日々草子 永遠に君を愛す あとがき 

永遠に君を愛す あとがき 

『永遠に君を愛す』にお付き合いいただき、ありがとうございました。





このお話はカテゴリにあるとおり、ソウ様主催の『イタkiss祭り2014』にて書き始めたものです。
…もう2015年になっていますけど!!(笑)

お祭りで設置されていたチャットでソウ様はじめ色々な方とおしゃべりをしていました。
そこで重雄さんをいないことにして話を始める、題して『重雄さんチーン』というネタが出てきました。
その流れで私がふと「いっそ、『入江くんチーン』は?」と口にして、皆さんでどんな話になるかと盛り上がったことが原点です。
あと、琴子ちゃんと裕樹くんが結婚したらとかそんなことも話題になりました。
まとめますと、

・琴子ちゃんと裕樹くんが結婚→戦時中は戦死した夫の兄弟と結婚ということもあったよね。
・入江くんチーン→でも実は生きていた→記憶喪失=黄金パターン
・戦時中記憶喪失→他の女性に助けられる=沙穂子さんしかいないじゃない?

という話を『大陸』にて!!という所まで盛り上がったんです。
それで書いてみようかと私、立候補をば←恐れ多いことを。

ところが上記を元にお話を考えてみると色々問題点が。

まずぶつかったのは「大陸」。
大陸っていえば満州か…と最初に思ったものの、琴子ちゃんとどうやって再会させるんだ?
そこからスタートでした。
入江くんが戦争に行くというなら、やはり軍医がふさわしいだろうなと。
軍医で満州で行方不明?え?入江ファミリーと琴子ちゃんはどこに住んでいるんだ?
大陸の愛ってことは琴子ちゃんも大陸にいないとまずいのでは?
満州に住んで満州から出征して満州で行方不明???随分狭い範囲の出征だな!!
琴子ちゃん、どうやって大陸に?仕事?え?え?え?

以上のことを検討した結果、入江ファミリーは最初から大陸にいたほうがいいかと。
とりあえず図書館で満州帝国の本を借りて来て読んだり、ネットで満州で新婚生活を送った女性について調べた論文を読んだり…。
満州かあ…そうなると引き揚げ…これも調べてみました。

…満州からの引き揚げ、とても文章にできない!!!

過酷すぎる!!こんな状態で無事日本へ戻れたら奇跡だよ!無理だ、無理!!

そして満州をやめた理由はもう一つ。
満州は私立の医大しかなかった。私立でもいいかなと思ったのですが、当時を考えたらやっぱり天才入江直樹は国立に行ってほしいな~と。

それで日本に住んでいることに…でもやっぱり大陸の愛は難しい。
そんな時にふと浮かんだ地名…京城!

図書館でとりあえず『ソウルの歴史』という本を借りて眺めて(あんまり詳しく掲載してなかった)。
でも京城には帝国大、しかも医学部ある、更にレベル高かったらしい!!や―ん、入江くんにぴったり!
加えてネットで検索したら京城帝大医学部学生だった人たちの証言がいっぱい!ついでに京城の看護学校の人たちの証言もいっぱい!!
よし、これだ!舞台は京城だ!

以上が大陸の愛から半島の愛へと変わったいきさつでした(笑)

入江くんの大学は決まったけど琴子ちゃんは…とこれもネットで色々探しました。
京城の日赤看護学校が著名だったのですが、当時の日赤の学校って従軍看護婦になるための学校だったみたいです。
卒業したら戦地に行くとなるので、それはちょっと物語の展開上困るなと(笑)
しかも入学試験はすごく難しいみたいですし、うん、琴子ちゃんには難しいよねと。
それで架空の学校を作りました。


調べて行くうちに引き揚げ途中、終戦になったのに爆撃を受けて船が沈んだということも見つけ、これも使おうと。
そうすれば東京で入江家と別れる理由もできるなと。

最初は大泉家に女中として雇われる予定だったのですが、せっかく看護婦になっているのだからそういう役目で雇われた方がいいなと変更しました。
そこを考えたら、看護婦になった理由も色々浮んで。手に職を付けろと勧められた、それで混乱期を生き延びると少しずつ形になってきました。
「手に職を付けて生きて行く」という幹を作っていたおかげで、結構しっかりとしたお話が書けた気がします。
やっぱりテーマって大切(笑)

そんな琴子ちゃんを助けるのが西垣先生。西垣先生の存在は助かりました(笑)困ったらとりあえず出しておこうみたいな(笑)
西垣先生が直樹坊ちゃんを探し出すところは、当時『砂の器』をちょっと見てまして、刑事が足で探して行くシーンを意識してました。

大泉家のおつねは当然、お嬢様を悪者にしないための存在です。
といってもやっぱり黒お嬢になりましたが。
これは最近自分に言い聞かせることにしました。きっと私は入江くんをすぐにあきらめる沙穂子さんじゃない沙穂子さんを見たくて二次を書いているに違いない(笑)と。
正直、本当に好きなら琴子ちゃんと張り合える根性見せてほしいなと。本当に好きなら手段を選ばないんじゃないかと。

坊ちゃんの記憶はお嬢の花嫁衣装を見た時と結構最初の方から決めていました。ある意味、一番残酷なことだし、それで記憶が戻ったらもう引き下がるしかないと思ってくれるでしょうし。

オリキャラは進くんを出した時点で、彼を助けてくれる人を描かなければと思ってました。
戦災孤児のままでは可哀想すぎますし。
それで真瀬家を出したんです。
ちなみに最初は琴子ちゃんは娼婦になって初めての客を取ろうとしたところを真瀬さんに助けられるってストーリーでした。
でも書いて行くうちに、あれほど坊ちゃんから「きれいなままで」と想われていた琴子ちゃんが、自分の体を犠牲にすることはしないはずと。そんなことをしたら坊ちゃんを裏切ることになるし。
それで未遂ってことになりました。

あと気の毒な新川さんですね。
真瀬さんの家にいる琴子ちゃんを入江くんが迎えに行ってハッピーエンドにするつもりだったのですが、迎えに行ってどういうきっかけで琴子ちゃんと結ばれるんだって壁にぶつかりました。
迎えに来てくれた、うれしい!でおしまいじゃちょっと単純だなあと。
いっそ琴子ちゃん、一度結婚させるかと!!それで新川さんの登場です。
最初は籍は入れておくつもりだったのですが、まあ綺麗な戸籍の方がいいかなと。
あと真の夫婦になったかどうかについてはちょっと迷いました。
「ご想像におまかせします」にしようかなと考えたり、あったんだよ~という風にしようかなと考えたりしました。
あったことでもいいかなと思ったのですが、そうなると離婚する理由がなくなってしまうことに気付いてしまいました。
新川さんがいい人なので離婚をどうさせるかが焦点で(笑)、琴子ちゃんが坊ちゃんを想い続けていることを承知の上で結婚、自分に心を向けてくれたら真の夫婦にと思っている設定にしていたんです。
それで、いざ本当の夫婦になる時に拒まれちゃって…ああ、やっぱり自分は琴子ちゃんの心の中の人に叶わないということを悟り、離婚にいくことにしたので、綺麗な状態の琴子ちゃんが出来上がったという(笑)

でもここを書いていた時は、琴子ちゃんに非難があつまるのではないかとドキドキしてました。
ある意味、残酷なことをしてますからね…。琴子ちゃんが非難されるのは辛いことなのでそうなったらどうしようかと緊張してましたがそれはまったくなかったので本当によかったです。

新川さんと大阪へ行くと決めた時に「こういうお話もありかと思うようになりました」というコメントを頂きました。それを読んて「私もありかと思うようになってきました」と呟いてました(笑)
たまにはこういうエンディングもありかなと思うように。そうなった時の最終話まで思い浮かべていました。
でもやっぱりイリコトじゃなければというコメントもあって、迷って。
いつもハッピーエンドだしなあ…うーむと。


それでもしイリコトが結ばれない場合を選んだ時自分がどういう気持ちになるかと想像してみたのです。
結果「後味悪いことは間違いないな…下手したらハッピーエンドバージョンを追加するかも。」
でもそれでいいのだろうか。たまには違うエンディングもいいのかも。それもいい経験になるかもとかいろいろ考えていました。

ちょっと意見も聞いてみるかと例のごとく何も知らない母に「ハッピーエンドがいいかそうじゃない方がいいか。たまにはハッピーじゃないのもありかなあと。」
何かしていたせいもあったのか母は「あ~いいんじゃないの?たまには結ばれなくても!」←すごく適当だった。
「ああ、そう?そういうのもありかな~うーん。」と唸っていたら「でもハッピーエンドでいいんじゃないの?こんな時代なんだし楽しく行った方が!楽しく行こうよ、楽しく!」←やっぱりどこか適当。

結ばれないものを書いた後の自分をまた想像して、やっぱり気分は晴れないだろうなと。何度想像しても複雑な気分を抱えることになりそうだなと。
やっぱり今回もイリコトでいくかと結末を決めました。
…ま、母の適当な意見も参考になりましたけどね(笑)

そうそう、入江くんが仙台に行ったのは…とにかく東京を離れた方がいいかと思ったんです。
最初はCMの影響か金沢が思い浮かんでいたのですが(笑)、金沢って当時はかなり行くのが大変だったのではないかと。北陸新幹線でやっと東京から二時間半ですもんね~。
そうすると神戸…いや、近くの大阪に新川夫婦がいるから駄目だ、関西は却下。
九州?更に遠いわ(笑)
やっぱり傷ついた人間が行くなら北だな、北海道?え?下手したら青函連絡船で事故?それも怖いな。昭和24年だかその辺に大きな事故があったような。
青森…仙台だ!!そうだ、仙台に行こう(笑)というわけでした。

ブローチは一話で何となく出してみたのですが、こんなにかけがえのないものになるとは自分でも思いませんでした。
二人の気持ちが伝わる重要アイテムでした!

二人が再び心を通わせた後は、やっぱり紀子ママが喜ぶ顔を皆さんもお待ちかねなのではないかと思ってその辺りまで書いてみました。
本当はもう少し先まで書こうかなと思ったのですが、途中で「いい所で止めるから続編とかできるんじゃない!」と気付いて、キリのいいところで終わることにしました。
でも59話というまことに中途半端な話数で終わらせることはすごく複雑でした。せめて60話までとねばりたかったのですが、これ以上続けるとキリが悪くなったりバタバタとした終わり方になりそうだったのでまあいいかと苦渋の決断でした。
59話の中で書いていて一番辛かったのは戦死公報を受け取った紀子ママを描いた時です。書いた時も一番辛いと言いましたが、終わらせた今でもそれは同じでした。

今回のお話は途中からコメントがどんどん増えていって。驚いていたのですが、まさかお返事を入れて三ケタになる日が来るとは!!
ブログ開設日のお祝いでもそんなに頂いたことがないというのに!と目を疑いました。その前後もすごい数を頂いて…。
「これはバブルだ、永遠に君を愛すバブルだ」と自分に言い聞かせていました。バブルはいつか弾ける、いい気になってはいけないと。
または一発ネタを当てた芸人の気分でした(笑)数か月後は「あいつ、何してる?」みたいになるかもしれない。それよりも私はイタキス二次界のひな壇に座って笑っている方が…(笑)
と今でも言い聞かせております。

皆様がすごく熱心に読んで下さったことがとても嬉しかったです。そこまで拙い話に夢中になって下さるんだな~って。
本当に素敵なコメントばかりで。笑ったりじーんと来たり…。すごく嬉しかったです。本当にありがとうございました。

長いお話になりましたが、本当に最後までお付き合い下さりありがとうございました。
皆様に楽しんでいただけてよかったです。

追伸
仙台へ行っている時とか、戻った後とかも何かお話が書けたらいいなと思っています。
基本、うちは続編ありき、というか完結することがないというスタンスなので(笑)
だから敵に完全にとどめを刺していないのです。
あちこちに顔を出す黒お嬢も、ココロのスキマにニョキニョキと繁殖できるようにね♪





関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふとん

初めてコメントさせていただきます。全てのお話大変楽しくドキドキ読ませて頂いています。今回も、更新を楽しみに、停滞の時は過去のお話を読み返し我慢しました。勝手ながら、私はふとんシリーズが大好きです。そろそろ兄妹、または、ハードな、オリキャラなど登場の長編執筆頂きたくお願いします。負のコメントは、無視、気にされぬよう。楽しみにしている読者の方が圧倒的に多いとおもいます。次回作楽しみにしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わー!やっと二人、幸せになったんですね、離れ離れと、行っても、今度は、戦争に、送り出すのとは、違いますもんね、践祚の時は、もう、会えないかもしれないて気持ちも、あったかもしれないけど、今度は、相手は、仙台に、いるんですもんね、琴子ちゃんは東京にね、夫婦として、物語は、終わったけど、ぜひ、二人の、様子が気になるから、続編お願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

59話読ませていただきました。「永遠に君を愛す」の題名から、もしかしたらいりことのどちらかが…と思い。この時代だからありかもしれない。とドキドキしながら読んでました。だけどひとつの作品を書かれるときの大変さがわかりました。ほんとうにお疲れ様でした。私はただ一生懸命心を込めて読んでいきますね!これからもよろしくお願いします❗️

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

イリコトのハッピーエンドで良かった!!
途中、もう涙腺が崩壊しました(´-ι_-`)
次の話も楽しみにしてます!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最初から、読んでたので、コメントも、いろいろ、書きました、私も?すぐ無筋になる人なんです、でも楽しかった、もう一度、最初から、読んでみようかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

パート2待ってます。
まだまだ、読み足りないです。
続き楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は日々草子歴がまだ浅いので、前に書かれたお話を楽しく読むことが多かったのですが、今回はリアルタイムで読むことができて本当に楽しかったです。
途中やきもきし過ぎてはずかしながらコメントまで残してしまいまして。。。
でもこれぞリアルタイムの醍醐味!という感じで、他の読者さんと一緒に
ハラハラワクワクできて嬉しかったです。

水玉さんはどんどん時代考証に則したお話を書かれているので(しかもすごいハイペースで!)すごい歴女なんだな~と思っていましたが、やはり図書館で本を借りたりしてお話ごとに調べているのですね。えらい、えらすぎる。。。
「濡れないように油紙に包む」とか現代では想像できない世界でした。

そしてこんなにあとがきがおもしろいのも新発見でした!
「裕樹くんと結婚!(入江くんの嫉妬がすごそう)」「満州引き上げは琴子以上に苛酷なのね」「琴子ちゃん娼婦設定?!」等々。最後にお母様がハッピーエンドを推してくれて本当によかったです。
次の更新までいろんな作品のあとがき読み返しの旅に出てきます♪お疲れさまでした

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆祝☆

ほんとにほんとにイリコトハッピーエンドでよかったです!ありがとうございます♪終わり方でもしかして…と思っていたので、続きをめっちゃ期待しています!もちろん新しい作品も(^-^)

ちぃさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
どこで終わらせようか迷っていたのですが、この辺りでいいかなと思って。
色々続きも書けそうなので、そのうちにまた書いてみたいと思います。
その時はぜひまた遊びに来て下さいね!

ほなみさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、ほなみさんのコメントこそ私は情景が浮かぶようでした。そこまで想像して頂けるなんてとても嬉しかったです。
コメント拝見していたら、まるで自分の作品じゃないような気がしてきましたもの!
ガーデンパーティーのシーンは渾身の作だったかもしれません(笑)あそこは本当に可哀想な琴子ちゃんをこれでもかと表現したので!
天真爛漫な琴子ちゃんは私も可愛くてたまりません。今回も元は天真爛漫なのですが色々あってすっかり影を潜めてしまって…きっとこれからまた天真爛漫な琴子ちゃんがいっぱい出てくるでしょう。

よしぴぃさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
よしぴぃさんのハリセンにてお星様になったはずのお嬢はですね…宇宙まで飛んでいったのですが、そこで飛んで来た隕石にひらりとまたがって地球まで戻って来たのですよ!!
なにせゾンビですしね。
よしぴぃさんのハリセンが炸裂することが半ば、私の書き甲斐になっておりました。ハリセンが出ない時はすごく物足りなくて。ああ、すっかりM体質に。
よしぴぃさんのコメントで一番印象に残っているのは「タラオなどいらぬ!」ですね!!(笑)「タラちゃん」じゃなく「タラオ」呼びがこんなに恐ろしく感じるとは…ブルブル。
とりあえずタラオ生誕は今の所回避されたようですが。
おピンクシーンについては、珍しく私が自分から書きたいと強く思ったのです。さすがに皆様、これまでのお話から「水玉には書けないな」「いや、書かない方が夢を壊されずにすむからいい」と思われたそうでリクエストはなかったのですが、それなのに自分から書いたという。
しかし、ラストは墓石にって…そこまで想像されてましたか!!私もそこまでは考えてませんでした。それはあまりにかわいそう過ぎる…!!私もよしぴぃさんとじんこと一緒に泣き叫ぼうと思います。

ばーばもじゃさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、コメントとても嬉しかったです。今回は初めましての方がとても多くて!
マメに更新した甲斐があったなあと思います♪
いえいえ、歴女なんてとんでもない!!もうただ歴史が好きなだけで。でもどの時代も中途半端にかじっているだけなので本当、知識の浅さを露呈しているようでお恥ずかしいです。
今回も色々資料読みましたが、結果的に「まあ、詳しいことを知りたい方はうちなんて来ないよね!」と前向きにとらえてストーリーを突っ走りました。
あとがきも楽しんでいただけて嬉しいです。過去のあとがきはきっと似たようなことばかり書いているので読みかえされるとこちらもお恥ずかしいですが。

ピチカートさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
三人連続鞄落とし、気付いて下さってありがとうございます。それくらい琴子ちゃんの帰還は驚くべきことだったんですよね。
しかし実際経験があるとは!!うふふ、笑わせていただきました。
そうですね、ガッキーは控え目でしたよね。私もこんな真面目なガッキーを描く日が来るとは思っていませんでした。
新川さんは何も悪いことしてませんしね。大阪で幸せになってほしいものです。

ソウさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
こちらこそ、こんなに長くなるとは。でもお祭りの企画としては最高でした!いつもお祭りらしいことが何もできていないので本当に助かりました、ありがとうございます。
チャットでお話した時はあの名作漫画パクリになるかと思ってましたので、何とか差をつけようと必死になりましたよ。
看護婦って戦時中は人数を要したので最終的には一年で免許が与えられたようで驚きました。「日本看護史」のような本があるようなのですがうちの図書館にはなくて。ああ、看護学校に行けばそういう歴史も教えてくれるのかしら、そこだけ聴講したいものだわと思ったくらいです。といっても書いてみると全く出て来なかったのが我ながら笑えました。
書いている時にちょうどリクエストしていた「海賊と呼ばれた男」が来たので終戦の光景は参考になりました。あとこの話が出る前にこの夏はまっていた山田風太郎の戦中戦後日記シリーズも(笑)
人間、何が参考になるか分からないなあ、手当たり次第に読書しているのもたまには役に立つんだと思いましたよ!
意地悪キャラ、おすすめですよ~。これで?と思われるかもしれませんがやはり原作キャラの手を悪に染めるのは躊躇するので、その手足となって動いてくれるので!どれだけ悪にしても平気ですしね(笑)
楽しんでいただけてよかったです!

こみゅさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
パート2のご希望、とても嬉しいです、ありがとうございます!
その時はまたコメントお待ちしていますね。

ぴょんさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
おじ様とおば様の素敵なエピソードもお話下さってありがとうございます。
事実は小説より…といいますが、そういうお話が本当にあったのだなあと思いました。
読んでいて、本当に戦争は…と悲しい思いでいっぱいです。
たまには琴子ちゃんも別の人と…と思って描いてみました。勿論、心は入江くんにありましたけどね。
時代背景を調べてから…とはとても言えませんが、少しでも分かっておかないと文章にできない部分もあります。
もっともよく分からない部分は曖昧にしてごまかしてますが(笑)
楽しんでいただけて何よりでした、ありがとうございます!

Yunさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そうですよね、Yunさんの二次デビューが今年のお祭りにはありました。私もブログ開設がお祭り期間中だったので、やはり皆さんテンションが上がるものなのですね(笑)
とても素敵なリンクの記事をありがとうございました!もう本当に恥ずかしいくらいで、そんな書いていただけるような人間じゃないのです~という気持ちでいっぱいでした。
不幸のジェットコースター、同じ表現の方結構いらっしゃるんですよ(笑)
エスカレーターはまだスピードゆっくりですけれど、ジェットコースターはストーリー展開を言い表しているようで私は気に入っています。
ぜひ、一緒に今年は盛り上げていきましょう!!
私も落ち着いたらそちらのブログにお邪魔しますね!

shirokoさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
まず59をゴング鳴るとのお言葉、ああ、なるほど!と嬉しくなりました。そういう考え方もあるんですね!
気分が変わりました。
そして豪華な疲労…(笑)まさしくその通りかと!!豪華な披露宴ならぬ豪華な疲労を直樹坊ちゃんは手に入れようとしていたんですね。
お互い生き残れたのに、結ばれなくて…さぞやきもきされたことでしょう。それでも見捨てずにお付き合い下さり嬉しかったです。
少しずつずれて行ってしまう二人でしたものね。
後日談の時はぜひまた遊びに来て下さいね。

なおちゃんさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、本当に毎回コメント楽しかったです。お話に夢中になっていただけているのがよく分かって!
ぜひぜひ、もう一度最初から読みかえして下さると嬉しいです。

彩さん、ありがとうございました。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
昇り竜、楽しんでいただけたようで(笑)
本当にどこまでも昇っていくことでしょう。琴子ちゃんを背負って?日本昔話風に(笑)
毎回楽しいコメントをありがとうございました。とても楽しかったです。
ああ、やっぱり言葉の端々に毒がありました?どうしても私は黒いお嬢になってしまいます(笑)
そうですね、永遠に素晴らしい保存状態になるかもしれません。
お嬢様はゾンビですから、またココロのスキマに、そう、彩さんのココロのスキマに(笑)なあんて!

ゆみのすけさん、ありがとうございます。

覚えているに決まってるじゃないですかあ!!
いつもブログ開設日にコメント下さっていたのに今回は見られなかったので、「もしかして卒業されたのかな?」と思ってました。寂しさを隠しつつ卒業されていたら連絡をするのも申し訳ない気がしてたので。
でも大変だったんですね!!いや、ここによくまた来て下さったと思いますよ!
しかもゆみのすけさんが蘇ったらまさかの直樹坊ちゃんの再沈没だったとは、ああ何てタイミングの悪かったこと(笑)
こうしてまたゆみのすけさんとお話が出来てとても嬉しいです。
うちはやっぱりヘタレ直樹になるみたいで。まあそれもうちの持ち味だよねと。
ゆみのすけさんもお体気を付けてくださいね。私は再び歯医者通院中で…。しかも今回予約が混みあっていて通院期間が開いてトホホな気分です。今日も麻酔してきましたよ、アハハ!←ヤケ
またご都合のよろしい時に楽しいコメントお待ちしています。

るるさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございます。
ハッピーエンドを喜んでいただけたなら嬉しいです!やっぱりこれで正解だったのですね。
涙腺崩壊して下さって…もう!!
また遊びに来て下さいね!

葉月綾乃さん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、このような長いお話を全部読んで下さったことが有り難いです。
すれ違いの嵐でしたね~。我ながら本当にそう思います。
待つだけの人なんてとんでもない!!こんな長い話に飽きずに付き合って下さるなんてまさしく神のような方ですよ。本当に皆様お優しいなと今回も思いました。
ああ母ですね(笑)読みません、というか絶対読ませません(笑)
時折原稿広げたままパソコンを貸す時があるのですが「あなたの小説が…」「きゃあー!!やめて、見ないで!下げて!!」と絶叫しているくらいです。読ませたら最後、「表現いつも一緒だね」「語彙力ないね」と言われることは間違いない!
そんなこと言われたら絶望してブログ閉鎖でしょう!
本当にお付き合い下さりありがとうございました。

のびっちょさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
本当に途中見事に離れ離れになりましたもんね~。ハラハラドキドキしていただけて嬉しかったです。
やっぱりハッピーエンドでよかったんだなあとしみじみ思います。
オリキャラにも心を寄せて下さってありがとうございます。
続編の希望も嬉しいです!!期待に応えられるよう頑張りますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きくこさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そうですね、確かにそういうタイトルにも読めました。私も少し、そういう展開を考えたことがありましたが(笑)
いえいえ、コメントを毎回寄せて下さる方が大変だと思いますよ!特にうちは感想しづらいお話ですし。私が皆様のような素敵なコメントをこの話に寄せろと言われても無理です(笑)
こちらこそ、これからもお付き合いいただけると嬉しいです。

ユメコさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
そうですね、離れても今度はしっかりと籍も入り結ばれたので恐れるものはないでしょう!
はい、私もいつか続きを書けたらいいなと思っています…ネタが浮かべば(笑)
こちらこそ、いつもコメントありがとうございました!

ねーさんさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いや、さすがにシリアスに大蛇森先生は…(笑)
でもパンツを脱ぐ琴子ちゃんは何とか出せたのでよかったです。これがないとドキドキがまた少なくて。
私もハッピーエンドにして正解だったなと思います。迷いましたけど。
でも入江くんじゃない人と一緒になる琴子ちゃんは初めてだったので新鮮でした。またどこかで使いたいなと思ったりしてます(笑)
とどめを刺さないのは優しさじゃなく、後で使い回せるようにですよ(笑)←ひどい
やっぱり沙穂子さんが出てくると盛り上がりがとにかく違うんです!他の女性じゃ皆さん、そこまで盛り上がってくれなくて!!

アミキママさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
こちらこそ、沢山のコメントをありがとうございました。
大抵、うちは私が続編を書くので完結はないんですよね。
新川さんのその後は皆さんも気にして下さっているようで。哀れでしたからね~。
黒お嬢、そしてアミキママさんが気になっているおつねもまた出せるといいですが(笑)
その時はまたお付き合いくださいね!

みまさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、毎日そうして来て下さることが一番嬉しいです!
新川さん、なにげに人気です。いつかまた絡ませられる日が来るといいのですが。きっと入江くんも心中穏やかじゃないでしょうし、それがまた盛り上がりそうですし!
確かに記憶戻ったら素直になりましたよね。琴子ちゃんラブ光線出しまくって。でもきっとそのうちまた嫉妬攻撃開始するんですよ(笑)

ゆうようらぶままさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
毎日覗いて下さってありがとうございます。そんな風にドキドキしていただきたくて色々頭をひねっていたのでとても嬉しいです。
ハッピーエンドで私もよかったと今では思います♪
続きもぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです。その時はお付き合いくださいね。

ぽこあぽこさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
紀子ママの笑顔をやっとお届け出来て私も安心しました。入江家の喜ぶ姿は皆さんぜひ見たいのではないかと思って。
そうですね、思い出した時にまた会える…そこが続編のよさかもしれません。
素敵なファンレターをありがとうございました。私は本当に飽きっぽいのでここまで続けて来られたことが今でも信じられません。60話近くまでよく書けたものだと…。
それもぽこあぽこさんや皆様の励ましがあってのこそだと思います。本当にありがとうございます。
ハーレクイーンは知ってますよ♪昔マンガ化されているものを読んだことがあります。

ナッキーさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
おつねの手に写真が渡った時破ろうとする。それをお嬢が止めるというのを考えていたんです。でも書いた時すっかりそれを忘れていて!!ナッキーさんのコメントで詰めの甘さを思い知らされました~!!やっぱそこまでしないと悪じゃないですよね。
愛の物語、やっと書き上げることができました。私も何度も離れても偶然(時に出来過ぎ感ありありですが)に再会するっていうのは運命なんだなと思いました。うん、この二人はやっぱり結ばれなければいけないんだなって。
これからもまたコメントでお会いできることを楽しみにしております。

JASMINさん、はじめまして。

初めまして、コメントありがとうございます。
そして最後までお付き合い下さりありがとうございました。
他のお話も読んで下さっているんですね、嬉しいです。
あちらも楽しんで下さっているようで。そうですね、確かに長編といいたいところなのですが、あちらってもう色々出し尽くした感があって(汗)お嬢も二度登場させたし、二人を邪魔する女性も出したし、琴子ちゃんが専業主婦なもんで出会いもなさそうだし。職場が同じじゃないと嫉妬も難しいような。
何か浮かんだら長編に挑戦したいと思います!

ゆきさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
裕樹くんと一緒に…は最初チャットで話題になってました。でもそれだけじゃ物足りないので(笑)違う展開にしちゃいましたけど。
清い琴子ちゃんご希望だったんですね!それはよかったです。
今回は皆さんととことん、不幸のジェットコースターに乗せまくりました!
グルグル回って大変だったでしょう…なあんて(笑)
甘いだけじゃお話にならない…そんなことはないんですよ!ただ、私が下手なので甘いだけだと面白くならないだけで。上手な方だとちゃんと素敵なお話になるんですけどね。そこが私の力が及ばないところです。
ずっとコメントして下さってありがとうございました!

マロンさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、とんでもない!!コメントの方がとても大変だと私はいつも思っています。
気楽に読んで下さっていいんですよ~嬉しいです!!
そんな詳しいことはしてません。ただある程度雰囲気を出して誤魔化すためにもと思って(笑)想像にも限界がありますので。
本当、マロンさんのように今回勇気を出して下さった方も多くて!ありがたかったです。
バブル時代終わらせないというお言葉、嬉しいです。そうですね、バブルがはじけた後も地道な行動を続ければそんな苦労はないはず(笑)頑張ります!

ちゃとらさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
あの時代はこんなお気楽話どころのものじゃありませんでしたよね。ちょうど朝ドラも今この時代で。
分かります、戦時下はとにかく暗い!
とどめ…だって大泉家が出てくると盛り上がりが違うんですよ!!話の内容がしょぼくても彼らを出せば花になってくれるというかなんというか(笑)
こちらこそ、コメントありがとうございました!

tomokoreikoさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
今回は最初だけ結構苦労しました。どこからスタートで迷うとは(笑)
でもそこをクリアしたら後はまあ何とかといったところでした。これもコメント下さったtomokoreikoさんはじめとする皆様のおかげです。ありがとうございます。
綺麗な琴子ちゃんだったんだよ~と囁きたいってところに爆笑しました!そうか、沙穂子さんはそこを気にしていたのかもしれませんね。まあとにかく出すと儲かるようなお役立ちキャラなので、とどめはもう少し先で!

sayuさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
トイレのくだりは誰か気付いて笑ってくれないかな~と思っていたので、嬉しいです!ありがとうございます。こんな琴子ちゃんがきっと坊ちゃんは可愛いのでしょう。
こちらこそ全59話によくお付き合い下さりました。本当に嬉しかったです。

六華さん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
本当にいつもいつも楽しいコメントを!六華さんにはどれほど支えていただいたことか!
一番感謝しているのは、楽しいコメントを公開でお寄せ下さったことです。実は六華さんのコメントは他の方からも大好評でして。今回怒涛のように押し寄せたのは、六華さんのコメントを読んで自分も書いてみようと思って下さった方が多かったからではと私は密かに推測しております。とにかく本当に嬉しかったです。
ブログの良さ、コメントを交換しあえる、私もそう思います。リアルタイムでこちらも感想を拝見できますし!!

おつね、エンジン空ぶかしで温め中は大爆笑でした!!今でもおつねのレーサー姿がすぐに想像できるくらいで。
そしてロールスロイスに乗ってゴールする琴子ちゃん…これも最高!!私はその後ガツンガツンとぶつけながら、ボコボコになった車を動かす直樹坊ちゃんまで想像してましたもん。でも最後はゴールできてよかった。

沢山のコメントを寄せて下さったのにまとめてのお返事で申し訳ないです。でも本当に面白かった!!
フトンで気分を変えていたなんて。ああ、短編なんかはそうかもですね。できればパンプキンもお勧め(と、こっそり宣伝)。
ぜひぜひ、これからも追いかけて下さい、お待ちしております!
六華さんこそ、お疲れさまでした!

sabatoraさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
乱入して下さって嬉しかったですよ~!!入江くんの態度にピキッと来るのはうちではお約束なもので。
やっぱりハッピーエンドが一番ですか。そう言われるとこういう結末でよかったなと思います。
おつねは…先のお返事でもいくつか書きましたが、何かの時に使えるようにと泳がせております(笑)
違う悪キャラを作るのもいいのですが、そうすると大泉家は雇い人を見る目がないことになるし(笑)
奴は使えますしね、ええ。
また次回もお会いできることを楽しみにしております。

sanaさん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
いえいえ、コメントのタイミングなど気にしないで下さいね。
時代物苦手だったとか。でも読んで下さりとても嬉しいです。うちは何ちゃって時代物ですけれど。
苦労なんてとんでもないです。本当にお粗末なことでお恥ずかしい。
ああ、確かに!ハッピーエンドだからこそ読みかえせるのかも!私でもハッピーエンドじゃなかったら読み返そうとは思いませんもの。
たくさんのコメントありがとうございました。

佑さん、ありがとうございます。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。
深くリサーチなんてとんでもない!もう本当にお恥ずかしい限りで。
今回も伴走して下さっていたようで…残念!!(笑)
一度いただいた「もう駄目かも…」という佑さんのコメントが心に残っていて、いつか脱落する日をと思って頑張っていたのに(笑)「可哀想過ぎて読めない」はいつ聞かれるのか。いやでも脱落されたらショックだからこのままでいいです(笑)すみません!
そうですよ、続編に含みを持たせてみました♪その時はまたいらしてくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

初めてコメントします。
入江くんがとても素敵で一番好きなお話です。
初めて読み返しししまいました。
とっても、感動しました。幸せな結末でよかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめましてイタキスを最近漫画やアニメで見て一気にはまりこちらにたどり着きました。2日ぐらいで一気に読み終えてしまったぐらい面白くて。これからも応援しています!色んなお話が読みたいです。
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク