日々草子 乙女心を取り戻すために

乙女心を取り戻すために

猿とゴルゴにしか興味を持たないような私めが二次小説を書いていいのかと悩みを素敵サイトのCさんに打ち明けたところ、「乙女心わいてくるから~」と言われたので行って参りました、マーガレット展。
イタキスグッズに惹かれていたので行きたいとは思っていたのですが、何せ場所が縁のない六本木。でもやっぱり原画とかグッズとか~と思って頑張って行ってまいりました。

これから行く方にとってネタバレになるかもしれないので(ならないようにできる限りの注意は払いましたが)、それを避けたい方はここで回れ右なさって下さいね。
行った方でもせっかくの余韻を水玉の下手な文章でぶちこわされたくない方も回れ右で。












会場は六本木。滅多どころか本当に何かないと足を踏み入れない六本木。
地下鉄から上がってきたら…。

「どっちに行けばいいのよ?」

とりあえず案内図通りに歩いていくとおかしい。オフィスタワーに着いてしまったではないか。
いやいや周囲はそんな乙女が多数(笑)←手にチラシを持っている人が多かった。
皆の口から漏れ伝わってくるのは「あれ?オフィスタワーだって」「ここって円みたいになってるんだっけ?」

六本木ヒルズという巨体に阻まれる乙女たち…。
おしゃれな都会はあたいみたいな人間には冷たいよ、おっかさん…。あたいは古里へ帰るべきなんじゃないかい?

何とか到着したものの今度はチケット売り場を見つけるために彷徨う乙女たち。←この場所もわかりにくい。

耳をキーンといわせながらエレベーターで53階。

最初はカレイドスコープシアター。
その名の通り万華鏡のごとく、出る出る名作、名シーン。

とにかくこれでもかってくらいに出てくるラブな台詞のオンパレードにおもわずにやけそうに。
イタキスはあのシーンがバーンと出ましたよ♪もう人が少ないのをいいことに思い切りニヤけてやったけどね。

そしていよいよ展示。

正直、マーガレットってイタキス以外はあまり知らないんですよね。
今回はイタキスコーナーとイタキスグッズを買うことが主目的といったところで。
だから他の作品見ても楽しめるかなあって不安だったのですが、これがとても楽しめました!

「こいきな奴ら」(一条ゆかり)の原画見て、「ああ、これってマーガレットか!」
母が集めていて物心ついたときに初めて読んだマンガといっても過言でない「星くずシリーズ」(大谷博子)の前では「ああ、これすごく泣けるお話なのよ!」と懐かしく思い出したり。
マーガレットでどんな企画があったかもちょこっと紹介されてました。
「え!こんな人がこういう雑誌で特集!?」みたいな感じで。


イタキスももちろん、原画が並んでましたよ~。
私の好きな表紙だらけだったので、まあニヤニヤが止まらないこと。
あまりに止まらないのでハンカチで口を押さえながら凝視。←某お宝鑑定の番組で絵画を鑑定する人みたい。
やっぱイタキスはいいわ~。
入江くん、かっこいい!琴子ちゃん、可愛い!!
こんなに魅力的なイリコトなのに、あんな変な二次小説ばかり書いてなんか申し訳なくなるくらいで。
本当にすみません!!って原画に向かって謝ってまいりました。

イタキスを雑誌で立ち読みしていた時に一緒に読んでいた作品の紹介もあり懐かしかったです。
「恋愛カタログ」とか「先生!」とかね。
あと昔友達に借りて読んだ「ONE」とか。そういやこれ、コミックスに王冠マークついてたなと思い出す(笑)

知っていたマンガを見つけるのは宝探しにも似て、とても楽しかった!

あとはベルばら!!
まんま1コーナーベルばらっていうか池田理代子先生ですわ。
でもそれだけする価値あるもんね~。やっぱりこちらは他と別格扱いしてほしい。
いや連載をリアルで読んだことのない私ですらそう思う。
「いくぞ、アンドレ」のシーンは原画で見ても胸に来るものが(涙)
それにしてもこの原画のすごいこと。点描っていうんですか?そういうのがすごく細かくて。

最近のマーガレット知らなくても全然OKだったのでよかったですわ~。

そんでもってイタキスグッズを購入。
実は前もって調べていかなかったのでどんなものがあるかよく分からなかったんですよね。ただクリアファイルがあることだけ確認してたので。
その一番ほしかったのがクリアファイルがいっぱい並んでいるところに見当たらなくて「もしや売り切れ!?」と真っ青になっていたら、ダブルタイプゆえ違うところに並んでて、ほっ!
クリアファイル・ハンカチタオル・ブックマークのシール・ポストカードをゲットでございます。
あと運がよくもう一つのグッズもゲットできたのですが…これはもしかしたら何かのネタにできそうなのでそのときにご紹介しますね。
どのグッズも可愛いイリコトだらけで、帰り袋の中をのぞいては「ムフフ」とにやける変な人でした(笑)
帰宅後、母にグッズ見せたら「子供か!!」と言われましたけど。


イタキスタオル

このハンカチタオルのイリコト、特に下の段の二人、大好き♪♪♪
しゅんとなってる琴子ちゃん、LOVE♪♪♪

来場者は親子と私のようなおひとりさまがほとんどでしたよ。おひとりさまが結構多かったかな。
最初に一緒にカレイドスコープシアターに入ったおひとりさまの女性が私の隣でイタキスグッズ買っていて、ちょっと親近感がわきました♪



さて、乙女心を取り戻せたかどうかは…今後次第ですな(笑)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紀子ママさん、ありがとうございます。

私も紀子ママさんの所で見て「あああのカップ~!!」と興奮しておりました!!
本当に結構迷ったんですよ!!手にとってじっと見つめて。
いや、これでコーヒー飲めたら…いやいやこういうのに限って割りそうだ!と泣く泣くあきらめました。
文具やタオルだったらずっと手元におけそうだし。
花とゆめ…というか雑誌をあまり買っていなかったもので。というか花とゆめよりもっとお子様なりぼんでした(笑)でもりぼんも一時期しか分からないし、うん、やっぱりどっちかというと花とゆめかも!コミックスは花とゆめが多かったですね。
そうそう、一番に展示されていた生原稿があの『ガラスの城』でした(笑)

たまちさん、ありがとうございます。

マーガレット、やっぱりすごいなあと思いました。さすが五十年!!
しかし今のマンガより昔のマンガの方が分かったっていうのが何とも。
思っていた以上にグッズがたくさんあって楽しかったですよ~!!

歩美さん、ありがとうございます。

お久しぶりです!!来て下さっていたんですね、すごく嬉しいです!!
そうですよね、お子様いらっしゃると大変ですよね。
もう最初で、「マスクしてくればどれだけニヤついてもばれなかった」と本気で後悔(笑)
イタキスの原画、これまたファンが喜びそうなシーンが選ばれていて。
入江くんの入浴剤は迷いましたけど(笑)
とりあえずグッズは大切に保管しております♪

よしぴぃさん、ありがとうございます。

うわ~こんな記事でも決定に少しでも役に立てたなら何よりです!
いつ頃なのでしょうか?せめて台風にぶつかっていなければいいなあと願っておりました!!
そうですよね、それがあるんですよ!!博物館みたいに先にどことどこを回るって教えてくれたらいいんでしょうけど、東京でどれくらいお客が入るかを見てから決めるんでしょうね。
そうそうよだれ隠しは必須でございます(笑)でもみんな同じ気持ちだから多分ばれても大丈夫な気もする、いやそこで乙女心を捨ててはいけないんだな、きっと!!
楽しまれますように!!

ねーさんさん、ありがとうございます。

その入浴剤迷いました。でもこれはずっと取っておけないなあと。使った後のパッケージを取っておくのも大変だろうと。それでなくなく諦めの境地に…。
クリアファイルは実際使って楽しみたいけど、勿体ないしなあ!!
帰りはグッズをちらちら見てニヤニヤしている怪しい人でした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク