日々草子 『源氏物語』と小学4年生
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

同じく小学4年生くらいのころ。


学校の図書室に、日本の人物まんがみたいなシリーズが入りました。
ものすごい人気で、お目当ての人物を借りに、みんなが殺到する日々…。

私も借りました。
その時初めて借りた本が「紫式部」…。

読み終わる頃には、すっかり平安時代ファンに(笑)
そして、
「源氏物語が読みたい!!」
と強く願うように…。

うちは親が本好きのため、本はいろいろと買ってもらえました。
なので早速おねだりして、小学生向け『源氏物語』を購入!

夢中で読んだものです。

そこで気になる一文を、小学4年生、発見しました。

『源氏の君は、その姫君と一晩中、仲良くおしゃべりをして過ごしたのでした」

この文がやたら出てくる出てくる(笑)

そこは純粋な小学4年生、
「源氏の君は、一晩中よくも話すネタがあるものだ。寝不足にならないのかなあ。」
と普通に考えていました(笑)

これ、分かりますよね?本当の意味(笑)。

数年後、あのマンガを発見、購入!

そして、あの一文の本当の意味を知ることになりました(笑)

小学生向けだけに、書かれた方もいろいろと頭をひねったんだろうなあ。

その後、この本を皮切りに『落窪物語』、『更級日記』、『枕草子』と平安“女流”文学へと目覚めていきました。

『落窪物語』は、面白かった!
シンデレラストーリーなんだけど、少将がおちくぼの君を助け出す場面なんてドキドキしちゃったもの!
下ネタもあるし(笑)

『枕草子』は、「清少納言、意外といい人じゃない」と思ったりして。
紫式部から入ったから、清少納言が悪女に見えてたもので…(汗)

とにかく平安朝の宮中とか、貴族の屋敷とかにものすごく憧れました。

同じ年齢の友達なんて、「将来は洋風の家に住みたい!」ってみんな言っているのに、一人だけ
「あたし、和風の家がいい。畳の部屋で。平屋で。」とか言ってました。

あと、欲しかったのが脇息!
これ欲しくて欲しくて…。

でも今きっと手に入れて、使ってみると、見た目「バカ殿」にしかみえないんだろうなあ(笑)

…何か小学4年生の頃って、何をしていたかなと思い出していたら、こんなくだらない思い出しか出てこなかった(笑)

ちなみに『源氏物語』について書いたのは、次に「あのマンガ」についてお話しようかな~と考えているからです^^
うまくお話できるか自信ないですが。
こうした下地を経て、あのマンガへ到達するというところまでお話してみました♪
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

脇息

お元気になられたみたいでなによりです。脇息ですが、以前主人の取引先の関係で輪島の加賀屋の雪花月の貴賓室に泊めて戴きました。育ちがわかるというか、二枚重ねの座布団から滑るは、脇息は逆方向に逃げるは、輪島塗の机の上で愚息がミニカー走らせるは、生きた心地がしませんでした。もうすこし余裕があれば、夕顔とまではいかないけれど末摘花ぐらいの気持ちになりたかっな。

来たわね・・・ニヤリ
源氏物語を小学生向きにアレンジって大変だろうなぁ(笑) ある意味読んでみたいかも。

水ちゃん、アタシもね、かなり変わり者小学生だったよ。
小学校何年だか忘れたけど、図工の時間に張り子のお面作ったんだけどさぁ、モチーフがさぁ・・・
鬟(みずら)結った古代人(笑)
大学の時に引っ越しするんで倉庫片づけてたら出てきて・・・自分でびっくりだよ!
なにこれv-12、アタシ小学生でこんなもん作ったんだっけ~~~(爆)ってね!
中学生の時の趣味なんか、放課後近所の寺めぐり。どこの年寄り?!

水玉さん!
源氏きたーーーーっ!話し上手な源氏☆に朝からニッコリです。
いま、青い鳥文庫で、大和さんのあさきゆめみしをノベル化したものが出ております。

源氏物語→あさきゆめみし→小説あさきゆめみし

子どもの友達が読んでいたのですが‥小説で読む前に漫画を読ませたいですーー。

源氏といえば、最近新聞で上野栄子さんという方が介護の合間に10何年もかけて全訳した本について見かけて、再び燃えてきました。その前に瀬戸内源氏を読破しないと‥。まだ7巻です。
平安時代のセクシィ部長(要するにセクシィな匂い)対決の序章‥ww

水玉さんと源氏語りをぜひしたいです。(赤毛のアンも!)

ありがとうございます。

未公開コメントさんへ
ありがとうございます!
ネットでの御縁も、大切ですものね!
私も楽しくやっていきたいと思います^^
あんまり詳しく書くと、内容ばれちゃうので、この辺でお許しを…。

eikoさん
えーあの加賀屋ですよね!!
すごいです!!
…そして脇息って滑るんですか(笑)
私はいまだに脇息体験?がないので…。
でも子供にとっては珍しいものはすべておもちゃですよね、きっと。(私にはいませんが)

アリエルさん
そのお面、見たかった…笑
すごいよ(笑)
ちなみに恥をさらすと、私は源氏物語に影響されて、ジャ○ニカ学習帳を1冊使って、平安時代の物語をこの頃書きました(笑)気分はすっかり紫式部…のつもり(笑)
一応、書きあげたんだけどね。
中学時代に、そのノートが出てきた時、昔の日記が見つかったくらい、恥ずかしかった~!

えまさん
青い鳥文庫って、すごくない?
そんなの、読めちゃうんだね。
上野栄子さんの話は、私も新聞で読みました。
専門家から見ても、非常に素晴らしいそうです。
ちなみに、私は谷崎潤一郎訳しか読んだことが…。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/194-d2cb18b2

 BLOG TOP