日々草子 つらつらと
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

つらつらと

しばしの御無沙汰でございました。
ここ一カ月の状態やら、何であのお話を書いたのかとかその辺を取りとめもなく、つらつらと書いております。
よろしければ読んでいただけると嬉しいです。




更新もお返事もできないのに、お話にコメントと拍手をどうもありがとうございます。
ようやく花粉症もボチボチおさまってきたかな~ってところまで来ました。
と思いきや、この気候のせいで風邪っぽいような。

今年の花粉症はやられました。
どうせ診察してもらうなら、一番酷い状態の時を診てもらうかと言ったら「ひどいじゃないですか!!」って医者も悲鳴を上げるレベルだったようで、薬も変わりました。
その薬(ディレグラ)の効果絶大で、鼻は通ったのですが不眠に悩まされることになり、こちらも結構大変でした。

そのディレグラをもらうまで、3月下旬から4月上旬までが一番酷い時で、一時は起きているのがやっとというくらいまでいきました。
花粉症と軽い調子で言われても、やはりアレルギーはアレルギーなんだなあと実感。
そんな状態で、つい見ちゃったんですよねえ、『砂の器』。
この話のあらすじは知っているので、今回はどんな理由でお遍路するんだっていう興味だけなのですが。
原作通りの理由は映像不可能なので、どうしてもこうなっちゃうんだなあって感じでした。
そうなると、殺したくなっても…いやいや、だめなんだけど。でも警官(今回は養護施設の職員)が余計なことをしなければ殺されなかったんじゃないの?って思わずにいられないんですよね。
原作の犯人は同情の余地ないなって感じなんですけど、ここ最近のドラマ化された作品だと犯人も気の毒なんですよね。自分の責任じゃないのお遍路するはめになるし。そりゃあ生まれ変わりたくもなるし、他人になりすまして新しい人生を歩みたくなるのも無理ない。
今回のドラマも昔の中居版も、犯人の正体を見つけた警官(または施設職員)がそっとしておいてくれればなあって思わずにいられない。別に罪を犯して逃げ回った末になりすましているわけじゃないのだから、そっとしておいてやれよって感じ。

ちなみに今回のドラマんいは刑事役のヒガシの熱演に母と突っ込みつつ。
「歩き出した」「上司にお尻向けて話し始めた」「涙ぐんだ」と、「おいおい」って。

それで原作どんな話だったっけと図書館で借りて読んでみたら…花粉症で辛い気分が更にどんよりと。

そんな中、某バンドが解散するというニュースが入り…。
ああ、昔友達が「私はSofiaまでは許せるが、penicillinはだめなんだ!」とビジュアル系バンドを評していたなあということをふと思い出し。「“オーマイフレンド!”は許せるが“愛に気づいて下さい”はだめなんだあ!」と叫んでいたなと(分かる人だけ分かってくれればうれしい)。
そんでもって、その某バンドってどんな歌歌っていたんだと検索したらヒットしちゃった『ブラック・ジャック』のOP。ああ、これ私見てたわ!!と懐かしくなり、そういやブラック・ジャックってどんな話があったかしらんと電子書籍の試し読みをして、未掲載の話も調べて。
「ああ、結構救いのない話もあったんだった」とまたどんより。これ、図書館で今は借りてはいけないなとやめて、そんな中書いたのがあのお話です。
「水玉、今ブラック・ジャックにはまっているな」と思った方もいらしたかもしれませんが、そこまでいかないようストップかけました(笑)

で、花粉症辛いわ~きついわ~ってごろごろしてたら、コナンの映画が始まって。
「あらあら、今年はキッド出るんじゃないの!」
そう、私はコナンより怪盗キッド派なのです。ええ、見にいっちゃおうかしら、とか考えてちょっと浮上。

薬も効いてきて、今度はふとした拍子にはまったのが『きのう、何食べた?』なんですわ。
ドラマ化されるっていうんで試し読みして、すごい料理の参考になるなあと思ってドラマ見て、気づいたら…古本屋で大人買いしちゃったという。なかった2冊は定価で買ってしまったという。
最初は料理の参考にしようと読んでいたら、気づいたら二人の愛に…(笑)

まだ話は続くのです。
『きのう、何食べた?』を読んでいたら気になってなぜか母親に「『風と木の詩』ってどんな話だったっけ?」と聞くという。
「ああ、確か転校生が来て…どーたらこーたら」と母が話すのだけど、「それは『トーマの心臓』じゃないか?」と私が聞き返したら、「あれ?そう?」と、今度は母が本棚から自分が買った『トーマの心臓』を引っ張り出し読みだしております。
私も昨日ちょっと読んだけど、相変わらず難しいわ~。もうこれ、マンガじゃない、哲学書だわ。

というような春を過ごしておりました。
今はリハビリがてら書きたいなと思った話をゆっくりと書いているので、お付き合いいただけたら嬉しいです。



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP