日々草子 赤ずきん

赤ずきん






「琴子、入江さんの所にこれを持って行っておくれ。」
「はあい、お父さん。」
相原家と入江家は父親同士が親友の間柄。そして入江家は息子しかいないので、琴子は入江の奥さんこと紀子に可愛がられていました。
その紀子ですが、季節の変わり目からか風邪を引いて寝込んでいました。そこで料理人である琴子の父、重雄が主婦に寝込まれて困っているであろう入江家の面々のために食事を作りました。
「アイちゃん、いいよ。わしが帰りに持っていくから。」
遊びに来ていたのは入江家の主、重樹です。
「いやいや、こんな時こそ琴子に役立ってもらわないと。」
それにまだ話し足りないと重雄は名残惜しそうです。。
「悪いね、琴子ちゃん。」
「いいえ、おじさん。」
琴子もこんな時こそ役に立ちたいと張り切っていました。

「そうだ、この間おばさんに作っていただいたマントを着て行こう。」
それは紀子が作ってくれたフードがついた赤いマントです。
「うん、可愛い!」
自分で自分を褒め琴子は鏡の前で三回転をして、家を出ました。



「あ、真っ赤なテルテル坊主が歩いてるぞ!」
歩いて来た琴子を指して笑うのは、入江家の次男坊の裕樹です。
「違うもん!」
年下相手に頬を膨らませる琴子。それを見てますます「テルテル坊主!」と裕樹は囃し立てます。
「もう、そんなこと言うとおいしいお料理あげないから!」
「何だ、お前が作ったのか?」
「違うわ、お父さんよ。」
「じゃあ、食う。」
「んま!失礼な!」と怒る琴子を無視し、裕樹はバスケットの中身を確認しています。どうやら好物が沢山入っていたらしくニンマリとしました。
「ねえねえ、入江くんは?」
琴子は辺りを見回しました。
「お兄ちゃんは仕事だよ。」
入江家の長男、直樹は腕のいい狩人です。今日は朝早くから山へ入っているそうです。
「…そっか。」
直樹に会えると思ってドキドキしていた琴子はあからさまにがっかりした顔をしたのでした。。


「何だ、あいつは留守か。」
その様子を茂みの中から見ていた者がいました。オオカミの西垣です。あ、オオカミといっても人間です。この西垣、女と見たら誰でも声をかけるのです。そこでついたあだ名が「オオカミ西垣」でした。
「こりゃあいいことを聞いちゃったんだもんね!」
イヒヒと笑いながら西垣が向かったのは入江家です。裕樹は琴子とおしゃべり中、直樹は山。重樹は相原家。今ここにいるのは寝込んでいる紀子だけ。

「まあまあオオカミさん。」
「その呼び方はやめてくださいな。」
西垣はにこやかに紀子に近づきました。
「お加減はいかがですか?」
「ありがとう、もう大分いいのよ。」
「そうですか、それならばちょうどよかった。」
「なあに?」
西垣は寝ている紀子の前にチラシをぺろんと出しました。それにはイケメンアイドルがすぐそこまでロケに来ていると書かれているではありませんか。そのアイドルのファンである紀子は興奮します。
「こうしちゃいられないわ!」
ベッドから飛び起きると、隣の部屋に入りました。10秒後、着替えた紀子が西垣の前に出てきました。
「ちょっと行ってきます!」
「はあい、行ってらっしゃい!」
手をヒラヒラと振って西垣は紀子を見送った後、ぺロリと舌を出しました。勿論、あのチラシは西垣が作った真っ赤な偽物です。
「よしよし、これで万事OK。」
そして西垣は紀子が脱ぎ捨てたネグリジェに着替えました。帽子もちゃんと身につけ、ベッドへえ潜り込みます。
「あとは可愛いウサギちゃんの登場を待つのみ!」



「こんにちは、おばさん。具合はいかがでしょうか?」
「ああ…琴子ちゃん。まだ本調子じゃなくてねえ。」
ゴホゴホと大きな咳をしながら答えるのは、紀子に化けている西垣です。
「まあ、それはお気の毒。」
「でもねえ…ゴホッ!琴子ちゃんの可愛い声を聞いたら…ゴホッ!」
「ああ、もうしゃべらないで下さいな。」
琴子はベッドの布団をポンポンと叩きます。しめしめ、すっかり騙せたと西垣はほくそ笑むのでした。

「野菜スープを父さんが作りました、食べられそうですか?」
「ああ…ゴホッ!そうね…少しだけならゴホッ!」
「分かりました。」
琴子はバスケットから野菜スープの入った器を取り出しました。
「それじゃあ…あら?」
布団から出ている頭に琴子は首を傾げます。随分とカールされた髪ではないでしょうか?
「おばさん、パーマかけました?」
「え?ああ…熱のせいで髪がクルリンとなったのかも。」
「そうですか?」
まあそういうこともあるのだろうと、琴子はそれ以上疑いません。

「それじゃあ、おばさん。お口を開けて下さいな。」
「口…それは…。」
ガバッと西垣は布団をはねのけベッドに勢いよく起き上がりました。
「食べちゃってもいいんだねえ、琴子ちゃん!!」
「キャーッ!!」
悲鳴を上げる琴子の上に西垣が飛び降りようとした時です。

ズキューンッ!!

銃声と共に、窓ガラスがパリンと割れました。そして飛び込んできた弾丸が西垣の体をかすめました。
「今のは…8時の方向!!」
いつも可愛い子を見つけるために持ち歩いている高性能望遠鏡を西垣は構え、後ろを振り返ります。そのレンズの中にキラリと光るものが。それは明らかにスコープ。そしてそれを構えているのは…。
「い、入江!?」
直樹が銃をこちらに向けているではありませんか。
「馬鹿な!あそこから撃ったと?ここからあそこまで1.5キロはあるというのに!!」
叫ぶ西垣の望遠鏡のレンズに、二発目の銃弾が飛び込んできます。それは西垣のメガネをかすりました。メガネがカチンと床に落ちました。

「あいつ…化け物だ!!」
殺されると西垣はしっぽを巻いて逃げ出しました。後には琴子がポカンとした様子で残されたのでした。

そうです、直樹は自分たちが留守の間に紀子をうまく誑かして、西垣が琴子を襲うと踏んでいたのでした。そこで目標を定めやすい位置について、西垣を撃つタイミングを狙っていたのです。


一か月後、無事だった赤ずきんの琴子は白いベールをつけて直樹のお嫁さんになりましたとさ。
そしてオオカミ西垣はというと、風邪を引いていた紀子のものを身につけベッドに入ったため、当分風邪で苦しむ羽目になったとさ。

めでたし、めでたし。


関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

昔話シリーズ?のバカバカしさが、好きです。
狩人の入江くんもカッコイイんだろうなぁ~

もうゴルゴじゃん。

1.5㌔先から狙いを定めて撃ってくる狩人入江くん。
もう、狩人じゃなくてスナイパーにでも転職したほうがいいのでは。。。
かわいいかわいい赤ずきんちゃん(琴子ちゃん)を守るためならきっとどんな努力も惜しまないのでしょうね(笑)
オオカミガッキーも何もそんな危ない人を相手にしてまで、琴子ちゃんに手を出さなくても。。。
結局、狩人さんは赤いずきんを脱がせて真っ白なベールに身を包んだ琴子ちゃんを押し倒すと・・・。
いや~、赤ずきんちゃんも水玉さんにかかるとこんなに面白くなるんですね~。童話シリーズも最高です!!

そして、これから休息を取られる水玉さん。
昨日、何度かサイトに入れないこともあって少し心配してましたが・・・。長い連載も終わられた事ですし、ゆっくり休んでくださいね。
でも、サイトは開けておいていただけると助かります。
本当に、しんどい時とか、ちょっと落ち込んじゃったときとかにこちらのお話を読むと元気づけられたり、勇気をもらえたり、ほっこりさせてもらえたりと色々な効果が得られてますので(笑)
裏も表も、もう何周したかわからないくらい読ませていただいてます。
ゆっくり休んで、また気が向いてきたら素敵なお話を読ませてくださいね~。気長に待ってま~す❤

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まりもさん、ありがとうございます。

全部読んで下さったんですか、ありがとうございます!
そして助産師さんまでされているんですか!すごい!看護師さんって保健師さんの資格を同時に取得するだけでも大変と聞きますが、その上助産師さんまで!助産師さんは更に難しいと聞いたことがあるのですごいなあと思いました!そんなすごい方に褒めていただけるなんてもったいないです。そして本当、お恥ずかしい!!
でもそういう風に優しい目で読んでいただけてとてもうれしかったです。ありがとうございます。
まりもさんも激務でいらっしゃると思いますが、お体に気を付けてお過ごしくださいね。

こみゅさん、ありがとうございます。

こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます。
今までのを読み返して待っているとのお言葉、うれしいです。
つたない話を気に入っていただけて、本当にありがたく思っております。
こちらこそ、よろしくお願いします。

atomさん、はじめまして。

はじめまして、コメントありがとうございます。
ちょっと飛ばして来たので少し休息をいただいております。
入口封鎖は今の所、しなくても大丈夫かなと思っております。癒しとおっしゃっていただけてうれしいです。
確かに突然入口に鍵がかけられたらショックだな~と少し反省した次第であります。
我儘なんてとんでもない!とてもうれしいですよ、ありがとうございます。

kurutarouさん、ありがとうございます。

ご心配おかけしてすみません。
とんでもない、読み逃げでも読んで下されば嬉しいし、先日は漫画の感想へのコメントもとてもうれしかったです!
そうですね、お言葉に甘えて少しゆったりとしております。
二次創作から離れて、色々やってみております。
優しいお言葉ありがとうございます。

のんびりははさん、ありがとうございます。

色々楽しんでいただけてうれしいです。
カテゴリを順番って、すごく大変でしょう?笑でもそんな風に過去作品を楽しんでいただけると恥ずかしくても置いておいてよかったなと思います。
そうそう、平安の桔梗&鴨狩コンビはここから始まったんですよね!それは私もかなりノリノリで書いていたので楽しかったな!
お気づかい、ありがとうございます。

ナッキーさん、ありがとうございます。

愛の狩人と書いて「ハンター」…あはははは!!!最高!!
確かにその通りです、銃弾でオオカミガッキーをしとめただけでなく、琴子ずきんちゃん(この呼び方、最高に可愛い!!)もしとめましたもの!
フル充電で復活をとのお言葉、ありがとうございます。皆さまにお気遣いいただけてうれしいです。
色々考え方を変えて、ゆっくり休んでおります。

YUucCHI さん、ありがとうございます。

いえいえ、拍手だけでも押していただけてうれしいです、ありがとうございます。
花粉症、かなりきついです。今がピークなのか薬も効かないし食事もおいしくないし。
そうそう億劫になるんですよ。
お言葉に甘えてゆっくりさせていただいております。
好きなお話があるだけでもとてもうれしいです。ゆっくり読んでいただければと思います♪

kikiさん、はじめまして。

はじめまして、コメントありがとうございます。
いえいえ、長くこちらに来ていただいているなんてとてもうれしいです。ありがとうございます。
落ち込んだ時や気分転換したいときにこちらのお話を使っていただけたらいいなと思っていたので、そう言っていただけてとても嬉しいです。
とんでもない、コメントだってとても大変だと思いますよ!お話書くよりずっと!
お気づかい、ありがとうございます。

六華さん、ありがとうございます。

そうなんですよ~もうゴルゴ。というか私がゴルゴめいた狩人入江くんを書きたいがために書いたのです!!
赤ずきんちゃんのためには超人離れした才能をフル活用するんでしょうね…。
赤い頭巾を脱がせて真っ白なベールの琴子ちゃんを…ぷぷぷ!!もう六華さんたら!!
六華さんにも、こちらのブログをご活用いただいているようでうれしいです。
本当、そう言っていただけるとコツコツと続けた甲斐があります。ありがとうございます。
私の方こそ、六華さんの面白いコメントに何度元気づけていただいたか!!笑うって最高ですよ!!
お気づかいの言葉、ありがとうございます。

ジュジュさん、ありがとうございます。

ありがとうございます♪
そうそう、絶対かっこいいと思いますよ~!!

ゆきさん、ありがとうございます。

ありがとうございます!!
お優しいお言葉にこちらが癒されました~♪
リフレッシュさせていただきますね!過去作品を振り返って下さるなんてとてもうれしいです。
私もこういう時はたまに自分の話を読み返したりしてます(笑)
大ファンだなんて本当に何とお礼を言っていいやら!!
お気づかい、ありがとうございます。

ゆうようらぶままさん、ありがとうございます。

いえいえ、読み逃げでも読んでくださっていることがとても嬉しいですから気にしないで下さいね!!
癒しにしていただけてとても嬉しいです。
お気遣いのお言葉、ありがとうございます。

こっこ(*^^*)さん、ありがとうございます。

お父様、大丈夫ですか?そんな大変な時はここなんて忘れて大丈夫ですからね~!!
こっこさんの大変な時にお休みしてしまって申し訳ありません。こんな時こそお力になりたいのに…。
でも待っていて下さるとのお言葉、とても嬉しいです。ありがとうございます。
パスワードかけたりしてすみませんでした。
こっこさんもお体に気を付けてくださいね。看病は知らないうちに疲れがたまっていきますから…。

ざりぃ~さん、初めまして。

初めまして、コメントありがとうございます。
少しでもざりぃ~さんの癒しにしていただけているならば、こんな嬉しいことはありません。
何度も読み返してくださっているなんて!!パスワードも解読してくださり、ありがとうございます。
ご心配おかけしてすみませんでした!

マロンさん、ありがとうございます。

その節はすみませんでした!!そんなことを繰り返すくらいならばお休みしようと思って。
結構飛ばして来たので、ちょっとペースを落としてみようかと思ったのです。
いつまでも待っているとのお言葉、うれしかったです。ありがとうございます!

紀子ママさん、ありがとうございます。

そうなんですよ~ゴルゴに飢えて飢えて!!ゴルゴ入江書きたいけど、なんかオチとかできなくて。
だったらこういう形でと。ああ、もうきっとゴルゴとコメント下さった方々は「こいつ、本当にゴルゴ好きなんだな」と呆れていらっしゃることでしょう!!
悩める痔主って(爆笑)
そうそう、ダーリン素敵と抱き付く琴子ちゃんはいませんでしたね~。

tomokoreikoさん、ありがとうございます。

本当、赤ずきんになっても琴子ちゃんはすごくキュートだと思います!!
そんな琴子ちゃんに絶対入江くんが惚れないはずがない!
紀子ママは息子はさほどイケメンと思っていないような気がします!

たまちさん、ありがとうございます。

そうなんですよ!
お話を書くうちに想像したらテルテル坊主みたいだな~って!後姿、まんまですよね!
そういや、確かに紀子ママは襲いませんでしたよね、ガッキーオオカミ。うん、やっぱり若い方がいいのと、まだ誰にも汚されていないようなうぶな琴子ずきんちゃんがよかったのでしょう!!
そうそう、ゴルゴ仕込みましたよ!ちなみに1.5キロはゴルゴが海の上の船から狙撃した距離でございます~笑

ねーさんさん、ありがとうございます。

ねーさんさんにまでゴルゴと言われた~笑
そうです、もうゴルゴ入江を書きたかっただけなんですよ!!
そして、違うお話に入っていたコメント…イタキスのローレライに私は大爆笑でした!!そんな、そこまで言わなくても!!
少なくとも私はねーさんさんでチームプレイの大切さとか、いやな敵に出会った対処法を学ぶつもりは全然ないですもん!!でも結月はすごくさっぱりして、裏表なくて悪い子じゃないと思います。空気読むってもの日本だけにあるような感じでいいものでないような気もするしな~。ていうか、空気を読むというより思いやりの問題ですよね?思いやりがないというのと空気が読めないは違う気がすると色々考えてしまいました。
そして私は例えるならイタキスのみこりんですかね?あの性格は本当に自分によく似ているなと。あと若松も入ってます(笑)

ぽこあぽこさん、ありがとうございます。

いえいえ、とんでもない。こちらこそその節は混乱させてしまい申し訳ありませんでした。
お気持ち、とても嬉しかったので気にしないで下さいね。本当、突然そんなことされたら驚くのが当然だと反省しております。
ありがとうございました!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク