2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.11.13 (Thu)

指導医は溜息をつく

「西垣くん、今度来る研修医の指導医、頼むよ。」
外科部長から研修医の指導を頼まれてしまった。医者も何だかんだ言って、縦社会だ。部長命令には逆らえない。
僕は部長から研修医のプロフィール等が入ったファイルを渡され、部長室を後にした。

【More】

「えーと、どんな奴なんだ?」
医局に戻り、僕はファイルをめくった。
名前…女じゃないなら興味ないな。どうせ初対面の時自己紹介してくるから、その時覚えればいい。
本当に面白くない。これが卒業したばかりの可愛い女性研修医だったら張り切るんだけれど男には興味がない。
「ああ、神戸で1年研修を受けているのか。」
ずぶの素人ではないらしい。卒業したばかりの研修医は役に立たないからな。まあ一から教える必要がない分、ましか。僕の仕事も少しは楽になる。余った時間をナースを口説き落とす時間に有効に使えそうだ。
うん、研修医を受け持つのも、たまには悪くないかも。
僕はパラパラッと目を通すと、ファイルを机の引き出しにしまった。

「おはよう。昨日は付き合ってくれて有難う。」
小まめな気遣い、これが円満なナースとの付き合い方だ。僕はいつもどおり、ナースと挨拶を交わしながら医局へ入った。
あれ?見慣れない顔がいるな。誰だろう?

「西垣先生でいらっしゃいますか?」
ようやく僕は思い出した。そうだ、今日は例の研修医が来る日だった。
…ふむ。顔を見ると結構いい男だな。僕よりは落ちるけど。背も…高い方か。でもこういう見た目に限って、血とか見ると貧血起こして倒れたりする情けない奴だったりするんだよな。
「今日からお世話になります。研修医の…。」
昨日のナースとの夜の思い出に浸って、僕は研修医の自己紹介を右から左へと聞き流していた。名前を言っていた気がするが、まあいいや。どうせすぐに分かるだろう。男の名前に興味はゼロ。
「よろしく。」
とりあえず、病棟に案内してやるか。いろいろ“申し送り”もあるしな。

「じゃ、歩きながら説明するけどよく聞いておいて。」
「はい。」
僕は急ぐこともないので、研修医のためにスピードを若干落として歩き始めた。
「まず、あそこにいるナースの○○ちゃん…。」
「はい?」
「あの子は先週、彼氏とケンカしてまだ仲直りをしていない。あまり機嫌が良くないから気をつけろ。」
「は?」
「それから、今、車椅子の患者さんと喋っている△△さん。あの人は2ヶ月に一度、髪型を変えるんだ。そこに気づいて誉めてやると、いろいろと便宜を計ってくれる。」
「すみません。」
「何?」
まだ大切な“申し送り”の途中なのだが。
「僕が担当する患者さんについての話とかはないのでしょうか?」

これだから、融通の利かない奴は困るんだよ。そんな話は病棟へついてからカルテとか見れば、いちいち僕が説明する必要はない。大切なのはナースとの付き合い方。これ以上の“申し送り”はない。こいつ、きっと中学の時から医者目指してガリ勉してきたから、こういう女性の心理を読む大切さが全く分かっていないんだろうな。そこは一から教えてやるか。
「そんな話は病棟に着いてからでいいよ。それから今僕に会釈した△○ちゃんは僕と来週の夜デートする予定だから、手を出すな。」
「…。」
「それから…。」
その後、僕は合計10人くらいのナースの名前を挙げ、注意点を研修医に説明していった。ま、これくらいで最初は充分だろう。後はこいつが場の空気を読んで、おいおい知っていってくれればいいこと。

そうだ、あの子のこと忘れてた!
「そうだ、最後にあの子のことを言っておかないとな。」
「あの子?」
「ほら、今ナースステーションで回診の準備している子、見えるだろ?」
僕は目当ての彼女を研修医に教えた。
「あの子、入江琴子ちゃんって言うんだけど…。」
そう、僕が一番今狙っている子。入江琴子ちゃん。ドジなんだけど何だかほっとけないんだな。他のナースに比べて、擦れていないっていうか、初々しいところがたまらない。
「あの子は絶対手を出すな。」
釘を刺しておかないと。研修医って奴はすぐに若いナースを持ってちゃうからな。

「俺が一番今狙っている子なんだ。もう少しで落ちる予定。あの若さでもう結婚していて、旦那が医者としてどっか遠くに単身赴任しているらしいけれど、ま、別れるのも時間の問題だから。どうせパーッと燃え上がって、若さの勢いで結婚したんだろうし。そういう夫婦ってのは、ちょっと離れるとすぐにダメになるものなんだよな。彼女の場合も間違いなくそうだろう。今頃、旦那は若いナース捕まえてイチャイチャしてるさ。それを知り、落ち込んだ彼女を慰めて、僕のものにする予定だから。」
おっといけない。あの子のことになると、ついペラペラおしゃべりになってしまう。

「それにあの子は専業主婦も似合うと思うんだよね。いいよね。あんな可愛い子が“お帰り”なんて家で迎えてくれるなんてさ。早く別れないかなあ。」
おい、研修医。僕の話を聞いているのか?僕は研修医の顔を覗いた。ちぇっ、表情一つ変えやしない。もしかして、こいつ大蛇森先生の仲間か?
「じゃ、僕は琴子ちゃんに回診を知らせてくるから。」
僕はナースステーションへと声をかけた。

琴子ちゃんはいろいろ準備に手間取り、後から病室へ来るらしい。
「大体分かった?」
一応、指導医として研修医の理解度を確認しておかないといけない。
「はい。」
聞いてたのか、聞いてなかったのか、よく分からない奴だな。
「あ、そうだ。」
指導医として、教えておいてやるか。
「細井師長。彼女なら手を出そうが、何しようが構わないぞ。さすがの僕も彼女にはちょっとね。独身だからお前が何しようが、誰の迷惑にもならないから。うん、師長なら空いているな。」
「…。」
よし、釘は刺し終わった。さ、回診、回診…。

それから病室で琴子ちゃんが合流。僕たちは回診を始めた。
今日の琴子ちゃん、ものすごくテンションが高くなっているな。患者さんとの会話から察するに、どうやら旦那と同じ病院で働けることになったらしい。あーあ、つまらない。そんなに喜んでも知らないぞ?旦那は今頃ナースといちゃついているんだから。しょうがないな、その時は僕が迎えに行ってあげるか。
とりあえず、今は回診、回診。

「ガーゼくれる?」
僕は琴子ちゃんに声をかけた。あーあ、もう地に足がついていないよ。しょうがないなあ…。
「ガーゼ!」
突然、研修医が大声を出した。病室内が静まり返った。
「お前、研修医の分際で…。」
研修医の分際で、しかも今日来たばかりなのに、ナースに大声を上げるとは!
「入江くん!?」
えっ!?今、何て言った?

その後、僕の目の前で繰り広げられた光景はスローモーションの映像を見ているかのように流れた。嬉しそうに抱き合う二人(正しくは琴子ちゃんだけど)…。
そういや、この研修医の名前、確か、確か…入江直樹!で、琴子ちゃんは入江琴子!単身赴任の旦那って、この男だったのか!

琴子ちゃんは病室で情熱的なラブシーンを繰り広げた後、慌てて神戸への赴任を断りに出て行った。
そして、僕と研修医は回診を終え、病室を出た。

「西垣先生。」
「え、何?」
僕は彼女の旦那の前で手を出すとか、ペラペラ喋っていたのか。ま、ジョークだよ、ジョーク。
「先ほどのお話ですけれど…」
「いやジョークだよ、ジョーク。赴任初日の君の緊張を解してあげようと思ってさ。」
大人の男は冗談の一つや二つも言えないと。そして分からないと。
「僕たちはパッと燃え上がって、若さの勢いで結婚したわけではありませんから。」
「分かってるよ、冗談だってば。」
「それから…」
おい、こいつ、何本気で怖い顔してるんだ?
「琴子に手を出すと…。」
僕は背筋に冷たいものが走った。
「先生をこの病院にいられなくするくらい、僕には朝飯前ですから。覚えておいて下さいね。」
おい、何だ、この研修医…!
「それでは、今日からよろしくお願いします。」
研修医はそのまま、先を歩いて行ってしまった。

…やっぱり、研修医の指導なんて、面倒くさいことこの上ない!



あとがき
西垣先生目線の話です。
西垣先生、ファンが多いから、バレないようにこっそりと載せておきます…。
入江くんの脅しが上手く書けなかった…(涙)
関連記事
18:15  |  入江先生vs西垣先生  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ガッキー頑張れ!

これもまた何て楽しい作品でしょう。
入江くんの脅しもまた‥。それに懲りずどんどんチョッカイを出して下さいね!西垣先生!

水玉さん、こちもぜひシリーズ希望いたします!
eamamadoor |  2008.11.14(Fri) 13:15 |  URL |  【コメント編集】

★ありがとうございます!

コメントありがとうございます!
ガッキー、書いてて楽しかったです。
何か思いついたら、ガッキーの話もまた書いてみたいと思います!
水玉 |  2008.11.14(Fri) 14:51 |  URL |  【コメント編集】

★西垣ブラボー

なんだか、たどり着きました。水玉さんのサイトに♪
いつも楽しみにしてます。某サイトにて・・・
これからはちょくちょくお邪魔いたします♪
にしても、入江君の牽制って・・・・マジで恐ろしいかも・・・いいところのお坊ちゃんだし・・・西垣先生一人飛ばすことなんてホント何でもなさそう・・・
これからも楽しみにしてまーーす。
ヒロイブ |  2008.11.15(Sat) 00:23 |  URL |  【コメント編集】

★ようこそ!

ヒロイブさん
お運びありがとうございます!
どうぞ、こんな所でよかったら足を運んでくださいね!

…彼の頭だったら、人一人飛ばすくらい簡単でしょう(笑)
水玉 |  2008.11.15(Sat) 09:14 |  URL |  【コメント編集】

(;゚∇゚)西垣先生?琴子ちゃんに、✋をダだしたら、本当に、入江君が、だまチャイないし?大変ですよ❗
なおちゃん |  2015.04.13(Mon) 11:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/3-1fbbca07

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |