心得てらっしゃいます!

このシリーズは私が水玉さまのファンになるきっかけだった作品で、今後の展開が非常に楽しみにしております。
当時、誰の手も借りずにエジプトで孤独に育児に向き合っていた私に笑顔を取り戻させてくれた思い入れの強い作品なんですよね。
ブログ運営には読者には分からない辛い面もおありとは思います。
突然の閉鎖の可能性はとても悲しいですが、それまではどこまでも水玉さまを応援させて頂きたいと思っております。
何より、水玉さま自身がブログライフを満喫することが一番大切ですから、マイペースで運営して頂ければと思います。
水玉さまの笑顔こそ、水玉ファンの望むところですからね!

お久しぶりです!

時差ボケからやっと復活してサイトのほうに来てみたら、調整中になっていてビックリしたのですが、もう一度来てみて良かったです(^v^)

慰安旅行でも、入江くんの気は休まらないかもしれないですね(汗)

でも、二人のラブラブはきっと周りの邪魔になんか負けないくらい強いものだと信じてますからvv

でも、波乱がありそうな雰囲気に、ドキドキです~(>_<)

逆転?

東京の慰安旅行では、琴子が直樹を守るために奮闘してましたが、こっちの旅行は直樹もそうなりそう…。直樹は相手がどういう目的で自分に近づいてきてるのかわかってる分、殆どが琴子の過剰な妄想で実際はなんにもないのがパターンですけど、琴子はそうじゃないから直樹の気苦労は大変かと。
相手の動きを封じるため、動く直樹…ずいぶん逞しくなったもんだなぁと、ちょっとしみじみ。この先も捻くれずに琴子を守るためにがんばって直樹!!と応援したくなりました。

水玉さん♪おはようございま♪

ワクワクしながら楽しみました♪
やり取りが浮かんできました♪♪♪
後でゆっりじっくり読み返しますーーーーー♪

また楽しいお話ありがとうございます♪
リクエストして下さった、
ゆみのすけさんありがとうございます(拍手)♪

今日も良い日でありますように!!!

ワクワク


あまりに、テンション高すぎました(反省)
今日も気をつけて無事一日を、過ごせますように。。。

神戸ですね

私も来てびっくり、入れない?

朝来てまたびっくり?神戸の続きが・・・・!

何気に判らない様に、皆にけん制して琴子を守る直樹って可愛い!

果たして、ホテルに着いたらどうなるんでしょうか?

たのしみです。

浴衣の君は尾花の簪~♪

水玉さん!旅の御疲れ無さそう?です?
関西の花粉は軟だった?大丈夫でしたか?鹿フンに花粉も負けた?

浴衣の君~ってすぐ吉田拓朗が出るあなたはすごい!・・で歌える私は・・・若草山~ってことに
直樹も琴子と月を見て 風呂上りの髪の香りや膝枕に癒されるのか?
ヤキモキするのはどちらなんでしょう~ワクワク

水玉さん♪有難うございます!!
最高に幸せです!!!
神戸の話は本当に大好きで、当時何度も更新を楽しみに
某サイト様をお邪魔しました。
だからだから本当に嬉しくて!!!

秘密の社内恋愛!!二人とも良い雰囲気で好きです♪
皆にばれないようにドキドキしながらも、幸せを感じているんでしょうね。そして直樹のさりげない牽制!!いいわ~いいわ~

さりげなく入江先生とバスの中での会話を楽しんでくださいね。
けど、周りは耳ダンボちゃんになっているだろうから
気をつけてね♪

本当に有難うございました。
こんな私ですが、これからもずーーーーと、宜しくお願いします。

ありがとうございます

とってもとっても久しぶりな神戸な話にコメント、ありがとうございます♪

りきまるさん
うわ~ありがとうございます^^
恋人期間がなかった(と言えますよね?)分、今ここで取り戻すような形にできればなあと思って。
でも元々の話を書き始めた時は、確か…琴子に捨てられる(笑)入江くんを書きたかったような、そんな気分だった気がします。
ちょっと昔を思い出してしましました。

ナナさん
覚えていますとも!!!だって…海外からのお客様(なんか徹●の部屋みたい)、初めてだったんですから!!!
ありがとうございます、こちらこそ覚えていて下さって!!
「せんとくん」、年末年始に出していたんですが、奈良へ旅して至るところにぶら下がる彼を見てもう一度出してみたんです♪
そして…ナナさんもそのころから!!しかも…そんな育児の大変な時に読んで下さったなんて…(もうちっと丁寧に書いておけば(笑))
ありがとうございます!!本当にありがとうございます!!
あ、閉鎖するといっても本当に短時間なので(笑)お騒がせしてごめんなさい。そして本当に更新できなくなったら、その時はきちんとお知らせしますので!!
そっか…私のような人間でも誰かを笑顔にできているんですね…ちょっとナナさんのコメントを読んで泣きそうに…。
そうですよね、私が楽しまないと!!ありがとうございます!!
またピラミッドの国(すみません、本当にそれしか知らず…あとスフィンクスの前にケンタッキーがあることくらいしか(恥))から遊びに来て下さいね♪

愛結美さん
時差ぼけ、いかがですか~?
なかなか大変なんでしょうね…。
そんな中お越しくださって、入れなくてごめんなさい。
そっか、そういう時にも来て下さる方がおいでなんですね…。嬉しい♪
あの時は本当に夢中になって書いていたから…今絶対恥ずかしくて読み返せませんが(笑)
久しぶりに書いてみると、結構内緒の関係って書くのが難しく…あの頃の私に訊ねたい、どうやって書いたんだ?って(笑)

なおき&まーママさん
東京の慰安旅行とほんと、逆パターン!
でもさすがに直樹には女風呂に侵入させないけど。いや彼がやってきたらみんな大喜びで露天風呂に引きこむでしょう(笑)
入江くんがやるとなると、笑いを狙うわけにもいかず…結構難しいことに今更気がつきました(笑)
そしてあの件についてもお優しい言葉、ありがとうございます!!
そこまで思って下さっているとは…こんな私でも本当、誰かの楽しみになっているんですね…。
いえ、考え過ぎにさせてしまったのは私のせいですね。でもあれ以外言い方が見つからなかった…通行禁止とかにしとけばよかったのかな?
今度からそうしますね♪
本当に御心配おかけしてごめんなさい。ありがとうございます。

あおさん
あおさんも勧めて下さったんですよね!!あの続きをって!!
そのあと、キリリク頂戴したので「これは書いてもいいと神様のお告げにちがいない!」と勝手に前向きにとらえ書いてみました(笑)
あんまり勧めて下さる方がいらっしゃらないので(笑)、ちょっとお二人のために頑張ってみました♪
いえいえ、私も相当テンション高い日があるので、どうぞお気になさらずに♪

kobutaさん
ごめんなさい、入れなくて!!
神戸の話、久しぶりに書いてかなり、緊張しております。
いや~そっか、こういう感じだったのねとか一人ブツブツ言いながら(笑)
懐かしさと嬉しさが自分の中に込み上げてきました♪

美優さん
花粉、とんでもない!!
結構やられましたよ~でも一時期「お、おさまったか?」と思った時があったのですが、翌日、すごいことに…
今はどうやら、おさまりつつ…やはり今年は量が少ないからちょっとはマシだったのか、それとも耳鼻科薬がようやく効き始めたか…

ゆみのすけさん
こちらこそ、素敵リクありがとうございます!!
うれしかったですよ~覚えていて下さったことが!!奈良の電車の中で考えてました♪
あの頃のワクワク感が蘇ってきたことを感じつつ…。ちょっと沈みかけておりましたが、浮上してきた感じだし。
願わくば…あの頃のように(確かあの『秘密』で私、昼ドラと言われた記憶が(笑))昼ドラ書いてみたいです~♪あ、でもなあ…ネタかぶりそうだ、自分で書いた話とネタ被ってどうする、私(笑)
そして、続きを書いてもいいよという許可、ありがとうございます(あ、こんな偉そうな言い方、ゆみのすけさんはしてませんからね(笑))張り切っちゃおうかな、エヘヘ…
本当にありがとうございました。

るんるんさん
あの入江くんが車酔いなんてこと、あるわけないし(笑)
全て琴子を守るためのウソ…ああ、いいのか、こんな入江くんを書いちゃって。
るんるんさんが仰るとおり、まさしくポーカーフェイスでずっと車中、琴子の手をニギニギしてたに違いないです(笑)

ぴくもんさん
ぴくもんさんもその話からのお付き合いでしたか!!
なんか過去を全て暴かれている気が(笑)
いや、暴いているのは私か(笑)
私もこの話書いていて、ちょっとテンションが上がっておりました♪

名無しさん
私も書ける日が来るとは思ってませんでした(笑)
ありがとうございます♪

藤夏さん
そう、私もこの話UPした後に院内恋愛、思い出しました!!(笑)
そういえば、そんなことを琴子に言わせた覚えが…あと入江くんはバツ1だか2にされていたような…(笑)
懐かしい~♪
全く読み返せないので、本当に懐かしく思えます。
そのハラハラドキドキを書くこと…かなり難しいです、はい。
でも最後まで頑張ります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/739-d123b98f

 BLOG TOP