日々草子 カミングアウト その2

カミングアウト その2

時代劇に続いて、恐らく誰も興味を持たないであろう、私の趣味の話です。
間違いなく退屈なので、読まない方がいいです。
…時間の無駄になります(笑)

昨年、私は落語に出会いました。

夏は大銀座落語祭に、一人で乗り込みました。
その他落語会のチケットを取り、何度か高座を聞きに行きました。

きっかけ…
ミーハーでごめんなさい。朝ドラ『ちりとてちん』です。
しかも、最後の1週分しか見なかったのに、なぜかはまりました。

ドラマ自体は総集編しか見ていないのですが、このドラマで落語に興味を持ちました。

まず、聞いてみようと思い、図書館へ行き、桂米朝全集のCDを片っ端から借りる日々…。
しかも父親とCDをやり取りするように(笑)

「お前“地獄八景”借りた?」
「それもう借りた。お父さん、“はてなの茶碗”は?」
と、まあこんな感じです。

最初に聞いた落語が米朝さんだったのが幸運といえば幸運だったかも。
なんせ、人間国宝だし。

図書館でいろいろ落語関連の本とかも借りて、落語のネタとか夢中で読んでいたのですが、どこをどう歩んだのか、それがなぜか桂米朝の自伝を読み始め、果ては「桂米朝集大成」みたいは小難しい本まで危うく手を出すところに…(笑)

落語ファンから、米朝マニアへの道を歩むところでした(笑)
気づいたら米朝さんの家族構成まで覚えていたという…(笑)

そこへ大銀座落語祭ですよ!
絶対行きたい!とチケット争奪戦へ初参戦しました。

…なかなか取れなかった!
家の固定電話、私の携帯、母の携帯、合計三台を駆使しました。
家の電話にチケット予約に便利な機能があることを、初めて知りました(笑)

予約開始から1時間…お目当ての「ちりとてちんの落語をきこう」はダメだったけど、「京の噺をきく会」の部は奇跡的に取れた!
一人じゃ心細いわと乙女なことを言って、付き合わせる母の分、計2枚ゲット!

そして祭の1週間前…
母、ぎっくり腰にてダウン(^_^;)
当日は大分よくなったものの、エレベータの備わっていない地下鉄の駅(早くバリアフリーにせい怒))は無理、長時間座っているのも無理という状態。

…(自称)乙女、一人で行きましたとも!!

行ってよかったです。「チャンチャカチャカチャカ チャンチャン」で始まる番組でお馴染みのたい平さんや米朝さんの息子さんの今は襲名した米團冶さんの噺を、前から二番目、ほぼ中央の席で聞くことができましたから!

そしてこの祭りを機に私の落語道はどんどん進んで行きました。

桂吉弥さんの会も、何回もリダイヤルしてゲット!
CD買って、サイン会にも参加!
生まれて初めて頂いた有名人のサイン、吉弥さん(笑)!

桂米朝一門の若手による会も行きました!

…ここまでお話したとおり、私、上方落語にしかあまり興味ないんですよね。
いえ、東京の落語もCDやテレビで聞いてみたのですが…どうもあまり興味が出ない。
関東在住なのに(笑)。
東京の噺家さんで唯一好きな人は、五街道雲助さんです。←絶対誰も知らないです

桂米朝さんの落語は、本当に上品で、声も素晴らしく、聞いていて心地いいんです。
初めて耳にした落語が米朝さんで本当に良かったと思う。
これ、失礼ですが、最初に耳にした落語が、あまり上手なものでなければ、ここまで落語に夢中にはならなかったと思います。

私が好きなのは下ネタがあるのだけれど、「矢橋船」。下ネタが入ってくるのに、下品にならない。
そして面白い!
あと、「除夜の雪」も好きです。こちらはちょっとホラーありですが。

米朝一門ではありませんが、桂春團冶さんの「代書屋」もとても面白くて好きです。

いつか、大阪の天満天神繁昌亭に行ってみたいなあ…♪

あースッキリした!
私のくだらない趣味の話、もし読んで下さった方がいらしたら、ありがとうございます!
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

私も『ちりとてちん』見てましたよ♪私もドラマの影響を受けやすいタイプです(≧▽≦)観てる時はドラマに出来る《落語の話しの》場所に行きたいと思うんです(^-^) すぐ忘れちゃうんですけど(^_^;) 今はシジミカレーにシジミコロッケ・・食べてみたい 観てますか?(笑)

ありがとうございます!

yumikoさん、コメントありがとうございます(^O^)/
テキストではく、こんな趣味全開の記事に頂けるとは思ってなかったので、とても嬉しいです!

落語の話の場所…愛宕山とかでしょうか(笑)

今のシジミドラマは見てないんです~。
前回のダンスドラマまでは時々見ていたのですが。

朝ドラって、週末にまとめて放送してくれるので助かります。
そして、突っ込みどころ、すごく多くないですか?
「んな、バカな!」ってテレビの前で驚くことが多い(笑)

「ちりとてちん」は、私が(自称)乙女だったころ、恋愛ドラマで主役はっていたW.Eさんがお母さん役をやっていて、「彼女がお母さんをやるようになったかあ…」と別の意味で感慨深かったです^^

マニアックな記事を読んで下さってありがとうございました♪

おおっ!

落語!!!!!
水ちゃんは上方派なのね。アリエルは徹底的に江戸派なのよねぇ。そして柳屋小三治が大好きだわ。関西弁に馴染みがないせいと、江戸っ子弁が大好きってせいかなぁ。演目以前の問題だわね、お恥ずかしい(苦笑) 
アリエルは深く追求したことがないから、そんなに演目とかは知らないんだけど、親が落語大好きだったので小さい頃からなんとなく一緒にテレビで見てたなぁ。ちびのころは話の内容なんかわからないのに、あの絶妙な間とか仕草が面白くて、いつも楽しく見てた記憶がある。むしろ、今のお笑いより落語の方がずっと性に合う。や、今のお笑いも嫌いなわけじゃないし、見れば笑えるんだけどさ。同じ流れで、浪曲も実は好き。清水次郎長(←アリエルのちょ―ーーーーーーーー好きな人v-10)伝とか・・・て、題目はほぼそれしか記憶にないけど(笑) でも、股旅ものの浪曲は好きだわン。

いずれにしても、寄席に行ったことは一度(昔)しかないし、一生懸命追いかけてるわけじゃないので、趣味とは呼べないわね~(苦笑) あ、高校の時の芸術鑑賞会が立川談志の落語だったわ、そういえば。浄瑠璃(←ちょっと苦手・・・多分心中とか情愛ものだから)と、中村吉右衛門の歌舞伎も見たぞ!
長いコメントになっちゃったよ~~、あはは・・・

おお!落語ネタにまで食いついて下さるとは!
さすがアリエル!
コメントありがとう!

アリエルは江戸なんだね。
私は江戸の与太話っていうのがどうも苦手で…汗
同じ話でも上方はどちらかというと粗忽者な感じだからそこがいいのかも。

浪曲、一度テレビで聞いたことあるよ。
その時は牡丹灯籠だったけど。面白かった。
アリエルは次郎長が好きなのね!相変わらず渋いわ~

私は野村萬作の芸能生活70周年の記念の狂言の舞台を歌舞伎座へ母と一緒に行きました。もちろん、息子さんの萬齋さんもばっちり♪
昨年は、京都のお豆腐狂言、茂山家の舞台のチケットも取ったんだけど都合でいけなかったの…。

あ、歌舞伎も行った経験あり。吉右衛門の兄さんの幸四郎の舞台。
ただあまり知らない演目だったので、寝てしまった…恥

浄瑠璃は5分で爆睡だった。(←浄瑠璃愛好家・関係者各位さま、申し訳ありません)

水ちゃん、是非ともいつかアリエルの友人の日舞を見に行きましょう!きっとお好みに合うはず!!

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク