日々草子 今回は北へ。

今回は北へ。

本日もブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。

更新お休みして、すみません。
少々出かけておりました。
続きに旅日記をつらつらと書いております。
読んでもいいよ~と思って下さった方、おつきあいいただけたら嬉しいです。


行き先はこの方のいるとこ。









政宗(大)


仙台でございます。

まずは最初はこちらからスタートしました。

定禅寺通り

定禅寺通り、緑がとてもきれいでした。
さすが杜の都!



ここをブラブラして、アーケードをぶらぶらして、るーぷる仙台(バス)に乗ります。
このるーぷる仙台、とてもレトロな外観で可愛いバスなのですが、まあ混んでる、混んでる!!
仙台は地下鉄があまり便がいいとはいえないようで、そのせいかも。
バスの運転手さんがガイドしてくれます。

それで向かったのはこちら。

瑞鳳殿


政宗公の霊屋、瑞鳳殿。
いや、ここ、たどり着くまでがかなり大変!!

バスの運転手さんが「この杉木立の中を行ったところが瑞鳳殿です~」とのどかに教えてくれて、この先かあとのんびり構えて歩いていたら…坂、坂、坂!!!
どんだけすごいかって、途中で「ご自由にお使い下さい」と竹杖が用意されているほど。

膝の悪い母(そうです、今回も一緒でした笑)は「助かったわ~」と使っておりました。

瑞鳳殿までの道

写真は坂を上がり終えた後に待っていた石段です。

瑞鳳殿は、想像より小さかったです。
母が「小さい、意外と小さい」←苦労して歩いてこれかよっという雰囲気を漂わせて。

瑞鳳殿2


説明によると、政宗は亡くなる前にここに来て気に入ったから霊屋を作らせたとか。
「政宗はさ、70ちょっと前にここまで登ったんだからお母さんも頑張って。」
と、声をかけたら…。

「あの人は籠でしょうが!!

…そういえば、そうだな。

しかし、本当にここは大変です。
車も入れないし、膝の悪い方、行くときは相当の覚悟をしていって下さいね。


へろへろになりながら、また坂を下り、またるーぷる仙台に乗り込み、次に向かったのは…はい、もう一度ドーン!!

政宗(中)

会いたかったよ、政宗!!
おそらく私のテンションMAXはここでしたよ!!


いやあ、写真バシバシ撮った、撮った。あまりのテンションの高さにスマホの待ち受け、これに変更(笑)
ただ、来た時間のせいかどっから撮影しても逆光で真っ黒なのは仕方ないってことで。
写真撮りながら、頭の中であの大河のオープニングがエンドレスで流れまくっていました!(再放送も始まったしね)

でもこの辺りも震災の影響が残っていましてね…。
まず、バスの路線が震災のために一部通行不可になっているため、かなりの回り道となっています。
まっすぐ行けたところが、くねくねと山を登って行く感じで
母いわく「箱根みたい」、私いわく「日光みたい」。
東北大の間をくねくね通る感じです。
ていうか、あの坂道を学生はどうやって通学しているんだ?自転車は不可能だとか思っていたら、どうやら自動車ORバイクだとか。

青葉城址ではボランティアのガイドさんについて散歩したのですが、震災で崖とかえぐれちゃったそうです。木も倒れたままだったし、戦没者の慰霊碑も一部が落下して大変だったとか。
当時、その周囲に人がいなかったことが幸いだったそうです。近くのレストランにいた人が言うには「爆弾を落とされたかと思った。」

青葉城址からの風景

青葉城址から見た風景です。広瀬川を見ると「青葉城恋唄」に、頭の中のBGMが変わりました。


で、またクネクネ曲がって仙台市中心部へと戻りました。

おやつはずんだ餅。
「これはこういう味なのか?」と二人で首をかしげながら食しました

夕食はおきまりの牛タン♪こちらは満足でした。

夜の仙台駅&青葉通り。

仙台駅青葉通り

次の日は松島方面へ。

まずは塩竃神社。

塩竃神社

ここは有名な長~い石段がありますが、当然私たちはタクシーで(笑)

神社から見える風景が素敵でした。

塩竃神社からの風景

お庭の一部。

塩竃神社庭園

塩竃から船で松島に。

松島

母が作りたいといっていた数珠を作りに円通院へ。

こちら、お庭。

円通院

ここは自分で石を選んで、数珠が作れます。
石も沢山種類があって、お姉さんが親切に教えてくれます。

最初は心静かにと思っていたのですが、色の組み合わせとか色々迷って「ああでもない、こうでもない」と騒ぎつつ←一人で(笑)

できあがったのが、こちら。

数珠

ブルー系が私、オレンジ系が母でございます。
できあがったら、使った石の意味を教えてくれます。(なんか占いみたいでちょっと面白い)
ちなみに私は「冷静、前向き」の石を使ったそうです。そうか、そうか。
母は「血の巡りがよくなる」。

しかもこれ、お寺の人は逆だと思ったらしく、ブルー系が母、オレンジ系を私に戻して(笑)
逆だといったら、「あら!こちらの方が派手だからお嬢さんかと…」…地味ですみません。

何せ、電車の本数がないものですから絞った地点しか観光できなかったのですが、楽しかったです。


おみやげは食べ物の他に玉虫塗のしおりを二人で買いました。


玉虫塗のしおり


お話じゃないのに最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。



関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク