日々草子 熊野・伊勢への旅
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

熊野・伊勢への旅

旅行に行っておりました。
興味がある方は読んで下さると嬉しいです。





今回は熊野古道と伊勢神宮がメインのツアー旅行でした。

初日、大仙古墳。
なぜここが世界遺産に…。
当然のごとくあの鍵の形は上からしか見えず、ただ綺麗に整備された公園ですなあって感想でした。

大仙古墳



二日目、熊野古道をめざすところからスタート。
大門坂です。

大門坂

こちらもなかなか歩きにくい石段で、ひとしきり歩いたら汗がじんわりと…。
でもこれは序の口だったことを後に知るのです…。
母はこの後に控える那智の滝、青岸渡寺、熊野那智大社への石段往復に備えてバス待機。
この判断が正しかったことも後に知ることになります…。


こちら、那智の滝。
現地に到着して初めて気づきましたが、こちらの滝で私、日本三大名瀑をコンプリートしたことになりました。

せっかくだから動画でもと、そのときは何の気なしに撮影したのですが…帰宅後見返してみて、
動画で保存しておいて正解だった!!迫力がちゃんと残っておりました!

那智の滝


そして、青岸渡寺&熊野那智大社。
こちら、400段以上の石段を延々と登ります…。
もちろん、バスガイドさんが事前にかなりの段数登りますからね~無理しないで下さいね~と説明してくれておりました。
ちなみに今回のバスガイドさん、話がめちゃくちゃ上手で面白くて最高でした!!
いや、まさかこんなに…。

登っても、登っても到着せず。
ひとしきり登って角を曲がっても…「まだ登るの!!!」と叫んだ私です。
いや、最後の石段がもう駅のホームからの階段レベルの段数で。
膝の悪い母も頑張って登りました!!
元々、熊野那智大社は母が行きたがっていたからね。

すべて登り終え、青岸渡寺に到着した時は…手を合わせるのがやっとでした。
御朱印を書いて下さったお坊さんがおしゃべり上手で。
「神田神社の次ですね。関東のどちらからいらしたのですか?」
「○○県です。△△市の近くです。」
「ああ、◎◎寺があるところですか?」
「そうです、そうです(毎年初詣はそこです)。」
なあんて会話を楽しみつつ、御朱印をいただきました。
帰宅後に調べたら同じ宗派のお寺でした。

青岸渡寺は今工事中で写真撮影しづらかったのが残念でした。
ヘロヘロになっていたところ、座り込んだ母曰く、
「あそこの塔と那智の滝を組み合わせて撮るといいみたいよ。」
生まれたての子馬のような足プルプルで山の上から見た那智の滝をパチリ。

青岸渡寺


そしてお隣の熊野那智大社へ。
相変わらず生まれたての子馬のようなプルプルした足で参拝して御朱印いただいて写真パチリが限度。

熊野那智大社


そして登った分の石段を降りる…降りる…降りる…。

その後、伊勢神宮の外宮へ向かい、参拝。

外宮



翌日。
筋肉痛はふくらはぎに来てました。翌日来たということでまだまだ若いわ!と喜ぶ私。
そして内宮へGO。
こちらは外宮よりずっと広いです。

宇治橋からのぞむ五十鈴川。
写真では分かりづらいのですが、ちょうど白い鳥が川に舞い降りてきました。
縁起いいなあと良い気分。

宇治橋

五十鈴川




正宮への道。

内宮


正宮。こちらで日頃の感謝を込めてお祈り。

内宮(正宮)


その後、荒祭宮にて色々とお願い事。
伊勢神宮はこちらの荒祭宮でお願い事を祈るそうです。

荒祭宮


そしてせっかく来たのだからということで、母と一緒に御朱印帳を求めました。
実は今年から私も御朱印ガール(気持ちはガールなのだ笑)デビューしました。
偶然にも令和元年でデビュー、偶然にもお伊勢参りもするとなんか良い感じではないかと。
良きご縁、良きご縁…。
ちなみに先に外宮へ行ったので御朱印帳はそちらで求めました。
外宮の方は一頁目を内宮用に開けて書いて下さいます。

と、このような旅行でした。
一番印象に残ったのはどこですかと聞かれたら…青岸渡寺と熊野那智大社への石段!!!
思い出100%のうち90%がそこ(笑)だって体がしっかりとその苦行ぶりを記憶してるから!

とはいえ、伊勢神宮の内宮、外宮を参拝したのだから次は明治神宮だね~と母と話しております。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

たまちさん、ありがとうございます。

体調大丈夫ですか?
こちらのことは全然気にしないで下さいね。確かに、相手にあてて書く文章は好き勝手に書く話と違って気を遣いますし、体力や気力が充実していないと難しいものです。たまちさんの体調が一番大事ですからね。
そうなんですよ、本当に申し訳ないのですが…あそこが世界遺産になった理由が???
いろいろなツアーを見てるのですが、大体時間つぶしに使われているようです。
それがね、私も市役所から見るといいという話は聞いていたのですが…ガイドさんが言うにはあべのハルカスレベルの建物じゃないととてもあの形は見られないそうです。小型飛行機という手段もあるようですが地元に迷惑でしょうしねえ。
VRはいいかもしれませんね。

マロンさん、ありがとうございます。

私はいずれも初めてだったので、とても楽しい旅行でした。
やっぱり那智の滝は一番よかったですね。
まあ、あのあたりは体力も普段以上に使ったから体が記憶しているのでしょうけれど。
マロンさんのお住まいの近くもぜひ行ってみたいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP