2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.12.06 (Thu)

こんな入江くん知ってしまったら

ええと…こちらはぴくもん様のお宅のイラストに魅せられた愚かな水玉が、ついふらふらと文章を書いてしまったものです。

「ええ!!ぴくもんさんに書いてもらった方がよかった!!」
「ぴくもんさんを出せー!!」
というお声がすでに聞こえているのは、幻聴ではないでしょう^^;
すみません、すみません…。

文章をつけること(しかも事後承諾だった)及びイラストを持ち帰ることを快く許してくださったぴくもんさんに、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございます!!







【More】




入江くんと喧嘩した。
喧嘩の理由はたわいもないこと。入江くんがあんまりあたしをバカにするから、とうとう頭にきて「入江くんなんて大嫌い!」と怒鳴って二階へ上がってしまった。

何でいつもああなんだろう?
よく巷の奥さんが「結婚する前は優しかったのに」とこぼすっていうけれど、あたしたちにはそんなこと当てはまらない。結婚する前も今も意地悪なままだ。
結婚してもうすぐ一年経ったというのに、全然進歩がないあたしたち。

あたしはさっさとお風呂に入ってきちゃった。
お風呂に入ったらサッパリするかと思ったけど、心の中は悶々としたままだ。
こんな調子でずっと夫婦やっていけるのかなあ?
ああ、もう!!こんなこと考えていたらまたカッカしてきちゃった。
あたしは着たばかりのパジャマを脱いだ。ベッドに大の字に寝転んで汗が引くのを待とう。

「何だ、まだ寝てなかったのか。」
静かに開いたドア。入江くんの声が聞こえた。
「…別に寝ようが寝まいがあたしの自由じゃないの。」
「あ、そ。」
ふん、あたしがこんなこと言っても入江くんはちっとも気にしないんだ。やっぱりあたしをバカにしている。

あたしはあえて入江くんを見ようとしなかった。でも眼の端でちょこっとだけその姿を追った。
入江くんはまだパジャマじゃなかった。ということはまだ寝ないってことか。じゃあ、このまま大の字でいいよね?

「…まだ怒ってるんだ。」
入江くんがあたしの傍に膝をついて話しかけてきた。
「…別に。」
怒ってるわよ、怒ってるけれどそんなこと、入江くんにばれたくない。入江くんとの喧嘩なんて私には些細なことって思わせておきたいの。

「嘘つくなよ。」
入江くんがあたしの肩に手を伸ばして、キャミソールのストラップをついと下ろす。
ちょっと、何をするのよ?入江くんの手をあたしは払いのけ、ストラップを元へ戻した。
そんなことしたって機嫌は直らないんだから。
すると入江くんは性懲りもなく、またストラップをずらす。あたしが直す。それを二、三回繰り返す。

入江くんがあたしの耳に口を近づけた。
「…結構大人っぽいデザインじゃん?」
「普通です!」
「嘘付け。そういえばお前、俺と結婚してから下着の趣味、変わったよな?」
「そんな!見たことないじゃないの!」
何を言ってるのよ!結婚前にいつ、あたしが入江くんの前で下着でブラブラと…したか。
一度、パンツを見られたことがあった。

「それって、俺のこと考えて?」
「ば、ばっかじゃないの?」
あたしは入江くんを睨んだ。
「そういうの、そういうのって…自意識過剰っていうのよ!」
「そう?」
「そうよ!」
そう言いつつ、入江くんの言葉は当たっているわけで。
結婚してから、確かにあたしはキャミもパンツもちょっと大人っぽいのを選ぶようになった。
あ、時折くまちゃんパンツは履くけれど(これはこれでお尻にフィットして悪くないのよ)。
胸もない、ウェストのくびれもない、いわゆるお子様体型なあたしでも、ちょっとは入江くんに喜んで…あ、いやいや!入江くんが下着フェチとかそういうわけじゃなくて。
その、そういう時に入江くんが見て、「こいつも色っぽいところある」とか思ってくれたらいいなあと思って選んだりしちゃっているわけで。

「ふうん…俺のためだと思っていたんだけどな。」
入江くんはストラップを下ろすことをあきらめ、あたしの肩をツンツンと突いた。
「あたしがそんなことしなくても、入江くんが頼んだら喜んでキャミソールでもパンツでも見せてくれる人はいっぱいいるわよ。」
ついそんなことを口走ってしまったあたし。
「俺、他の女のそんなもんには興味ないから。」
ピチッとあたしの肩の上でストラップが弾かれた。入江くんがストラップを弾いて遊んでいる。
「嘘ばっかり。」
「本当。女がその辺を素っ裸で歩いたって全く目を向ける気ないね。」
「素っ裸…。」
あたしは一瞬、それを想像した。わらわらと素っ裸で歩く女性たち、そして無視する入江くん…あり得るかも。

「でも、お前は違う。」
ピチッとまた、入江くんがストラップを弾いた。
「お前が何を着ているかとか、気になって仕方がない。だって。」
ピチッという音の後、入江くんがあたしの顔を覗き込んだ。
「…お前が俺のためにしていること、気にならないわけがない。」
「…。」
ず、ずるい。そんな顔でそんなこと言われたらあたしが何も言えなくなるのを、入江くん、知っていて!!

「日に日に俺に磨かれてお前がいい女になっていくのが楽しみなんだけどな。」

ふと見ると、入江くんはシャツのボタンを全部開けていた。素肌がチラリと見える。
そして顔は優しい。
こんな入江くんを知ったのも、結婚してからだ。結婚前は入江くんにこんな一面があること、知らなかった。

こんな入江くん知ってしまったら…。


amaama-p



入江くんが、あたしのストラップをまた下ろした。もうあたしはされるがままだ。

「…お風呂は?」
「あ・と・で。」
クスッと笑うと、入江くんがささやいた。
「…こんなお前を見たら、風呂なんて入る余裕ない。」

ああ、もう降参だ。
あたしこそ、こんな入江くんを前に怒り続ける気力はない。
「可愛い、俺の大事な奥さん。」
入江くんの優しい声が響くと、もう何も考えられない。

結婚って…こうやって知らなかった一面をお互い知っていくんだなあと思っているうちに、あたしから出た言葉は一つ。
「入江くん、大好き。」
そして入江くんが答えてくれる。
「言われなくてもわかってる。」
あたしのキャミソールのストラップは両方とも、肩から滑り落ちていた――。











あわわわわ…すみません、すみません、すみません!!!



関連記事
16:35  |  直樹&琴子  |  CM(28)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 17:10 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 17:10 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 17:34 |   |  【コメント編集】

★きゃあ~~っ!!

水玉さん、読ませて頂きました!!

もう・・・なんですかこのニヤニヤが止まらない展開は!!
まさかキャミのストラップずらしたり弾いたり、まるで女子が中学くらいでやるイタズラをする入江くんが拝める日がくるなんて~~(≧m≦)

琴子ちゃんったら、一年経っても全然進歩が無いなんてこの時点で絶対違いますよww
しかも何時の間にシャツのボタン外してたんだ?(爆!)
そしてこういう時だけすごく甘い言葉連発する男・入江直樹。もう最高です!!
でもって、最後には琴子ちゃんから「大好き」って一番好きな言葉貰って、さらっと「言われなくても分かってる」なんて言っちゃうんですよねぇ。
これぞ我らが入江直樹!!
そしてこんなイリコトの姿を切り取って見せて下さるのが我らが水玉さん!!

先程ご連絡頂いた時は本当に嬉しかったです!
なんだか宝くじ当たったみたいな気分ですよ~~♪

こんな素敵なお話つけて下さってありがとうございました!!
まさに「こんな入江くん知ってしまったら」でしたーー(≧▽≦)
ぴくもん |  2012.12.06(Thu) 17:36 |  URL |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 17:36 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 18:02 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 18:14 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.06(Thu) 21:33 |   |  【コメント編集】

★現代から時代物まで自由自在

素敵なコラボレーションでうっとりです
若者言葉で言うと禿げ萌えです
こんな入江くん知ってしまったら、その先の入江くんも知りたくなります~
ema |  2012.12.07(Fri) 09:00 |  URL |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.07(Fri) 10:50 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.07(Fri) 20:06 |   |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.07(Fri) 23:02 |   |  【コメント編集】

★おぉ素敵!

水玉さん
凄く素敵!二人の寝室にこっそり 覗きに入って聞いてきたかのような?!甘い二人です
こんな入江君 知ってしまったら 琴子しか知らない入江君
素敵すぎるかっこいいな
さくらこ |  2012.12.07(Fri) 23:15 |  URL |  【コメント編集】

★おぉ素敵!

水玉さん
凄く素敵!二人の寝室にこっそり 覗きに入って聞いてきたかのような?!甘い二人です
こんな入江君 知ってしまったら 琴子しか知らない入江君
素敵すぎるかっこいいな
さくらこ |  2012.12.07(Fri) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

★たまちさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ございません。

たまちさんのつぶやきからのイラストだったんですね~!!
私、あのイラストを見たら文章を考えずにいられなくなってしまって。なんて素敵なつぶやきをしてくださったんでしょう!
確かに、琴子ちゃんがキャミで大の字になっていたら入江くんが放っておくわけないですよね!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

★カスガノツボネさん、ありがとうございます。

お返事が遅くなり申し訳ございません。

入江くん、甘々にしてみました。ちょっと甘くなりすぎたかなあと思っていたのですがやはり読まれた方も照れてしまいましたか。
本当にふらふらと文章をつけてしまいました!
琴子ちゃんも意地を張っていても結局、入江くんには勝てないんですよね。
こんな仲直りの仕方をされてしまってはね!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

★YKママさん、ありがとうございます。

お返事が遅くなり申し訳ありません。

私も何か書きたい!とあのイラストを見て思ったのですが、うまく書けるか自信なくて。
でもどうしても書きたくてぴくもんさんにお願いしてしまいました。
入江くん、本当に琴子ちゃんが好きなんですよね。
その辺を表現してみたかったので、その感想嬉しかったです。
拗ねながらもだんだんと罠にはまっていく琴子ちゃん…うんうん、まさしくそうですね!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

★ぴくもんさん、ありがとうございます。

お返事が遅くなり申し訳ありません。

こちらこそ、文章を書く許可を下さってありがとうございます!
本当は書く前に許可を得るべきだと分かっていたのですが、うまく書けるか自信がなくて。
だから書き終わったらご連絡しようという、なんと情けないこと。

中学生がやるかのようないたずら、うふふ、本当にそうですよね!!
それに翻弄される琴子ちゃんもやっぱりかわいい。
そしていつボタン外したんだ、本当に!!
もうやる気満々だったんでしょうね~入江くん!

最初は入江くん、パジャマ設定にしようかと思ったんです。でもいろいろ考えてシャツだろうなあと。
われらが入江直樹、私も同意します!!

宝くじもらった気分なんて!
私こそ、この素敵なイラストのおかげで久々にふつうのイリコトを書けてうれしかったです。
まだふつうのイリコトもいけるんだとちょっと安心しました。

本当にありがとうございました!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

★marimariさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

いつの設定にしようかなあと迷ったのですが、新婚一年経つか経たないかくらいのときの方が一番いいかなあと思って。
琴子ちゃんが結婚して少しずつ、色気を出して?くるところを入江くんが楽しんでいるという感じにしたかったのです。

marimariさんもお体に気を付けてくださいね!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

★ぴろりおさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

うわ~ぴろりおさんに叫んでもらってしまった!!うれし~い!!
しかも法律事務所まで読んで下さっていたんですね!またまたうれし~い!!

私もぴくもんさんのところで拝見したときに興奮しちゃって!!
琴子ちゃんがどこか拗ねている顔がすごく印象的で。
やーん、スタンディングオベーションまで!それじゃあアンコールを(笑)なあんて。

ぴろりおさんもお体気を付けてくださいね!
うちは今の所何とか頑張っています。
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

★みゆっちさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

素っ裸で歩く美女軍団を無視する入江くん、私も想像して爆笑しちゃいました!
身もだえまでしていただいて。うーん、さすがぴくもんさん効果はすごい!
ノックアウトできてよかった!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

★彩さん、ありがとうございます。

お返事遅くなり、申し訳ありません。
そそられるなんて、うれしいお言葉ありがとうございます!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

★emaさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

や~私も絵を描けたらどんなにいいかと毎回思っておりますよ!!
こんなところを書いてみたいとかいっぱいありすぎて!
その先、ぴくもんさんが書いてくれましたよ~!!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:07 |  URL |  【コメント編集】

★まあちさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

や~まあちさんのお話は相変わらず爆笑ものですね!
ていうか、お嬢さんが面白すぎる。ユーモアありすぎる!将来が楽しみすぎてたまりません!
人力脱水…それは大変でしたね。
洗濯機って今や欠かせないですよね。

そうそう、私最近車の運転始めたんですよ。
ペーパードライバー15年にようやく終止符を…と思いきや、駐車がいまだ自信なく。駐車に自信がないため店に入れず、市内ぐるぐる…(笑)
車内は私の叫びであふれ、付き添う母はぐったりと助手席に倒れこみ…。

私もまあちさんみたいに誰かを送るとかしてみたいけれど、駐車が…駐車が…。
映画みたいに走ってくる車から飛び降りてくれるなら何とかいけるかな(笑)
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:10 |  URL |  【コメント編集】

★りんさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

「いとし」も読んで下さりありがとうございました。
大長編となったので、いまだふぬけな感じです。
今回は久々に甘々をと思いぴくもんさんにお願いして書かせていただきました。
萌えていただけてよかった!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

★いたさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

お母様、パソコン楽しまれているんですね!それはそれで嬉しいですよね!

私も自意識過剰のくだりは何か言い間違いをと考えたのですが、適当な間違いが浮かばず断念(笑)
イラスト本当に素敵ですよね!おかげで私も久々に現代イリコトに挑戦することができました!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

★さくらこさん、ありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

二人の寝室に入っているかのような…わ~そんな風に思っていただけてうれしいです!
ありがとうございます!

琴子しか知らない入江くん…うんうん、いいですね~♪萌え、萌え♪
素敵すぎるなんて嬉しいお言葉をありがとうございます!
水玉 |  2012.12.14(Fri) 23:15 |  URL |  【コメント編集】

★初めまして

はうっ(*´ `)
丁度久しぶりに台湾版イタズラなkissⅡをみていたのでニヤニヤが止まりません!

素敵なお話書いて下さってほんとに幸せです*
ありがとうございます。

日々草子に出会えて良かったです!!
また来ますね^^*
mignon |  2013.11.13(Wed) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |