日々草子 『ガラスの仮面展』へ行ってきました

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ

 

最新コメント

最新記事



『ガラスの仮面』という少女漫画をご存知ない方に、とても簡単にご説明いたしますと。
まずこのチケットの写真をご覧ください。

garasunokamenten


左上に描かれている少女。彼女が主人公です。
何の取り柄もない平凡な少女(連載開始は14歳ね)の北島マヤ。
この子はドラマ、舞台等のお芝居のセリフや演技を一度見ただけで丸暗記、今風にいうと完コピできる才能の持ち主。
この少女がかつての大女優月影千草(チケット写真左下・バケツを持って立っている黒服の女性ね)に見出されました。

そして右下に描かれているのは、北島マヤのライバル、姫川亜弓(マヤと同年齢)。
映画監督と大女優の間に生まれた、幼少時からその美貌と才能を称えられてきたこちらも天才少女。


この二人が切磋琢磨しあい、月影千草が持つ『紅天女』の上演権及び主演をめぐって火花を散らし合うお話です。

…どうでもいいけど、何でこのチケット、月影先生を入れたんだろう?
マヤと亜弓の二人だけで十分デザインとして…ま、入れてしまったもんは仕方ないか(ぼそぼそ)

で、未だに完結を見ないこのお話の展覧会を見てきましたよ。えまさんと一緒に!

男の人が割と目立ったのが印象的でした。
このお話、スポ根要素がたっぷりなので男性ファンも多いんですよね。
私も子供の頃、友達のお父さんにガラスの仮面を貸し、そして私はそのお父さんからタッチを借りるということをしていたっけ。
友達(女性)はこのお話に興味がなかったけれど、お父さんは夢中になっていたらしい…。

本はもう手放してしまってだいぶ経つけれど、生原稿を見るとやっぱり思い出します。
「これは11巻のヘレンケラー」「あれは16巻の、マヤがだまされるところ」とか。

一通り見て思ったのは…マヤって体、丈夫だよね(笑)
演技のために顔をバシバシ殴られる、ボールぶつけられる、竹で体を固定される、嫌がらせで泥まんじゅう食べる、ガラス入りのパイを食べて口の中血だらけ、山に籠って野犬のごとき生活…。

ちなみにえまさんは「月影先生って閉じ込め系好きだよね」とボソッと呟いておりました。
そういや、冷凍庫に閉じ込め、物置に閉じ込め…。

そんでもって、紫のバラの人コーナーがあやしい雰囲気で設置されていました。
あ、紫のバラの人というのは主人公を影で見守る若社長、速水真澄って人なんですが。
この人はマヤを芸能界で売るために病気だったマヤの母親を隔離して、後日「行方不明の母と感動の再会!」とやる予定を立てていたんだけど、企みを知った母親が病院を抜け出して死んじゃうんです。
母親を殺したのはお前だとマヤに恨まれているわけですが、二人の間にはいつしか恋愛感情がというお話も同時進行しております、はい。
このような感じでマヤの舞台(どんなにチョイ役でも)には、お花を届けております。

murasakinobaranohito


顔よし、背も高い、仕事もできる、主人公に憎まれつつも陰で支える…少女マンガ界ではモテモテになるはずの高いスペックの持ち主なのに、どういうわけか私は魅かれないという(笑)

まあ個人では魅かれないけれど、マヤとはうまくいってほしいけれど。

そして紫のバラのコーナーの側に堂々と設置されていたのが『鷹宮紫織』コーナー(爆笑)
鷹宮紫織ってのは、この紫のバラの人の婚約者。日本の財界を牛耳る財閥の孫娘…そう書くとすごい人なんだけど、別な意味で今、すごいことに。
紫のバラの速水真澄に婚約解消を言われたら、自殺をはかり、そして寝ているベッドの上で紫のバラをむしりとり、そしてバラを高く積み上げてその上にマヤの雑誌記事を乗せて火を付け…あやうく自宅を燃やすことに。
それだけでもあきたらず(?)、紫のバラを浮かべた池に、自分が仰向けに寝て…。
ここまで書くと何やっているか分からない人だけど、そういう人です(笑)
でもこのシーンは美内先生はすごく楽しんで書いていたと思う(笑)
余談ですが池に浮いている紫織さんはガチャガチャでフチ子さんにされてました(笑)やっぱりネタ扱いなんだな。

ガラスの仮面は雑誌掲載時と単行本では中身がほとんど違っているという漫画でして。
私もえまさんも、十年以上前に雑誌でパラパラと立ち読みした記憶があり、
「亜弓さんが事故で目が見えなくなったストーリーを読んだ記憶が」
「それも単行本で削除されたんじゃない?」
「紫のバラの人として会いに行く途中、真澄さんが事故にあった記憶が」
「それもカットだね、きっと」
なんて会話を二人でしてたのですが…。
(削除だカットだと連呼しているのは私です(笑))

グッズコーナーにて販売されていた単行本をパラパラと二人でめくっていると。
「あ、亜弓さんやっぱり目が見えなくなっているよ!」
「え?なんで桜小路くん(マヤの相手役)、松葉づえ?」
「紫織さんも血だらけ…なんでみんな、怪我だらけに!?」
と二人で騒いでました(笑)怪我人勢ぞろいの痛々しい49巻だった(笑)
思っていた以上に話が進んでいて、しかも49巻は「早く続きを~」というところで終ってました。
確か50巻の発売延期されているところなんですよね。

今朝、テレビでガラスの仮面展やっていて美内先生がお話されていましたけれど。
「70代の人から私が死ぬまでに続きをと言われている」とか。
本当だよ、早く書いて!(笑)
でも美内先生の年齢を考えると、そう急かすことも酷かもと思うし。
70近くで目とか腰とか色々あるだろうに、そんな方に細かい作業を強いるのもとも思ってしまいます。

グッズの方は、劇団オンディーヌ(速水真澄が経営し、亜弓さんが所属している劇団)マシュマロと、泥まんじゅう(舞台でマヤがジャリジャリと食べたもの)のチョコフレークを買いました。

マシュマロは6個で亜弓、真澄、桜小路、小野寺先生、麻生舞、経営会社のマークがぞれぞれそれぞれ入っています。
ええと、小野寺先生というのは演出家でガラスの仮面1巻から出ている悪役の一人、麻生舞ってのは桜小路くんの元カノ(多分個数合わせに入れられたんだと思う)。
帰宅後に「マシュマロ、小野寺先生から食べていいよ」と母に勧めたら「そんなのいやだ」と拒まれました(ちなみに母もガラスの仮面は読んでいます)。
それで母は経営会社マークのマシュマロを選び、私は小野寺先生を選び。
テレビを見ていた母はまったくマシュマロを見ることなく、何と亜弓さんのをがしっと掴んでポイっと口に…。
「亜弓さん、食べちゃった!」
と私が叫んだら「え?ああ、気づかなかった!」と。
最終的に残ったのは、桜小路くんと真澄さん。
じゃんけんした末に、私が真澄さんをいただきました…。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紀子ママさん、ありがとうございます。

今ごろのお返事で申し訳ありません。
ガラスの仮面、本当に早く終わってほしいです。王家の紋章もすごいですよね。1巻の最初くらいしか読んだことありませんが…。
最終回は決まっているって、ゴルゴと一緒だなあ(笑)
そうなんです、年齢考えたら時間がかかるのはしょうがないのかもとちょっとだけ同情しました。
結構辛いお仕事ですものね。

まあちさん、ありがとうございます。

今頃のお返事で申し訳ありません。
白目が怖かったですか!確かに、最初は怖いかも。
でも今となってはネタにされていますよね~。
ストーリーでも主人公のお母さんが亡くなる場面や主人公が騙される場面は私、今でも読めそうもありません。
キャンディキャンディもアンソニーが亡くなる所はずっと読めないままでしたから。
いや、もう50巻以降で十分ですよ(笑)

童顔さん、ありがとうございます。

今頃のお返事で申し訳ありません。
完結してないんですよっ!そうそう、マヤの恋愛も最初は微笑ましかったのに…。
婚約者の紫織さんなんて怖さ通り越してギャグ状態です(笑)
バラの池に浮かんでいる場面は爆笑しかなかった(笑)
紫織さんも初登場は優しくていい人で、こりゃマヤもかなわないなと思ってたのですが、どうしてあんな悪女になるのか。
お嬢様を怒らせると怖い見本ですね。

たまちさん、ありがとうございます。

今頃のお返事で申し訳ありません。
そうなんですよ。
ガラスの仮面って今だったら色々問題になってそうだなと思います。
体罰バリバリですもんね。女同士でそれって…(笑)
マヤは好きなことだったら何の疑問も持たずにお腹にグーパンチされてもガラス入りパイ食べさせられても我慢できるんですね。
今読み返しても結構怖いような。
最新刊を立ち読みして思ったのですが、紫織さんの両親の影の薄さ…あ、いたんだって感じで笑えました(笑)

のののさん、ありがとうございます。

今頃のお返事で申し訳ありません。
そしてこのお返事を読んでいただいているか分かりませんが…三周年おめでとうございます!
自分の所のコメントのお返事もできていないのによそ様にしていいのだろうかと迷ったりしているうちにすっかりタイミングを逃してしまいました。
本当にごめんなさい。
続けて下さってありがとうございます。のののさんの存在は支えです。
ガラスの仮面、あの紫の部屋は入っちゃいけない雰囲気でした。レンタルビデオ店だったら間違いなく18歳以下禁止ルームだろうと(笑)
そうそう、初期の頃は私も頭に入っているんです。
イチゴ柄の相合傘とか中々微笑ましかったのに…ちなみに30巻の表紙が一番好きでし。
沙穂子さんと紫織さん、確かに存在はかぶっているのですが沙穂子さんはバラを浮かべた池に入らないだろうし、バラをブツブツ切らないだろうし、家に火を付けないだろうし(笑)でもそんな狂気な沙穂子さんも書いてみたい自分がここにいます。

マロンさん、ありがとうございます。

今頃のお返事で申し訳ありません。
何で法律事務所でガラカメのパロディ入れたんだか(笑)
でもおかげで展覧会へ行けたからいいか(笑)
確か演劇大河ロマンという触れ込みだったのに、どうしてギャグ扱いされているんでしょうね。
昔のストーリーは笑えないのですが、最近は原作者ご本人もギャグだと思って書いているんじゃないかと思う場面が多々あります。
そうなんですよ、とにかくファンが読めるうちに終わらせてほしいです。
終わったら間違いなくYahooトップに載るでしょうね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP