2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.12.07 (Mon)

Daddy Long Legs 2


【More】


琴子が通うことになった斗南女学校は、名家の令嬢が通うことで有名な全寮制の学校である。
「こんにちは!」
お嬢様と一緒に生活していけるか心配しつつ、琴子は宛がわれた部屋の扉を開けた。
「こんにちは。」
そこには美人が立っていた。どうやらこの美人が同室らしい。
「あなたが、相原琴子さん?」
その髪の長い女性が琴子へ訊ねた。琴子が頷くと、
「よろしくね。私は松本裕子よ。」
とおざなりな挨拶をしてきた。
「よろしくお願いします。」
いかにも“令嬢”という雰囲気が漂うこの美女に、琴子はたじろぐ。だがそんな琴子に気を止めることもなく、裕子は自室へと入ってしまった。
―― やっぱりお嬢様は付き合いにくいなあ。
内心溜息をつく琴子。

「ねえ、アナタ。」
背後から聞こえた声に、琴子はビクッとする。それはまるで…地の底から聞こえてきたかのような、低い声だった。そうっと振り返ると、そこに立っていたのは声からは想像ができないこれまた美女。
「アタシも同室なんだけど。」
そう言って、今度の美女は手を差し出す。
「握手よ。これからよろしくね、アタシは桔梗幹。モトちゃんでいいわよ。」
「相原琴子です。よろしく。」
琴子も手を握り返した。どうやらこの美女は付き合いやすそうである。少し安心する琴子だった。

その晩、琴子が寮へ到着した報告をあしながおじさんへの手紙にしたためようとしていた時、部屋のドアをノックする音がした。
「琴子!」
「ど、どうしたの?モトちゃん?」
既に“琴子”、“モトちゃん”と呼び合う仲になっていた。
幹は美しい目に涙を溜めて、琴子へ抱きついてきた。
「アタシ…どうやらホームシックになってしまったみたいなの。」
「ホームシック…?」
頷く幹。
「家を離れるなんて初めてなんだもの…。昼は結構楽しく過ごせそうと思ってたんだけど、日が暮れるともうだめ!星を見ては家族を思い出してしまうの!」
そう言って、幹はワンワンと琴子の胸で泣き始める。
「琴子は…大丈夫なの?」
「大丈夫って?」
「家が恋しくならない?」
家と聞き、琴子が思いだしたのは…大蛇森院長の顔だった。
―― あの人の顔が見たくて泣きたくなんて…なるわけない!
やっと孤児院から出られてスッキリしている。あの院長のネチネチとした喋りを聞くことのない場所へ来ることができて、正直、琴子は万歳三唱したい気分だった。
「私は…大丈夫。」
「そうなの?アンタ…強い子なのね…。」
結局、その後幹は1時間泣き続けて琴子の部屋を出て行ったのだった。


『…あの院長が恋しくてたまらないなんていう人がいたら会ってみたいものです。』
そこまで読み、直樹も大蛇森院長の顔を思い出した。確かにこの点だけは、琴子の意見に賛成だと思う。

『寮で同室になった桔梗さんなのですが…何と驚くことに、この人は…男性なのです!』

「はあ!?」
読みながら、椅子から転げ落ちそうになる直樹。
「男が…なんで女学校にいるんだ!?」
続きに目を走らせる。

『何でも“間違えて男に生まれてしまった女”らしいです。桔梗さん…モトちゃんの親御さんが女学校に頼みこんで、女性として入学させてもらったとか。女学校もいくら名家の娘(息子)とはいえ、やはり普通のお嬢様と同室にするわけにはいかないから、孤児の私と同室にさせたのでしょうね。孤児とオ○マ…不思議な巡り合わせです。』

「これはまた…何と申していいか。」
直樹から手紙を読ませてもらい、渡辺も驚く。
「松本様のお嬢様とも御一緒なのですね、琴子さん。」
「ああ。」
松本家と入江家は付き合いがある。なので直樹も裕子の顔は見知っている。
「彼女の優秀さが、少しでもこいつに影響してくれるといいけどな。」
そうでないと、学費を援助している意味がないと直樹は言う。


だが、直樹の願望は今の琴子には届いていなかった。
琴子は初めて見る外の世界にすっかり夢中になってしまい、勉強どころではなかった。同室の幹がおしゃれに詳しかったこともある。

「え、このリボンくれるの?」
「アタシにはちょっと子供っぽいのよね。琴子なら丁度いいかなって。」
つまり子供っぽいってことかと琴子は思ったが、でもとてもかわいいリボンなので有り難く頂戴する。
「アンタ、もっと髪の毛を可愛くしましょうよ。」
琴子の髪は二つに分けて編んだだけのもの。
「ただ三つ編みするだけじゃなく…ちょっと工夫して。」
そう言いながら、幹は琴子の後ろへ回り、サッと髪を解いてしまう。そして両耳の上からすくい、一つにまとめ、リボンで飾る。
「これだけでも可愛いし、ここからお下げにしても可愛いわ。ね、ちょっと違うでしょ?」
手鏡を渡され、琴子は覗きこんだ。幹の言うとおり、少し手を加えただけでかなり違った印象に見える。
「アタシ、こうやって人のおしゃれを手伝うの大好きなの。アンタのことも綺麗にしたげるわ。…すごくやり甲斐がありそうだしね。」
幹は楽しそうに笑った。

こうして琴子の学校生活は始まったのだった。
勿論、おしゃれだけではなく、まじめに授業も受ける琴子。
―― 学校に行かせてくれたんだもの、頑張らないと!
熱意だけは人一倍あるのだが、あまり勉強は得意ではないので…残念ながら学力は下から数えた方が早い感じだった。

楽しい学生生活を過ごすにつれ、琴子の頭によぎり始めた思い。それは、
―― あしながおじさまは、どんな方なのだろう?
という思いだった。
最初は別にどんな人間か知らなくてもいいと思っていた。が、こんなに楽しい日々を贈ってくれた人物に、次第に興味を琴子は持ち始める。
―― 会ったことも、話したこともない私にここまでしてくれるんだもの。
そこで琴子は、こんな手紙を送った。


「…何ですか?これは。」
今日も届けられた手紙を見せてもらい(というより、二人で読むことが最早当然のようになっていた)、渡辺は声を発した。
「該当する部分に○をつけて、返送しろだとさ。」
直樹は同封された、女学校の住所が書かれた封筒をヒラヒラと渡辺へ見せる。
その手紙には、

*****
あてはまるものに○をつけて、送って下さい。
 あしながおじさまは、
 1.頭が禿げている(または、数本の毛を毎朝大切にブラッシングしている)
 2.入れ歯が噛みあわなくて、話をすることが困難だ。
 3.加齢臭が気になり、人と会いたくないと思っている。
 4.その他                            
*****


読みながら渡辺は笑いを堪えるのに必死だった。どうやら琴子は直樹のことを、相当年齢が高い人物だと思い込んでいるらしい。
しかし、○をつけるだけの文章を書いて寄越すとは、なかなか考えたものだと、渡辺は感心する。

「お返事は?」
「書くわけないだろう。」
直樹は冷たく言うと、その手紙を返信用封筒と一緒に、元の封筒へしまい、引き出しへ放り込んだ。
「ここまで書いてくれたのに?」
あまりに冷たいのではないかと言わんばかりの渡辺に直樹は、
「元々、正体は追及しない、返事も出さないという条件で学費を出しているんだからな。」
と素っ気ないことを言った。
渡辺はきっと返事を心待ちにしているであろう琴子の姿を思うと、胸が痛くなった。

「お母様からだわ!」
裕子がポストを開け、弾んだ声を出す。
「アタシもお父様から!」
幹も手紙を手に喜んでいる。
琴子はそっと自分のポストを開けてみた。…何も入っていない。
「あそこまでしても…お返事はなしか。」
家族からの手紙を喜ぶ友人たちを見ながら、琴子は溜息をついた。

「やっぱり…後見人は…家族ではないものね。」
どんなに禿げていても、加齢臭がきつくとも、それでも自分の態度が変わることはないのにと思う琴子。勿論、正体を追及しないという約束を破ろうとしている自分も悪いとは思う。
だが、
―― お返事、一度でいいからくれないかしら?
琴子はそう思わずにはいられなかった。












☆あとがき
前回はたくさんのコメント&拍手、ありがとうございました!!!
そんなコメント&拍手にお応えできるか…自信は皆無ですが、頑張って続きを書いてみました!
関連記事
23:30  |  Daddy Long Legs  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

連続で更新有難うございます。
琴子の新しい生活が始まりましたね。
寮生活での同室が、もとちゃんと裕子だなんて、
ラッキーなのかアンラッキーなのかこれからの展開が、
待ち遠しいです。

松本裕子と入江くんは面識があるのでしょうか?
入江くんの年の設定はやはり年上ですよね。
孤児院の理事になるくらいだから10歳ぐらい上かな?

お話を読んで色々と妄想をふくらましてしまいます。
次回が楽しみです。
りきまる |  2009.12.08(Tue) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

★男の子?

モトちゃん登場!最初今回は、モトちゃん念願?の女の子?なんだと読み続けて?ん!やっぱり男の子なのね(当然?)

これから、モトちゃんと松本嬢との学園生活&直樹、渡辺コンビの琴子との距離が、楽しみです。

あしながお兄さん?いつか絶対に返事書いてあげて下さいね!

kobuta |  2009.12.08(Tue) 00:54 |  URL |  【コメント編集】

★お手紙欲しいよね!

水玉さん、おはようございます。
部屋は松本女史と幹ちゃん。
でもモトちゃんは男の子なんですが。
琴子を変身させていくのが、モトちゃんの役どころかなぁ。
勉強の方は松本女史でと。
でも今の琴子はあしながおじさんが気になるようですね。
手紙にあしながおじさんの正体が知りたいから、質問を書いて
出していますね。
でも、直樹は無視ですね。
みんなの許には家族から手紙が届くのに、琴子には誰からも届かないのですね。
切ないです。あしながおじさん手紙ぐらい書いてあげてもいいのではと。
でも後見人だから仕方が無いのかと、諦めモード。
これから女史とモトちゃんこの二人の存在でどんな変貌を遂げるのか楽しみです。
tiem |  2009.12.08(Tue) 06:56 |  URL |  【コメント編集】

★新作♪

イリコト×あしながおじさん!!楽しみですぅ。
渡辺くんが出てきてうれしいです^^。(渡辺くんファンクラブ会員なんで)
そして、モトちゃん。。モトちゃんも大好き!
松本裕子に他…どんなキャラがどんな役で出てくるのか…うーん気になる。。それにしても毎回、水玉さんの考えるキャスティングには拍手喝采です。まさにドラマで言うならば名プロデューサーです!

ここでなんですが…琴子が手紙を出すことになったきっかけ、、
大蛇森がどうしても直樹にお礼をしたくて、、でも何もかも断られ最後苦し紛れにだした条件?で折り合ったのか??なんて妄想。。
原作では、本人が条件を出すけど…直樹はありえないし。
ただ、、その手紙が二人を近づけることになるのかな??
二人がどんな場面で出会うのか…そしてそのあと…今後の展開を楽しみにしています!!
なおき&まーママ |  2009.12.08(Tue) 11:39 |  URL |  【コメント編集】

★あしながおじさん!!

水玉さん、こんにちは。
新しいお話が始まっている!!
恥ずかしながら(本当、いい歳なのに・・・)原作を知らないので、水玉さんのあしながおじさんがこれから私にとってのそれになりますっ。

渡辺君、秘書にぴったりですね♪(でも本当は執事か)
そして、水玉さんのお話に不可欠な(笑)大蛇森ww
相変わらずイヤな奴!でも。こうでなくっちゃ。
モトちゃんも毎度ゝいい味だしますね!
゜間違えて男に生まれてしまった女゜として、女学校に入れてあげる両親、それを受け入れる学校、ともにステキです~。

続き、また楽しみにしていますね!!
ぴくもん |  2009.12.08(Tue) 12:52 |  URL |  【コメント編集】

★新生活

更新、ありがとうございます。
モトちゃんと松本姉の登場ですね。お嬢様の松本姉と、ここでもオ○マのモトちゃん。ホームシックになったモトちゃんに、琴子は大丈夫?と聞かれても、幸か不幸か、あの犬猿の仲の大蛇森と離れられたのだから、ホームシックとは無縁ですよね。
そして、あしながおじさん@入江君に手紙を。
手紙を読む入江君を想像して、渡辺君じゃないけど、噴き出してしまいました。返事が来なくてガッカリする琴子。
これからの展開が楽しみです。
るんるん |  2009.12.08(Tue) 16:23 |  URL |  【コメント編集】

★でた~

初っ端から大蛇森登場でかなりテンションアップです(笑)

琴子と本家のジュディは全然違うから話がどうなって入江くんがからみだしてくるのか楽しみです!

しかし毎回題材チョイスが素敵です
まごみ |  2009.12.08(Tue) 17:43 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんわ。

水玉さまの新作がまた読めてうれしいです。あしながおじさんって昔BSで観たことあります。アニメでした。主題歌がとってもいい曲で大好きでした。入江君登場で、次の展開がとっても気になります。続き楽しみに待ってます。
ちーりん |  2009.12.08(Tue) 18:28 |  URL |  【コメント編集】

★ありがとうございます!!!

コメントありがとうございます。
皆さま、励ましのお言葉ありがとうございます!!

りきまるさん
原作は14歳くらい離れているので、こちらも一応年上設定。でも入江くんは20代です(笑)
結構好きなんですよ、年齢差の恋物語ってのが。
数年前にあしながおじさんを読み返して、すっかりはまってしまい、「10歳以上年齢が離れた漫画や小説、ない?」って探した覚えがあります。でもなかなか見つからなくて…

kobutaさん
モトちゃん、男の子の方が何か面白いかなって。それに彼女(彼)なら、女の子とルームシェアしていても絶対うまくいくはずだし!!
年齢からいうと、あしながお兄さんなんですねえ…でもお金持ち=老紳士ってイメージは健在ですよね。

tiemさん
「イタキス」でもモトちゃんは、琴子のバースデーの時におめかしを手伝っていたので♪でもメイクとかその辺の女性より上手そうですよね。部屋には高級な化粧水やら沢山揃えていそうなイメージ。
ていうか、デパートのコスメ売り場に売る側としていそう…(笑)
一番苦労しているのは「あしながおじさん」の主人公は成績優秀なのに、琴子は…っていう点です^^;

なおき&まーママさん
ありがとうございます!!
入江くんの相談相手?が必要かなと思って、渡辺くんを登場させてみたものの…なんかうまく書けなくて困ってます。
琴子のルームメイトは簡単に決まったんですけどね^^;
渡辺君は本当に人気があるんですね♪…ああ、ミスチョイス(泣)
その手紙を出すことになったあたり、お恥ずかしい話、私適当にしか考えておらず…頭の中は二人が出会ってから以降の話でいっぱいになっていたので。
例のごとく無理矢理理由をつけてしまいました。願わくば、1~3あたりはサラッと…あ、いや全編もう適当に読み流すか飛ばして下さい!!!


ぴくもんさん
いや…原作を御存知ない方に読んで頂く方が救われる思いです、こちらは(笑)
だって…もう原作逸脱していますし!!(涙)
なので、ぜひとも本家を読んで下さい!!圧倒的に本家の方が面白い(当たり前)!
琴子を嫌う人間って…大蛇森以外に存在しなさそうで(笑)琴子が唯一嫌う人間も大蛇森ですよね、そういえば(笑)

るんるんさん
手紙を一人で読むとあまりに寂しいかなあと…なので執事を出してみたのですが。
それに琴子とあしながおじさんの間を行き来するにも丁度いいかなあと。
でも敬語を使わせてみると、渡辺くんじゃないですね。これもまた「誰コレ珍百景」になってしまいました(笑)

まごみさん
本当にそのとおりなんですよ!!性格以外は天と地の差がありますもん!ジュディと琴子ちゃん。
そもそも琴子は…文才なさそうですし、本も読まなさそう…。
その辺から無理があったと今頃気がつき始めました(涙)
題材チョイス…次回はもっと無名作品(そんなのあるのでしょうか)にします。あ、次回がもしあったらの話ですが(笑)

ちーりんさん
ありがとうございます!
BSで再放送してたんですね!!じゃあ…当分ないかな(涙)
今はトラップ一家物語を放送していて、どうも今月中に終わりそうなので、ちょっと期待しているのですが。
すごい子供向けとは思えないラブストーリー仕立てだったことは覚えています♪


拍手コメントありがとうございます。
佑さん
もう…サクッサクッと進めています(笑)ていうか、早く二人を会わせたいというのが本音なのですが(笑)
この分だと、予定通り、そんなに話が長くならずに終わりそうでちょっと安心しています♪
ああ…そういえばガッキ―がいなかったわ(笑)ま、いっか。たまにはお休みで(笑)

さちさん
おお…ここにも渡辺くんファンが(涙)あんまり簡単に登場させてはいけない人物であることがよく分かりました(笑)。あの…話を重ねるにつれ、本家あしながおじさんを逸脱していくので…それだけは御承知おきください(切実!)
あ、でもモトちゃんの出番はちょっと多いかも…だってサリーの代わりだし(笑)となると…サリーのお兄さんは…お分かりになりますでしょうか?

まあちさん
本当、恩人とは思えない扱いをする琴子(笑)これじゃ送金をストップされても文句は言えないだろうって感じですよね。
質問に○をつける形式、面白いですよね。チラシで前にアンケートやった時にそう感じました♪ただ…結果を見る方はドキドキしますが(笑)

foxさん
ありがとうございます!!!本当にfoxさんを含め皆様に励ましていただいて…ちょっと浮上してきました。
ようやく3で二人を会わせる所まで進めることができたので…ちょっと頑張ってみます!
水玉 |  2009.12.09(Wed) 15:50 |  URL |  【コメント編集】

★〇をつけて...

水玉さん大、大、大爆笑ですよ~
1番も2番も3番も!!!ツボに嵌ちゃって笑いが止まらず
「早くご飯作れよ」って言う外野達に涙目で「これ!これっ!めちゃ笑える」ってことで家族がPCを覗きに来て 一緒にバカ笑してます。
私の楽しみがバレちゃいました。
娘が3番お父さんのことや~って指さして加齢臭が睨んでます♡
息子は爺ちゃん2番?・・って こら、爺さんには言うなよ~シィっ
私としては4番が気になりまーすね!!
大好きな幹ちゃんと渡辺くんがいてうれしい~です
ワクワク待ってます(*゚▽゚*)ワクワク
美優 |  2009.12.09(Wed) 18:03 |  URL |  【コメント編集】

★うそ~!!

美優さん
うそ!!御家族で楽しんで下さったんですか!!嬉しいです!!ありがとうございます!!
若い方に笑っていただけるなんて!!あたしもまだ捨てたもんじゃないってことでしょうか?(笑)
いや…本当にうれしい!!
でも…こんなものを読まれていることが御家族にばれて、美優さんの立場は…大丈夫でしょうか?ちょっとは気品のある文章にしてみた方が…いやごめんなさい、無理です(笑)
水玉 |  2009.12.10(Thu) 17:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/634-c7d4aa7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |