日々草子 『東京の休日』あとがき&お詫びを改めて

『東京の休日』あとがき&お詫びを改めて

※現在使用不能なパスワードについての記載に、打ち消し線を引かせていただきました。


改めまして、『東京の休日』を読んで下さり、ありがとうございました。
先程最終話及びエピローグをUPした時は、時間に追われていてバタバタしていましたものですから、失礼なあとがきと説明になってしまい…こうして改めて御挨拶させていただくことをお許しください。

最終話とエピローグを分けたことには、きちんとした理由があります。
まず、『東京の休日』は名作と言われる映画を元に私がイタキスで、書いてしまったものです。

元にした映画、ご覧になったことのある方も大勢いらっしゃるかと思うのですが。
エンディング、少し悲しい終わり方ですが、でも素敵だと私は思います。
夢物語で終わらず現実の世界を感じることができ…現実を考えると「これはこうなるよね…」と思います。

なので、『東京の休日』も、映画の通りのエンディングにしてみました。
この後、コトリーナ王女は…キュウイチと結婚してどうなるのか…その辺も想像していただけると…違った面白さが(笑)

でも、私個人としては、ちょっと違う終わり方がいいなあと思ってしまいました。
これは実は書き始める前から「こういう終わり方がいいな」と思っており、やっぱり最後が近づくにつれ、その考え方は増すばかりで。

だけど、映画のファンは大勢おいでです。
しかも私が好む終わり方にすると…相当無理が生じます。

最初はパスワード記事になどせず、私のいいなと思った終わり方にて最終話としようかとも考えました。
でもやっぱり…色々考えて、二つの終わり方を用意した方がいいかなと思い、パスワード記事にしたのです。

パスワード記事にしたのは…普通の公開記事にてもう一つの終わり方をUPしてしまうと、「何だ、これ?」と思って読まれてしまう方が出てきます。
もし読まれた方が、映画の終わり方が本当に大好きな方で、それ以外の終わり方は嫌!という方だったら…きっともう一つの終わり方を読まれた後、「こんなの読むんじゃなかった~」と思われることでしょう。

パスワード記事にしておけば、映画のままの終わり方でいいと思われる方は、解かなければ読むことはありません。
もう一つの終わり方に興味を持って下さった方のみが、解いて下さって読んで下さればいいなと思い、パスワードをかけさせて頂きました。

内容は裏的なものは一切ないので、そういった意味ではパスワードをかけるという行為に批判が集まるかもしれません。

この場をお借りして、パスワードに対する私の気持ちをお話させていただきます。

パスワード、私の場合はクイズを出し、その回答をパスワードにしております。
これは…少しでも楽しんでいただけたらいいなあと思ってのことです。
決して解けない方をバカにしているわけではありません。

「難しい」というお声も過去に何度も頂戴しました。
だけど…はっきり申し上げて、比べ物にならないくらい、難しいパスワードは他ジャンルにおいて山のようにあります。
私も解けずにいまだ苦しんでいる一人です。
本当に…何十回も挑戦してもいまだ解けず(笑)

でもだからと言って、設定された方を恨むことはないです。
もちろん、解けないからといって「時間を無駄にした」なんて思ったこともありません。
逆に感謝するくらいです。
「凄い、楽しい!!」とまず思います。ワクワクするんですよね。「答えは何だろう?」って♪
私がクイズ好きだからなのかもしれませんが…解けた時、見つけた時は本当に大喜びしちゃいます。
解けなかった時は…「すごいな、こんな難しいの考えられるなんて!!」と唸ってしまいます。

もちろん、パスワードの設定方法(問題がどこに隠されているのかを探すことから始まる、問題が既に出ていてそれを解く…等)も、設定される方のお考え次第だと思います。
解けないから、見つからないといって、文句を言うことも…ないですし、失礼だと思います。
そりゃ、私も「教えてくれないかなあ…」と思うことは何度もあります。でも「質問は御遠慮下さい」と書かれていると、それがその方のお考えなのだから、それに従おうと思い、頑張ります…解けないけど(笑)

私がクイズ方式で設定しているのは、こういうユーモアが分かる方と一緒に楽しめたらいいなと思ってのことです。
それにクイズだと、答えが見つかれば誰でも入れるし^^
内容もそんなに難しいことは考えていません。

だって…私自身、そんな知識持ち合わせていません!!!(笑)

大体、その話に合った言葉を探すことから始めます。
「ああ、この時代はこんな人がいたな」から始まり、「この人と言えば、こんなことが浮かぶな」と続き…で、連想したものをパスワードにしています。
過去に解いて下さった方なら頷いて下さるのではないかと思います。

今回もそんな感じなので、難しくはありません。
辞書を何冊もひっくり返したり、本を沢山広げて考える…なんてこともしていません。
だからそうしないと解けないようなものでもないです。
だってそんな知識、ないですもん、私自身(笑)

ただ今までローマ字入力にしておりましたが、これ、人によって打ち方(ヘボン式とそうじゃないもの)が違うと…答えが合っているのに…ということがしばしば起こりました。

なので、今回は初めて英語変換にしてみました。

決して強制ではありません。
その証拠に、これまでもパス記事を読まないと先が分からないといったことにはしておりません。
なので解かれるのも、解かないのも本当に自由です。
それだって人の好き好きですものね。

何回も変更するのは…その話に沿ったパスワードの方がいいかなと思うこと、そして皆さまの退屈しのぎにでもなればいいと思うこと、過去のパスワードを解けなかった方にも解ければいいなと思うこと、そこからです。
今回は前回設定した時と、そう間があいていないため、何度もコロコロ変わると思われる方も多いかもしれません。
そういう事情からパスを変更していることを御理解いただけたらと、勝手ながら思います。


お時間があり、映画と違うエンディングでもいいと思われる方は、ぜひ挑戦していただければと思います。

パスワードのヒント、まとめます。

・『東京の休日』の元になった映画で、ヒロインの相手役を務めた俳優さんがいます。
・この俳優さん、超有名な賞を受賞しています。その受賞した作品で演じた役柄をまず探してみてください。
・そしてその役柄に関係のある言葉(名詞です)を英語に変換したものがパスワードです(スペース、・などは入れずに入力してください)。
・イタキスの原作にも、そのパスワードの言葉(もちろんこちらは日本語です)が、実は出てきます(琴子ちゃんがそれを話題に誰かと話している場面が登場します)。なので今回のパスワードにしてみました。
 映画がよくわからない方は、イタキスの中で探してみて下さいね♪
・専門用語ではありません。誰もが一度は耳にしたことのある言葉だと思います。

勝手ながら、パスワードに関するご質問、御批判はご遠慮いただけますようお願い申し上げます。
そして、映画の終わり方が何より大好きだと言う方、それ以外の終わり方は認めない、たとえ映画を元にした二次でも、と思われる方は絶対に読まれないよう、お願い申し上げます。
これまでパス設定すると「難しいけど、楽しかった」「家族みんなで考えた」という、結構好意的なお言葉も沢山頂戴しています。何よりそれが嬉しいです♪

本当に遊びです。
ユーモアで解いて頂けたらと思います。
楽しんでいただけることが目的なので、本当に楽しんでいただけることだけを願っております。





本当に本日、いえここ数日の失礼な態度は申し訳ございませんでした。
心よりお詫び申し上げます。

『東京の休日』、最後まで読んでいただき、そして拍手とコメントをありがとうございました!!
心よりお礼を申し上げます。
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

私も水玉さんのパスワード、毎回楽しみに解いております。今回は英和辞書片手にガンバリました!娘が何やってんの?って怪訝な顔をしてましたが、解けた時の快感!ヒントもとてもわかりやすいし、でもヒントを見ずに解けた時の快感はなんとも言えません!

う~ん
まだ、解けないけど、すっごく楽しいo(^-^)o
ありがとう水玉さん。

水玉さんのお気持ちは、毎回パス設定される度に
よく伝わってきていますよ♪
大丈夫!!安心してください!!!

パスクイズ楽しいです

水玉さま、久しぶりにコメントいたします。茉奈です。(ケータイからだとうまく名前が入らないことがあるみたいなので…)

クイズ楽しいですよ!内容に合わせてちょっと捻ってあるところなんて私は大好き!
てゆうか、失礼な態度…?は?なにが?って気分です。
いつでも礼儀正しく大人の鑑だと思います。見習わねばと…

東京の休日のちょっと切ない終わりもいいけど、水玉さま渾身(笑)のエピローグも是非読みたい!
パロディは内容をカスタマイズしてこそだとわたしは思っていますので(だってまんまだと内容まるわかりですもの。水玉さまの場合はそれでもイタキス要素満載で笑えて大好きです!)いくら思い入れが強い映画であってもラストや中身が変わっていても平気です。
むしろ作者の方のテイストにどう染まるのか見るのが楽しみ♪

ところで一つだけ質問なのですが、パスワードの入力は小文字でよろしいでしょうか?
お馬鹿なわたしはまだ解けないんです…

でも頑張って読みたいと思います!
それでは長々と失礼いたしました。

うーん

解けない(>。<)

水玉さんのお話は 某投稿サイトで初めて読んでから
大好きなので 欠かさず愛読させていただいてます。
コメントは 1度か2度した程度だと思いますが…(なんせ 筆不精なもので)
pass付きも 今までは 何とか解読できたのですが…
あっ 君がための時は解けなかった(笑)
今回は ちょっと無理かも と弱気になってます。
と 言うのも 私 英語がダメなんですよ(苦笑)

でも 頑張って解いてみます。
それでも ダメなら どうしましょ?

水玉さんに お願い!!
今度 pass付ける時は ぜひ 日本語で…
なんて  

でも pass探しは 楽しいので それだけは伝えたくて
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク