日々草子 天使と悪魔 あとがき
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

『天使と悪魔』を最後まで読んで下さり、ありがとうございますm(__)m

何とか15話で終わらせられてホッとしました!
この話も途中期間が空いてしまい、ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。

この話は日頃お世話になっているアリエルさんのリクエストを受けて書きました。
確かリクエストの内容は『“秘密”の続きでラブラブな二人を』でした…。

…はい。「どこが!?」っていう出来上がりとなってしまいました。
アリエルさんには土下座してもしたりないです。
しかも、自分から「何かリクエストあったら」と要求した結果です。
本当にごめんなさい。アリエルさん。
あの粗品2点+○○の夜でお許し下さい!

実はこの話は、元々は入江くんと子供の患者の触れ合いが書きたいなあと思って考えていた話だったんです。
それで少々付け加えて、何とかリクエストに添えれば…と思ったのですが。
…とんでもない方向へ話は飛んでしまいましたね。

しかも途中、「ん?どこかで書いたことある展開だぞ?」というようなことになるし…。

ちなみに、今回一番気合を入れたのが入江くんと薫くんの会話でした。

そして、ラストで薫が助かって「え?そんな簡単に?」と思われた方もいらっしゃるのではと思います。
私は人が病気で亡くなる話は好きではないんです。
フィクションの世界なんだから、ありえないと分かりつつも、やはり助かる話のほうが好きです。
だから小説やドラマでもリアルな医療物よりも、スーパードクターの起こす奇跡のような話のほうが好きです。
だって信じたいから。
私は医療従事者ではないので、医療のことは何も分かりませんが、分からないからこそ奇跡を信じたいんです。
一番最初、リクエストを頂戴する前に考えていた時は、実は薫は亡くなって入江くんが涙する…という展開を考えましたが、途中で変更ました。

という訳で、このような結末になりました。

と、今回も言い訳ばかりですね。すみません。

でも書きながら、
「これ、もう二人で神戸にずっといる設定で…」
とかすごいことが頭によぎったのも事実です(笑)。←反省の色、全然なし。

ところで、このブログ半年くらい続いてるのかなあと思ったら、まだ五ヶ月でした。
結構長くやっている気がしてたのですが、そんなものかと驚いています。

五ヶ月の間に、色々たくさん書いたなあとしみじみしつつ、最近思ったこと、それは、
「ネタ切れた…。」
と、
「長編、向いてないよ、私。」
ということです。
ワンパターンになりがちだなあと反省してます。

そして、一応、もう書きかけの長編はないと思います。

こんなワンパターンで幼稚な文章でここまで続けることができたのも、いつもコメントで励まして下さる皆様のおかげだと本当に思っております。
振り返れば、初めて投稿サイト様に投稿させていただいた時、あの初投稿にコメントを頂けなかったら、絶対に今、このようなブログなんて始めていなかっただろうと思います。

たとえコメントをいただけて、ブログを始めたとしても、ブログにコメントや拍手が頂けなかったら、間違いなく三日でやめてました(笑)。
それが五ヶ月…!
繰り返すようですが、本当にコメントを下さる皆様や、拍手ボタンを押してくださる皆様に支えていただけたから、続けられたということは間違いありません。
本当に今までありがとうございました!!!

色々と、今回も言い訳ばかりでしたが、『天使と悪魔』、読んでいただいてありがとうございました!
関連記事

 BLOG TOP