日々草子 『アタリ?それとも…?』あとがき
FC2ブログ


『アタリ?それとも…?』あとがき

『アタリ?それとも…?』に最後までお付き合い下さりありがとうございました。
あとがきというか、私の思い出話になってしまいました。
時間が余っているよ~付き合ってもいいよ~という優しい方(笑)、どうぞお付き合いいただけたらと思います。



すみません、またもやダラダラ連載となってしまって。それにあとがきも今頃…。
あとがきは一応、自分のけじめとして書こうと思っているのでお付き合い下さると嬉しいです。

ええと、まずオリキャラの名前の由来ですね。
これは書き始めた当時…ブームだったんですよ。といっても一年通してブームだった気がします。
答えは将棋です。
当時話題になっていたものということで「このはげ―」を浮かべた方も多かったでしょうが(笑)、明るい話題ということで。
「渡辺天美」は当時の名人と竜王からそれぞれ拝借しました。男性だったので女性風に改名しましたけれど。
天美のヤン仲間の中村は中村王座から、同期の菅井は菅井王位からです。
ちょうど最終話を書いていた頃、永世七冠が決まったのも縁だな~と一人しみじみしておりました。
あ、さすがに「羽生」&「藤井」は使えませんでした。使ったらすぐにばれるから(笑)

「ハズレ…」の続編は書こうと思っていたので書き上げられてホッとしております。
本当はこれ、ema様の病院本に掲載させていただこうかと思いました。が、いかんせん長すぎる!!
指定されたページをはるかに超えてしまうことが早々に分かったので(1話書いただけで指定ページ数の半分になった)、こちらで連載ということにしました。

毎年2月、3月になるとネットで『看護師国家試験』がトレンドになるんですよね。どうやら試験と合格発表らしく。
それで追いかけて見ていると、本当に皆さん勉強されていて…。
が、春を迎えると絶望する言葉がチラホラと…。
あんなに勉強して合格して就職したのに、そういうことで退職しちゃうんだなと悲しくなったのがこの話を書いてみようかと思ったきっかけでもあります。
学生から看護師になる過程をブログとかインスタで追いかけると、看護師さんを見る目が変わります。
病院で働く看護師さんを見ると「ああ、この人も最初の1年を乗り越えで今こうして…」と親戚のおばちゃん目線になるくらい。

母が入院していた頃に印象的なことがありました。
その日私は担当医から母と一緒に説明を受けることになっていました。ただ先生の都合で夜7時過ぎになってしまうということで夕方から時間が来るのを待っていました。
それで7時過ぎに話を聞いて終わったのが8時過ぎ。
私が帰ろうとスタッフステーションの前を通りかかった時、人もまばらなそこにいたのが…
夕方5時過ぎに夜勤と交代しますと挨拶に来てくれた、日勤の看護師さん!!
あれ?今8時過ぎてるよ?あれから3時間経過してるよ~。
目を見張って彼女を見る私。そして「あんた、何でまだ病院にいるの!」と目を見張って私を見つめる看護師さん…。
お互い、「なぜそこに!?」という顔をしてました(笑)
お恥ずかしい話、私、看護師さんは二交代(または三交代?)きっちりしているから残業がないんだろうなと思ってました。
そのための交代制勤務だろうと。
実際は全然違くて残業だらけ、なくても上が帰らないと残っていないとまずいという感じのようで。
いや~激務になるはずだわ!

また外来の検査担当ではお腹が大きくてもう来月には生まれるんじゃというマタニティナースさんが、検査着姿で歩いていたし。
最初はそのマタニティナースさん、受付だったんですけれど、午後になると手が足りなくなったのか検査手伝っていたようで。
あのお腹で大変だろうな~としみじみ思いました。

そんな激務だから、きっと心をどこかに置き忘れちゃうこともあるのかもねという体験もあったし。
親族の入院を経験すると、職員の待遇と看護って比例するんかもしれないと思う時もあります。まあ、そりゃそうだよね。どこの業界も。
私自身が大昔、いたいけな(?)少女だった頃に入院した時はちょっと…な看護師さんでしたわ。
手術した傷が痛くて大変だった時、「ああ、ガーゼ外す時もっと痛いわ」と言い捨てて出て行った看護師さんもいたな…(遠い目)
まあ、私は命にかかわりのない入院だったからいいものの、母や叔父がそういう看護師さんに当たらなくてよかったと思ってます(これ以来、実は病院で看護師さんに話しかけるのは苦手)。
あとぶっきらぼうでちょっと怖い感じの若い准看護師さんがいたんだけど、明日退院する時に、
「水玉さん、明日退院ですよね。私明日休みなので挨拶に来ました。」とわざわざ来てくれたこともあって。人は見た目では分からないものだと思った初めての経験だ…。

まあ私のことはさておき、何となく流れ作業ぽいなあと思う時があるのは事情があるんだろうなと思いつつ、でも患者にとっては病院に通うこと自体、色々思う所があるのでそこは忘れないでほしいなあと思うのは勝手な考えなのかな?
とにかく、激務に見合った待遇をしてあげてよと思います。
本当、看護師さんの接し方一つで患者の気分って変わるんですよね。
今でも印象的なのは叔父の点滴チューブにものすごく時間をかけて、防水テープを貼ってくれた看護師さん。すごく丁寧で患者のことを気遣ってくれているんだなあと感動したのははっきりと覚えています。叔父が会話ができなくなった後も、きちんと丁寧に口腔ケアもしてくれました…。あ、今思い出しても涙が出てきた。
患者の立場で考えてくれる看護師さんはすごくいい看護師さんだと思います(看護的に正しいかどうかは分からないのだけれど)。


と、色々書きましたがまとめると「看護師さん、がんばれ!」というエールを込めて書いておりました。あと感謝も。
大変だとは思うけれど、患者の前では「白衣の天使」でいてほしいなあと。患者にとって心の支えになることは間違いないから。そのために待遇が改善されるよう祈っております。
この世に絶対必要な職業なのですから。介護と看護は!絶対なくちゃ困るお仕事なんだから!

話の内容はあくまで素人の想像の枠内なので、気を悪くされたら申し訳ありません。
読んで下さった方の気分が害されないよう、注意深く時間をかけて書いていたのであとがきをアップするのが遅くなりました。

最後になりましたが、コメントと拍手をありがとうございました。
私が不器用故に余裕がなく、コメントのお返事が出来ずに申し訳ありませんでした。
それなのにいつも書いて下さって本当に心強く、気持ちよく今回も完結させることができました。
皆様の優しさにいつも甘えさせていただいております。本当にありがとうございます。


最後までお付き合い下さりありがとうございました。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マロンさん、ありがとうございます。

こちらこそ、ずっとコメントありがとうございました。
マロンさん、その筋の方(なんちゅう言い方)なんですよね!いやあ、本当に受け入れられるかドキドキでした。
リアルといっていただけてすごく嬉しいです。誉めて下さってありがとうございます!
そしえゾロ目!!そうなんですか!それは知らなかった!
いえいえ、私こそ気にして下さってありがとうございますですよ~。
マロンさんもお体に気をつけて下さいね!

たまちさん、ありがとうございます。

こちらこそ、コメントずっとありがとうございました。
あ~そういう方がやめちゃうんですよね…勿体ないと止められるでしょうに。
そうなんですよ、ある程度事務的にならないと続けられない仕事だろうなあとは思うんです。精神的にも辛い事多いでしょうし。
でもやっぱり、ちょっとこっちの気持ちも理解してと思うときもあります。
割り切って割り切って割り切った末に、もうそういう目線になっちゃうのかもしれませんね。
きっと最初はそんな気持ちじゃなかったと思うし。難しいお仕事ですよね。

のののさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そうなんですよ、元は病院本のネタだったんです。これでいこうかと。そしたら長くなることが判明したので。
いやいや、その道の人間じゃありませんとも!マロンさんに誉めていただけて嬉しかったです。
あ、やっぱりのののさんもチェックしているんですね。
看護学生さんのブログは色々参考になりますよ。意外と多いのが、ママ看護学生さん!これは家庭との両立で大変だろうなあと感心します。
そっか、救命医のブログは私が未チェックでした!探してこよう!
でも、看護師さんのブログ読むと、イタキスの原作で入江くんが言っていたことも当たっているんだなあと思います。
色々辛い事が多いから生半可な気持ちでは続けられないお仕事ですよね。
そうなんですよ、イタキス二次、ナース率めちゃくちゃ高い!!笑
いつかお叱りを受ける日が来るんじゃないかとドキドキしております。
渡辺さんの元ヤンはなかなか面白いかなと。勿論、今まで勉強してなかった人間が受かるほど甘い試験じゃないので秀才設定にしておきました。基礎力と地頭があるという設定なら無理はないかと。
娘さん、頑張れ~!!!希望が変わらなかったら、数年後、娘さんは可愛いブックカバーを手作りすることになるでしょう笑またはのののさんが作ることになるでしょう笑←看護学生さんのSNS見ていたら理由が分かります。

紀子ママさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました!

もう,紀子ママさんのコメント読んで…朝から涙が出ました!
何だよ、それ!それは多忙を理由にしてやっちゃいけないじゃん!はあ!ふざけんな!!
「あんたの親にも同じ事できるのか!」って私なら怒鳴りそうです。でも…患者って人質に取られているようなもんなんですよね。
24時間付き添えないから、自分がいないときに何かされたらどうしようと思うと苦情も言えない辛さ…。
きっとその人も最初からそういう人じゃなかったんでしょうね。病院の体制とかもあるんでしょう。たとえ自分が「これはおかしい」と思っても上からそうしろと命じられたら逆らえないところもあるでしょうし…。でもひどいわ!!
私の友達、昔介護の職についていて…やめちゃったんですよね。お給料が低すぎるというのが一つと、あとは施設の体制に納得できなくて。自分がそれに慣れる前に辞めたかったみたいです。ただいつか介護職に戻りたいと言っていたので、そのお仕事が嫌いで辞めたわけじゃないみたいで。辛いことです…。
お父様、娘さんに優しくしていただけて本当に幸せでしたね。

shirokoさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そうなんですよ。病気になると心が弱るんですよね。
そういう看護師さんに会えたら幸せだと思います。
琴子ちゃん、あれだけ親身になってくれたら患者さんは元気をもらえそうですよね。実習の時からあんな感じで看護師になっても変わっていないし。
そうそう、とにかく読んでいて元気が出るんですよね。ただの恋愛漫画じゃないところもいいですよね。
このシリーズ、入江くんは出番が少ないけれどその分かっこよく仕上げております笑
変な嫉妬もしないし!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する