日々草子 入江直樹の3月14日

入江直樹の3月14日

カレンダーにわざとらしく貼られたハートのシール…。
それを見る度に、俺は気が重くなる。
そして、その日がとうとう、やってきた。

「あ、三月も半ばか!」
…何が、三月も半ばだよ。わざとらしい。
「早いね。今年も2ヶ月半過ぎたんだ。」
…言い方変えればいいってもんじゃないだろ。
俺は先ほどから投げかけられている視線に気づかないふりをしている。

「入江くん、今日は日勤だよね?」
…お前、それ昨日も言ってたよな?
「そうだけど。」
「偶然!あたしもそうなの!」
…偶然ね。俺のシフト確認した後、桔梗に泣きついて変わってもらったくせに。
「あ、そ。俺、そろそろ行くぞ。」
俺はコーヒーを飲み干して、出かける為に玄関へ向かう。
「あ、あたしも!一緒に!」
慌てて俺の後を追いかけてきやがる。

「あたし、今夜空いているんだ。」
どうやら、独り言のつもりらしいが、明らかに俺を意識していることは見え見えだ。
「じゃ、早く帰れば?用がないなら。」
「いや、今日は家に帰りたくない気分かなあと…。」
「じゃ、ネットカフェでも行ってろ。」
「そんな…。」
顔を見なくても、琴子が口を尖らせているのはよくわかった。

「ったく…。」
俺は病院に着き、琴子と別れた後、おもわず溜息を漏らした。
あいつはどうして見え見えのことをやるんだろう?昔からそうだ。
「入江先生。」
名前を呼ばれて、俺は振り向いた。
「おはようございます。大蛇森先生。」
「おはよう。」
今日は機嫌がいいみたいだな。ま、俺の前で機嫌が悪かった時はないけれど。
「今日は…何日だっけ?」
「今日は…14日ですね。」
あんたまで、まさか…。
「あ、そうそう。14日だね。今年も2ヶ月半過ぎたんだね。早いね。」
どこかの誰かと全く同じことを言わないでほしいのだけど。
「そうですね。」
とりあえず、この場は離れた方が賢明だな。
「じゃ、ちょっと行く所がありますので。」
俺は彼の気分を害さないよう、にこやかに断り、その場を後にした。

…今日はホワイトデーか。
バレンタインデーは、琴子が素晴らしきディフェンスを発揮し、俺をあちこちから遠ざけたため、お返しが必要な物はもらわずに済んだ。だからナースたちには何もやる必要はない。
大蛇森先生から…何かもらったっけ?
あの人からも確か琴子は俺を守ってくれていたはず…。

あ!
俺は昼になり、売店で買ってきた弁当を見て思い出した。

そうだ!
2月14日、大蛇森先生と幸か不幸か…昼飯を一緒に食べたんだった。
それ、確か奢ってもらったんだったな。

まさか、それがバレンタインデーの贈り物だったのか!?

まずい…。

だから今朝から思わせぶりな態度を…。

片目をつぶっていたのは、目にゴミが入ったからではなく、ウィンクのつもりだったのか…。

…何も用意してない。売店でキャンディーを一袋…ってわけにはいかないよな。一応先輩だし。
仕方ない。

昼休み。
俺は大蛇森先生を食事へと誘った。
「バレンタインデーにご馳走になったお返しです。」
そう言うと、先生は尻尾を振る犬のように、大喜びでついてきた。

「病院の傍に、結構うまいイタリアンの店があるんです。」
…と、桔梗が話していたと、琴子から聞いていたので、俺はとりあえずその店へ案内することにした。

「入江くーん!今からお昼?」
俺の姿を見つけて、琴子が後ろから声をかけてきた。
しかし、俺が大蛇森先生と一緒なのを見ると、露骨に表情を変える。隣をそっと窺うと、これまた露骨に嫌な顔をする大蛇森先生…。

こいつら、本当にどうにかならないのだろうか?

琴子もいい加減、俺をめぐって男と争うことが愚かだと気づかないのだろうか?

「今日は大蛇森先生と“二人きり”で昼を食べるから。」
俺は二人きりと言う所を特に強調して、琴子に告げる。琴子が茹で上がったばかりのほうれん草のように肩を落とした。
…ちょっと可哀想だが、仕方がない。

隣を見ると…誇らしげな表情を大蛇森先生がしている。
恐らく、天敵の琴子に勝ったと思っているのだろう。

俺はほうれん草の琴子をその場に残し、先生と店へ向かった。

大蛇森先生は、俺との食事を心より楽しんでくれた。
これでホワイトデーのお返しは済んだ…やれやれ。

一日が終わり、帰宅する頃になった。
当然、琴子が迎えに来るはず…が、来ない。
おかしいと思いつつ、俺は病棟へと行ってみた。
「あ!入江先生!今日はこれから琴子とデートなんじゃないですか?」
桔梗が不思議そうに俺に話しかけてきた。
「あいつは?」
「申し送りが済んだら、一目散に消えましたけど?」

…どこへ行ったんだ!?

「お前、本当にここにいるとは…。」
30分後、俺はネットカフェにいた。
目の前には、マンガを積み上げた琴子がいる。
「だって…。入江くん、ここに行けって言ったし。」
完全にいじけている。
「それに、あたしより大蛇森の方がいいんでしょ?あんなに機嫌良く喋ってたもんね。」
そう言うと、マンガを手に琴子は読み始めた。

いじいじした琴子を見ていて、イライラしてきた。
俺は琴子が座っている椅子の背もたれを掴み、グルっと勢い良く回す。
「わあ!」
と驚く声を出しながら、琴子はその場で三回転半回った。

「ほら!行くぞ!」
俺は琴子の手からマンガを取り上げた。
「え?」
「俺は腹が減っているんだ!さっさと来い!」
「う、うん…!」
琴子は慌てて大量のマンガを元の場所へ戻しに行った。しかも一度に持てないらしい。
一体何を読んでいるのだろうと思い、手に取る。
…『ゴルゴ13』。
結構頭に来てたな、あいつ…。

「どこへ行くの?」
琴子が俺に訊いてくる。
「和食の店。」
そう言ったが、琴子からは何も返ってこない。
「何か文句あるのかよ?」
「…大蛇森にはイタリアンなのに?」
どうやら、オシャレな店ではないのが不満らしい。
…なぜ、いちいち大蛇森と比べるんだ!?

「俺はイタリアンより和食が好きなんだよ。好きなものを好きな人間と一緒に食べたいんだ。」
途端に琴子の顔が輝いた。…ゲンキンな奴。
「そうだよね?入江くんは和食が好きだもんね!」
…やれやれ。

「それから…これ。」
俺は映画の前売り券を琴子に見せた。
「あ!あたしが見たいって言ってた映画!」
「…今日は何の日なんだ?」
「…ホワイトデー。入江くん、覚えていたの?」
バーカ。
あれだけ派手にカレンダーに印をつけてたら、嫌でも忘れねえよ。
「夜は長いし、明日は休み。食事の後見に行くから、いつかみたいにお前、絶対寝るなよ。」
「寝ない!絶対に!」
漸く、完全に機嫌を直したらしい。疲れる。

「入江くん、あたしと大蛇森、どっちが好き?」
「お前の想像に任せる。」
くだらないこと訊くなよ。
…比べられないっての!

-----------------------------------
★あとがき
遅くなりましたが…40000のキリ番を踏んで下さったはとぐみ様のリクエストです。
“ホワイトデーをテーマに入江くん視点で、大蛇森先生も、ちょこっと絡ませていただいて”
というリクエスト内容です。
ごめんなさい!こんな内容で…。
今日まで待っていてくださって、ありがとうございました!
…ちなみに、ネットカフェ(漫画喫茶?)、行ったことないので想像で書いていることを御了承下さい^^
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

深夜の大爆笑

ネットカフェって..ゴルゴ13って...(爆笑)
おなか痛いです(涙)椅子を回転させられてる琴子の顔が、顔がみえるぅ~!お腹もふくれた琴子はやっぱり映画館で.....。あぁ絵が見える。水玉マジック絶好調ですね。笑いすぎて眠れない(涙)

おなか痛いです!

水玉様、めちゃめちゃ面白かったです!
うちの会社、土曜日は交代制で人員半分くらいなのですが、今日はいつも以上に人気も電話も少ないんです。
そんな中、げんなりしている直樹を想像しながら笑いを堪えて百面相していたのですが、「ゴルゴ13」あたりで、顔を隠す為飲んでるふりをしていた味噌汁をあやうく吹き出すところでした(笑)

ゴルゴ13に噴いた・・・。琴子があれを読んでる光景はかなりシュール(笑)
  ↑関係ないけど、今「光景」が最初「口径」に変換されてちょっと噴いた・・・ゴルゴなだけに???(笑)
しかし、入江くんもなんと律儀な。大蛇森、入江くんに「二人きり」なんて言われて天にも昇る思いだっただろうね。琴子には地獄に落ちる思いだったみたいだけど。いじけてる琴子がかわいいわ(笑)
でもまぁ、なんだかんだで最後はラブラブでオールオッケー!楽しいホワイトデーテキスト読ませてくれてありがとう!リクエストしてくださったはとぐみさまにも感謝です!

ありがとうございます[i:63913]

水玉さま、ありがとうございました
すっごい素晴らしい作品で、感激です。
読みながら、その場面、場面が浮かんできて、おかしくて、楽しくて、特に、「ほうれん草琴子」大好きです。
大蛇森先生の登場シーンも、素晴らしい

花粉症でツライ思いをしてますが、吹き飛ばしてしまう位のパワーをいただきました。
ホントにホントに、ありがとうございましたm(__)m
これからも、楽しい水玉ワールドを、届けて下さいね

水玉さん、こんにちは。本日はホワイトデーです。琴子しっかりカレンダーに印を。直樹とのデートを目論んでいた琴子でしたが、そこに大蛇森先生です。先日のバレンタインに食事をしたことを思い出し、イタリアンへ。琴子ショック状態です。天敵ですものね。それも二人きりでと強調して言ったから大変です。琴子が迎えに来ない、一目散に退散したと。直樹はネットカフェに。琴子は一人でゴルゴ13を読んでいました。私より先生の方がいいんでしょうと、拗ねています。相当頭にきていたんでしょうね、ゴルゴを読むと言うことは。しかし直樹もイライラしてきて椅子を回しています。3回転半回ったようですね。俺の好きなのは和食だぞと、嫌いだからイタリアンだと。琴子納得です。そして好きなものは好きな人と食べると。もう琴子ニコニコです。その後二人で映画です。琴子の好きな映画ですが。大丈夫かなぁ。今日がホワイトデーだと言うこと忘れていなかったのだから。琴子これで満足でしょう。大蛇森先生もいやですね。催促するなんて。自分を直樹が好きだと勘違いしないようにして欲しいですね。いつまでこの二人直樹を挟んで攻防が続くのでしょうか。また水玉さんの書かれる大蛇森先生は本当に面白いですよね。琴子と絡むシーンも最高です。又次回楽しみにしています。

久し振りに禁断の携帯からこんにちわは後悔したぞっ!携帯握りしめて笑ってる30代ってどんだけ
キモイか分かる??^^;
バレンタインver.は原作であったけどホワイトデーver.はなかったもんね^^
水ちゃんのテキストで読めて良かったわ♪
はとぐみさんリクのおかげで感謝です^^

いじける琴子もかわいいけど今回の直樹にも撃沈しました^^こーゆう直樹が好きでたまらない^;

ツボ多すぎです

ネットカフェにゴルゴ13に大蛇森先生に・・・
笑いのツボ多すぎです!
もう~大好き♪

ゴルゴ13はもちろん大蛇森の事を「あんた」ってところからもう吹いちゃいました(^o^)丿
でも琴子はいいな♪ちゃんと入江君からお返しもらえて…
私は今日は寂しく一人居残りサービス残業(-_-;)
日付が変わってましたよ…でもその疲れがこのお話で吹っ飛びました!
本当にいつもありがとうございます♪

ここにもいますよ(笑)

携帯握り締めて笑ったり泣いたりする30代がここにいますよ(爆)さあやさん(笑)
ゴルゴ13・・・・
つぼです。
どうやったら、コンタクト取れるのかあたしも知りたい・・・・とりあえず、あたしもネットカフェにでも行って読むか・・・ゴルゴ13!!
万が一コンタクトが取れたら、大蛇森に制裁でも与えてみようかww琴子に変わって(笑)

井の頭線でうっかり噴出しそうになり、そしてまたパソコンにてぷぷっと吹きました。

ゴルゴ眉の入江くんと琴子の落書きが書きたくてしかたがありません~。ホワイトディなのにぃ(汗)

いつも楽しいお話をありがとう!水玉さま☆

水ちゃんここかりますよぉー^^

ヒロイブさんへ♪
お仲間がいて良かったですぅ^^
禁断の携帯(電車の中)からのこんにちわ♪
ヒロイブさんの言葉で解禁しようと思います^^
んもぉー痛いなぁ~(笑)

たくさんのコメントありがとうございます!

コメントありがとうございます

はとぐみさん
その節はいろいろと御面倒をおかけしました<m(__)m>
はとぐみさんのコメントを拝見して、ちょっと胸を撫で下ろしました。三人を絡ませて、直樹目線、ものすごいハードル高かったので、出来上がった後もこれでいいだろうかと、とても不安だったので…。はとぐみさんも花粉症なんですね。今仲間意識が出ました(笑)今がピークですがお互い楽になる日を待ちましょう(~_~;)
リクエストしてくださり、ありがとうございました!

さくやさん
仕事終了、食事で満腹、そして暗闇…映画館でこれだけの条件がそろえば後はお休みタイムまっしぐらでしょうね(笑)きっと原作の計画デートみたいにぐっすり入江くんの肩で眠りこけているに違いないです(笑)

きょまちゃんさん
ゴルゴ13…そんなに受けていただけるとは。
…よかった、滑らなくて(笑)滑るかもなと内心覚悟していたくらいです。

アリエルさん
テーブルに高く積み上げるほど、巻数が多い漫画はこち亀かゴルゴしかなぜか思い浮かばなかったのよ…。琴子、絶対読みそうもないなあと後からちょっと気付いたけど他に思いつかなかったので強行突破しちゃった!
口径…ゴルゴがアリエルのPCに乗り移ったのか(笑)

tiemさん
琴子vs大蛇森…こちらへ訪れて下さる方が「飽きた」と言われるか、または私が「飽きた」と言う時まで続きます(笑)ごめんなさいね。

さあやさん
ちなみにいじける琴子は、両膝を抱えて椅子をくるくると動かしているイメージなのよ♪
携帯からチェックしてくれてありがとう。マスクしてないから、笑うとばれちゃうのね(笑)私は今マスク女だからどれだけ笑ってもばれない~、これだけが花粉症の利点かも(笑)

ミルクさん
今ネットカフェってPCだけでしょうか?私はネットカフェ=漫画たくさん置いてあるというイメージなのでこう書きましたが…。
皆さん、ゴルゴ13受けてくれて助かりました^^

ラテさん
ラテさん、本当に私がひっそりと仕掛けた小ネタを見つけて下さり、笑って下さるのでうれしいです!貴重です~(笑)
入江くんって影で絶対大蛇森をあんた呼ばわりしているイメージなんですよね、私の中では(笑)

ヒロイブさん
そういや、どうやってコンタクト取るのでしょうかね?新聞の尋ね人とかに載せるわけにいかないし…何か裏情報があるのか?
ヒロイブさんもマスクじゃないから大変ですね(笑)

えまさん
ゴルゴ眉の入江くん!見てみたいかも!
こちらこそ、素敵な絵を見せて下さりいつもありがとうですよ!
絶対また(押しかけ)コラボしようね!

皆様、コメントどうもありがとうございました!

An

メールアドレス変えました、これ、面白いよね、犬は、琴子ちゃんで、大蛇森は、猿ですかね。
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク