日々草子 LaLa展に行ってきた。

LaLa展に行ってきた。

更新停滞しちゃってすみませんでした。

怒濤?の更新をしていた頃はさほど暑くなかったのですが、8月に入ったらいや、暑い、暑い!!
ぐったりなってました。

続きは、私がまだ暑さでバテていなかった頃にお出かけした話です。







今年、原画展多いな~。


lala2.jpg

行こうかどうしようか迷っていたのですが、『摩利と新吾』と『サイファ』の原画を見たくて出かけてきました。

最初はLALAで活躍された&されている作家さんのおめでとう色紙。
目が若干大きくなっていたけど、ちゃんと摩利と新吾だったところにまず感動。
成田さんはアニスでしたが、昔の本を見ながら頑張ったと…作者さんでも昔のキャラを描くのは難しいのかと。
あ、ホスト部の作者さんの色紙がすごく凝っていた。

原画は成田さんはすごくきれいで!これパソコンじゃないよね?アナログ?ってくらい!
私は文庫版でしか読んだことがないので、殆ど初めて見る原画だったので感動でした。
シヴァ&サイファ&アレク&ハルの特大ポスターとか、見ごたえあった!
私が好きだったイラストも原画で展示されていて、来てよかったなと。

『摩利と新吾』の原画もきれいでした!『日出処の天子』もきれいでした~。

そして凄く印象に残ったのは、清水玲子さんの原画!
いや、これデジタルじゃないよね?そうだよね?Windows出る前だもんね?と凝視しちゃいました。
作品は『秘密』を少し読んだことがあるくらいで他は知らないけれど、でもその美しさにぽわ~となっちゃいました。
すごい、本当にきれい!!

知らない作品も結構ありましたが、でも凄く楽しめました。
最近の作品はデジタルが多いようですが、本当、デジタルなのかアナログなのか見分けることができなくて。
色の塗り方なんかでデジタルだなとハッキリ分かるものもありましたけれど。
修正の跡を探したりして(笑)

原画展って見ごたえあるのは、やっぱりアナログの方かもしれません。
デジタルももちろん、絵が描けないと成り立たないのは分かっていますが、近づいて見たいのはやっぱりアナログだなって。
作家さんの緻密な作業風景を想像して楽しめるし。

LALAは全体的に絵が美しい作家さんが多いですね。
流行に流されない感じというか。落ちついて見られる感じがしました。

グッズはサイファか摩利と新吾の缶バッジが当たればいいな~と迷ったのですが、もし『黒百合の系図』が当たったらと思うと怖くて手が出ませんでした(笑)
結構集めているクリアファイルも、私の好きな構図がなかったから見送り。
ポストカードは私が狙っていた作品は全てソールドアウト!

手ぶらで帰ってきたけど、楽しかったです。



lala1.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもありがとうございます

え、何それ、めっちゃ行きたいです!
前回の大和和紀展もいつか名古屋に来る日を夢見ています。
原画展、何故か名古屋は最後だったりするのよね。なぜー!会場の問題かもしれませんが。
でもマーガレット展も時期はずれても来たんだし、きっと来るだろう。いや、来てもらうように働きかけよう。
名古屋(近辺)の皆!来てもらうように頑張ろう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーLaLa展♪

わ、ほんとう原画展祭りですね。東京いいなぁ。行きたいっ名古屋開催熱烈切望!
まりしん、持ってますよー。成田さん、エイリアン通り大好きでした。
清水さんは秘密はよんでないけれどデビューの頃は買ってました。
デビューの頃から絵が美しかったです。
黒百合の系図……実家にあったのつい持って来てしまったのだけれど、読めません……どうしましょう(笑)
ソウ様、名古屋きたらまた一緒に行きましょう♪と、何故かここで呼び掛ける(笑)いつくるのかなー(^w^)

ララ展(^。^)

いきたかった…。と後悔糸引き引きしていたところに、水玉様レポート!
ありがとうございます。

原画展やってますねぇ~ほんとに。
いま川崎でやってる『「描く!」漫画展』!!
これだけは逃さないように…と思いつつ8月もそろそろ折り返し。
9月にはゴルゴの原画とご対面したいと思っております。

マロンさん、ありがとうございます。

私はアレクサンドライトからサイファへ行ったんです。
サイファ、連載で読んでいたら辛かったろうな~ディーナのところとか。
そうそう、私もどちらかというと白泉社系でした。ガラスの仮面からはじまって。
動物のお医者さんは今でも持ってます、文庫版ですが。
昔の漫画って大人買いしたくなりますよね!!

ソウさん、ありがとうございます。

いや、私は藤子F不二雄展にすごく興味がありました!
エスパー魔美、あのブローチが!ハート型で中に仁丹、あれがほしくてね!
いまでもテレキネシスとか使いたい時がありますもん。
あとチンプイ、チンプイが見たかった~!!
こういう原画展って最初東京でお試しするのかもしれませんね。それで元が取れそうだったら各地へ巡回すると。
無理だったら東京で終わりなのでは?
名古屋組、すごい盛り上がってうらやましいです。

たまちさん、ありがとうございます。

デジタル前の原画、見応えありますね。
すごく綺麗で、繊細で。これが手で描けるとか、どれくらい時間をかけているんだろうかとか。
欲をいえば、原画に説明をつけてほしいな~。何を使ってどれくらいで描きましたみたいな。
いや、それくらい分かる人間が来いよってことなのかもしれませんが。
清水さんは秘密くらいしか読んだことありませんが、こんな綺麗なカラーを描かれるとは知りませんでした。
メインになるわけだわ~としみじみ。
他の作品も、変な癖がなくてLALAはなかなか絵がきれいだと感心してました(自分は描けないくせにね)

紀子ママさん、ありがとうございます。

もう、紀子ママさんが豚の燻製なら私は何?イノシシか?象か?
こちら、ちょっと暑さはおさまっているのですが…でも肌が弱い身はちょっとの汗で荒れちゃって。
九州にも回っても不思議じゃないと思います。だってファンは全国にいるし!
大和和紀展もそうだったのですが、以外と来場者の年齢が高くて落ち着くんですわ笑
アナログ原画、惹かれますよね!!圧倒的に!!
にゃんこ先生、なかなか可愛かったです♪

のののさん、ありがとうございます。

うわ~まりしん持ってるんですね!
これ、最初に見つけたのは私なんですが文庫版で購入したのは母なんです。母がドはまりしちゃって。
「夢殿さんがけなげだ…」とか呟きながら読んでるし笑
エイリアン通りもうちの母が一時期持ってました。
そうそう、黒百合の系図、あの表紙が缶バッジなんですよ!だから当たったらもうどうしようもないと思って手が出ませんでした。
でも話が気になって、帰ってネットで探しちゃいましたけど。
確かに読めないって人が多かったです。一人暮らしの時、うっかりページ開いちゃって怖くてだめだったとか。
美内すずえさんって割とああいう怖い漫画ありますよね。昔「妖鬼妃伝」ってのを読んで怖かった。
名古屋でまた楽しめると良いですね!

ema-squeさん、ありがとうございます。

いや~原画展来る度に、えまさんに隣にいて説明してほしいと何度思ったことか!!
これはこういう書き方でね、とか。これはパソコンでこうやってね、とか。詳しく説明してほしい~とずっと思ってました!
ていうか、ゴルゴ展って何、それ?ねえ、何、それ?
大阪の堺で二年前にやっていたのは知ってるけど、まさかそれが来たとか?え?詳しくプリーズ!!!
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク