2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.02.04 (Wed)

Congratulation!

あら!お久しぶりです!
この度はおめでとうございます!ウフフ!

【More】



長いこと待ったって感じですものね!皆さん、大騒ぎでしょ?
アタシも勿論、楽しみで楽しみで…。
でも大丈夫なのかしら?あの子が母親になるなんて…。想像できないんですよね。
オムツ替えたり、ミルクあげたりするところ…。
…そうそう!あの子、マタニティマークをバッグに付けてるんですよね?
あれ知ってます?もらってきたのは入江先生だっていうこと!
アタシ、見ちゃったんです。
この前、駅で入江先生が駅員さんから受け取っている所。声をかけようとしたら、早足で駅の外へ歩いていくから、どこへ行くのかなあって思って付いていってみたんですよ!そしたら…!
本屋さんに入っていったんです!ああ、何か買うのかなと思ってたら…。
どこのコーナーに行ったと思います?雑誌なんですけどね。
それが、「たまご○ラブ」が置いてあるコーナーなんです!ああいう雑誌のコーナーって女性ばかりでしょ?入江先生が来たら、周囲の女性客が色めきだってましたよ!
もう迷わず「たまご○ラブ」を手に取って、先生さっさとレジへ行っちゃいました!
生まれた後も「ひ○こクラブ」とか買うのかしら?
もしかして「たのしい幼○園」や「小学一○生」とかも…?
やだあ!想像したら笑っちゃう!
あ、勿論、アタシも生まれたら日参しますわ!もう今からベビー服とか見るのが楽しみで楽しみで…。
でも、赤ちゃんがアタシをママだと思ったら困っちゃいますね。
…こんな感じでいいかしら?うまく話せたか心配なんですけれど。


あ、先日はどうも。
あまりお話ができなくて…。
チンじゃない、入江くんもお母さんですか。
…大丈夫なんですか?
いや別に心配はしてませんけどね。ええ。
いつまで働く予定で…あ、ギリギリまでですか(チェッ!)
…いえ、なんでもないです。
あんまり働きすぎて体に負担がかかってもなと思いまして。
いやいや、そんな。同じ職場の人間として心配するのは当たり前ですよ。
…こうしておけば、入江先生の心証が良くなるかなあと。いえ、なんでもないです。独り言です、独り言。
それにしてもお母様は、本当に素晴らしい息子さんをお育てになられましたね!
どういう教育方針でお育てに…。ぜひ、生まれてくるお孫さんにも同じ教育を施してさしあげてほしいものです。
…間違っても、チンじゃない、入江くんには…。いや、失礼。独り言です、独り言。
どちらが生まれるのでしょうかね?女の子は父親に似ると幸せになるといいますが…。
え?チンチク…じゃない、入江くんに似てほしいんですか?…苦労しますよ?間違いなく。いや、独り言、独り言。
今度、ぜひまたお宅に伺わせてください。できれば、入江先生の部屋なぞ…いや、独り言、独り言。


とうとうこの日が来たんだなって感じです。
何だかんだいって、入江のやつはやることはやってたんですね。あ、同じこと考えていらっしゃいましたか?ハハハ。
それにしても、琴子ちゃんに似るといいですね。性格だけは。
いや、彼の性格は決していいとは…あ、そう思うって?僕たち気が合いますね。ハハハ。
しかし、琴子ちゃんはともかく、あいつは父親になれるんですか?
あいつが「いい子でちゅね。はーいパパでちゅよ。」とか言っているところ、想像できないんですが。
え?もし言ったらすかさず、録画するって?その映像はぜひ僕にも見せてくださいね。
ま、あいつが父親になったら、僕の時代ですね、やっと。
あいつがこの病院に来てからというものの、女性の視線はみんな独り占めでしたから。さすがに人の親にはみんな、目を向けないでしょう。これだけは安心だな。
あいつが誰かと浮気とかしてないかって?
冗談!
僕が琴子ちゃんと肩が触れただけで、こーんな目をして蹴りを入れてくるんですよ。
何ですか?あの独占欲は?
絶対琴子ちゃんに愛想つかされますよ。え?それはないって?まあ、そうでしょうね。
でも、生まれてくる赤ちゃんにヤキモチ妬くんじゃないですかね?
もしかして、
「俺も構ってほしいでちゅ」
とか言っちゃったりして!アハハハハ!
子供っぽいところありますからね、入江って男は。
そう思うって?でしょう?


「と、皆さん快く答えてくださったのよ。お兄ちゃんと琴子ちゃんは幸せ者ね!」
紀子はそう言いながら、テレビの電源を切った。
直樹と琴子は開いた口が塞がらなかった…。
「あの雑誌は琴子ちゃんが買ったのかと思ったら、まさかお兄ちゃんだったなんて!」
紀子はそう言うとフフフと笑った。
「…何をくだらないことを。」
直樹は溜息をつき、
「こんなことしてたんですか?」
琴子は顔を真っ赤にした。
「だって記念よ、記念!生まれてくる赤ちゃんにも見せてあげないと。あ、生まれてきた記念のプレゼントとして皆様にお配りしようかしら?」
「…やめてくれ!」

----------------------------------------------
☆あとがき
前後賞のお申し出がなかったので、30002番を踏んで下さったラテ様のリクエストです。
リクエストの内容は…黙っておきます。言ったら絶対に「違う!」って言われるから(^^ゞ
ラテ様、ごめんなさい。これこそ絶対ラテ様の想像と違っていると思います。
何かもう「お前にはキリ番リクなぞ、まだ早いわ!こわっぱ!」と、誰かから言われている気分です。
こんな未熟者に、リクエストしてくださってありがとうございます。
と、いうかリクエストさせてしまいすみません。

さて、読んで下さった方…誰がしゃべっているのか分かりましたか?
関連記事
16:16  |  直樹&琴子  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |