日々草子 梅雨寒の日の出来事

梅雨寒の日の出来事

お祭りが25日までのような感じなので、ギリギリまで楽しみたくて♪
私も青い入江くんに挑戦してみた…つもりです(断言できないところが水玉クオリティ)。














もうそろそろ梅雨も明けるはず。それなのに今日は気温が低かった。
ここ数日は30度を越して、うちも今年初めてのクーラーだとおふくろが騒いでいたというのに。
学校帰りの電車の中から見える電光掲示板には「ただいまの気温 23度」と表示されていた。どうりで涼しいわけだ。
これは体調を崩さないようにしないとと思いつつ、改札を出た俺の目の前には見覚えのある奴が歩いていた。
家では「暑いなあ」と言いながら結んでいた髪も、学校に行くときは背中に垂らしている。その長い髪の後ろを俺も自然と歩くことになる…帰る先が同じなのだからしょうがない。

どうやら奴もこの気温に困っているらしい。いつもはまくりあげている長袖の白いシャツが今日は下ろされている。時折腕を摩っている所を見ると、結構こたえているらしい。
ちんたらちんたらと歩いている奴の側を、俺はサッと通り過ぎる。

「あ、入江くん!!」
…チェッ、見つかったか。ボケッとしているから気づかないと踏んだのに。
「入江くんも帰り?同じ電車だったのかなあ?」
「…どうでもいいじゃん。」
俺は素っ気なく答えた。
「そうだよね。どうせひとつ屋根の下で暮らしているんだしねえ。」
あいつの大声に、道行く人間が俺たちを興味深そうに見る。
「…誤解されることを口にするなと言ったよな?」
「ごめんなさい。」
エヘへと笑っている所を見ると、絶対また繰り返すだろう。馬鹿はしょうがない。

「今日寒いねえ。入江くん、大丈夫だった?」
「まあね。」
「そっか。私なんて寒くて寒くて。」
「皆そう言ってたよ。」
「うん、そうなんだけど。でもこの寒さ異常じゃない?」
「まあこの時季にしては…。」
と言いかけて、俺はふと思った。
さっきからこいつは「寒くて」と言っている。確かに気温は低いが「涼しい」というレベルだと思うが。
「何か授業中もね、歯がガチガチって鳴っていて。」
俺は足を止めた。
「ぶっ」と変な声と共にこいつ、琴子が俺の背中にぶつかった。
俺は気にせず顔を後ろへと向けた。

「どうしたの?」
琴子は鼻を押さえつつ俺の顔を見る。が、その直後に「コンコン」という咳をした。
「お前、風邪引いたんじゃねえの?」
「風邪?そんなことないよ?」
琴子はまたヘラヘラと笑いながら手を振った。しかしその後にやはり「コンコン」と咳をしている。
「咳してるじゃん。」
「あ、これ?これはね、今日は二回も当てられて教科書読んだからだよ。国語と英語。」
「一時間ずっと読ませられたのか?」
「まさか!そんなわけないじゃない。ちょっとだけよ。」
「だよな。だけどそのちょっとだけ教科書読ませられたくらいで痛めるような、繊細な喉をお前が持っているとは思えないけど。」
「失礼ね。あたしの喉はデリケートなのよ。歌えばカナリヤも寄ってくる…ああ~♪」
調子に乗った後、琴子は「ゴホゴホ」と更にひどい咳をした。間違いない、こいつは風邪を引いたんだ。

「それにしても、また気温が下がったんじゃない?」
琴子は腕を押さえるようにブルルと震える。寒いってことは今熱が上がっているところか。
「南極って感じ?」
「南極はそんな薄いシャツ一枚で歩けねえよ。」
「そっか。」
またヘラヘラと笑う琴子。ったく。

「ほら。」
俺は鞄からジャージの上着を取出し、琴子の頭へと放り投げた。
「家まで着てろ。」
「え?これって入江くんのジャージ?」
紺色のそれを頭から取ると、琴子はしげしげと見た。
「俺は他人のジャージを持って帰る趣味はない。」
「あ、そっか。そうだよね。」
ジャージの胸元には『入江』と名前が刺繍されている。琴子はそれを見ると「本当に入江くんのジャージだ」と笑った。
「でも悪いよ。」
この期に及んで何を遠慮しているのか、琴子は俺にジャージを突っ返してくる。
「いいよ。着てろ。」
「でも…。」
「お前の風邪がそれ以上悪化すると、俺が困るんだよ。」
「入江くんが困る?何で?」
「お前が寝込むと、おふくろはお前につきっきりで看病するだろう。そうなると俺たちの世話なんてコロッと忘れちまうだろうからな。」
何だ?このとってつけたような言い訳は。なぜ俺がこんな言い訳をしなければいけないんだ?
ジャージを貸したことがなぜだか妙に照れくさくて、俺は変なことを言っている。

「分かったら着てくれ。」
「…ありがとう。」
琴子はジャージを羽織った。
「えへへ、入江くんのにおいがする。」
「気持ち悪いこと言うな。」
「えへへ。」
俺は先へと行くことにした。

琴子より少し先を歩いていると、あることに気づいた。
「ね、あの子…何だかすごい格好。」
「あれも若い子のおしゃれってやつかしらね?」
どうやらジャージを羽織った琴子に視線が集まっているらしい。俺はちょうど通りかかったコンビニのガラスに映っている後ろの琴子を見た。琴子は気づかず俺のジャージを嬉しそうに着ている。

「入江くん、どうしたの?何か落とした?」
突然止まった俺にまた琴子は驚いた。
「別に。」
何となく俺は琴子の傍に立ち、歩き始める。歩調を琴子に合わせて。
そして琴子をおかしそうに見る通行人に睨みをきかせる。すぐに静かになった。
ったく、どうして俺がこんなことをする羽目になるんだか。
こんな奴、何をどう言われても平気なはずだってのに。ただ、俺のジャージを嬉しそうに着ているこいつが、他人に笑われるのが腹が立って仕方がなかった。

注目もされなくなったことだし、置いて帰っても…。
俺はチラッと横の琴子を見た。さっきよりますますしまりのない顔になっている。
今のこいつは「お薬あげるからついておいで」とか声かけられたら絶対ついて行くに違いない。
いや、こいつだって馬鹿だけど高校三年生だ。そこまでだまされることは…。
俺はまた横目で琴子を見た。俺と目が合いニパッと笑う。…だまされそうだ。



「あたし、熱はないと思うの。」
「あるだろう。」
「ないわよう。」
口調が段々とフニャフニャし始めた。こりゃ相当悪化したな。
俺は琴子の前髪をやや乱暴に掻き上げると、自分の額を琴子に額につけた。
「熱い!お前、あるなんてもんじゃねえぞ!」
額は燃えるように熱かった。
「ったく、これは帰ったら病院へ…。」
俺がそう言った時、琴子はクラクラと倒れてしまった。
「おい!!」



「ったく、何で俺がこんな目に…。」
「…ごめんね。」
倒れた琴子をそのままにするわけにいかず、俺は背負って歩いていた。
「だって入江くんのおでことあたしのおでこがゴッツンコしたんだもん。だからね、熱があるわけじゃなくて嬉しさのあまりに…。」
「熱だ!いい加減認めろ!!」
この期に及んでまだ認めないのか、こいつは!
「あ、でもね。たとえ熱があったとしても、おばさんに世話してもらわなくても大丈夫だから!だから入江くんは安心しておばさんにご飯作ってもらってね。」
「いいよ、それはもう。」
「でも、それが困るってさっき…。」
「子供じゃないんだから自分で何とかできるよ。」
「そ、そう?」
琴子が話すたびに、俺のうなじに熱い息がかかる。

「あ、それじゃあ。」
「お前、風邪のくせに口は止まらないんだな。」
「入江くんが風邪を引いた時は、あたしが看病するね。」
「断る。」
「何で?」
「お前に看病されたら、再起不能になりそうだから。」
「え?何?才気煥発になる?」
「…お前、熱ある時は頭が回るらしいな。」
普段絶対出てこないような四字熟語が琴子の口から飛び出した。ったく、本当に口だけは達者だよ。

「入江くんのジャージ、洗って返すから。」
「当然。風邪のウィルスをそんなにべったりとつけられたんだから。」
「あのね、あのね。理美が言ってたんだけど。」
「理美?ああ、バカトリオのうちの一匹か。」
何でここにお前の友達が出てくるんだ?話が飛ぶ奴だな。
「理美ってね、ブラとか手洗いなんだって!」
…俺に何と返事をしろと?「へえ、そうか。それは大変だなあ」とでも言えと?
「だからね、入江くんのジャージもあたし、手洗いするから!」
「いいよ、別に。」
ああ、そういうところに着地するわけか。やっぱりこいつの話はついていくのがやっとだな。
「ちゃんとね、おしゃれ着洗いのオマールで手洗いするからね。」
「いいって。そんなの洗濯機に放り込んでおけば勝手に洗ってくれるから。」
「だめよ!」
琴子が背中で暴れ出す。
「おい、動くな!落とすぞ!」
「あ、すみません。」
琴子はおとなしくなったと思ったら「ホームクリーニングのオマール♪」とどっかで聞いたことのあるような歌を歌う。

そして俺はやっとの思いで家へと到着した――。
案の定、琴子は三日間寝込むことになった。



「入江くん、本当にありがとう。」
きちんとたたんだジャージを、すっかりよくなった琴子が俺に差し出した。
「ちゃんとオマールで手洗いしたからね!」
「どうりで洗面所がびしょびしょだったわけだ。」
今朝方、洗面所の所を通った時、豪快な水の音が聞こえていたからもしやと思ったが。
俺はジャージを受け取ると「それじゃ」と部屋のドアを閉めた。
ジャージからはいつもと違う洗剤の香りがした。なるほど、これがオマールの香りってわけか。
…待てよ?
あいつ、妙なことを言ってたよな。バカトリオの一人が何かを手洗いしてるとか。
てことは、あいつもその類の物を手洗い…オマールで洗っているってことか?
そうなると、このジャージの香りはあいつのそれと同じ香り?
それを考えた俺の中で甘酸っぱい気持ちが広がる――。



しかし――。

「琴子ちゃん、本当にいいの?」
「いいんです、いいんです。」
とある日曜日の朝。洗面所からおふくろと琴子の声が聞こえた。どうやら洗濯をしているらしい。
「だっておばさん、見て下さい。あたしのブラって飾りも何もないんですよ?」
「でも…それって一応オマールで洗った方がいいんじゃないのかしら?」
「そんな必要ありませんって!ほら、綿96%にポリウレタン4%。レースとか全然ついてないし!こんなの洗濯機でガンガン洗えますもん。」
「あ、それじゃあ琴子ちゃん!一応ネットに入れたら…。」
「必要ないですよ!アハハ!」

…何だ、今の会話は?
ということは、あいつはあれをオマールで洗ってないってことか?
洗濯機でガンガン?
ちょっと待ってくれ。あの時の話の流れだと、お前もそれを手洗いしているって言いたかったんじゃねえのか?
…俺の甘酸っぱい気持ちをどうしてくれるんだ?



そしてそれから一年後。
俺は廊下に落ちていたあいつのパンツを偶然拾い上げることになる。本当に手洗いなんて必要のない、洗濯機でガンガン洗ってもへたれないようなそれを見た途端、俺はジャージのことを思い出し…つい八つ当たりをしまうことになるのである――。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビバ!水玉クオリティ!

おはようございます♪
梅雨祭り&青い入江くん祭り!水玉さんの粋な計らいに私、朝からニヤニヤが止まりません~~(≧▽≦)

もう、はじめっからなんだかんだ言いながら、琴子に目が釘ツケではないですか!入江くん^^
家では髪を結い上げてる、とか、普段は捲り上げてる長袖、とかそんな端々に入江くんが無意識のうちに琴子を見ている姿が垣間見えてもう、それだけでも肘でうりうりしたくなっちゃう(笑)

風邪引いてると気がついて、ジャージを貸す理由のなんととってつけたような理由ww
そして・・・出た!!「入江」ジャージ!!
もうあれですよね。「こいつ、おれのだから」状態!
歩調を合わせてにらみを効かせる入江くん、通行人からしたらどんだけ彼女のことすきなんだよ!って思いますよね。
あ~~無自覚の夏・・・じゃない、梅雨だわ~~。

そして熱にうかされた琴子ちゃんの理美の○マール洗い暴露ww
まるで必要のない情報に入江くんも甘酸っぱい思いをどうしてくれる?と言っていますが、理美こそ「なんでそんなことを!?」と赤面ものですよね(笑)
不意に琴子ちゃんがその事を彼女に話して、理美が入江くんに挙動不審になるスピンオフなお話も読みたくなっちゃいました(^m^)

しかし琴子ちゃん、せめてネットにはいれなきゃね~~(笑)
楽しいお話ありがとうございました♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

水玉さん、こんばんは♪

琴子ちゃんのことがついほっとけない入江くん。
お世話しているうちに、琴子ちゃんの可愛らしさに自覚なしで少しずつ嵌っていく青い入江くんですね!
~お話の高校生の琴子ちゃんがすご~く可♪愛♪い♪~♪
“「ったく、何で俺がこんな目に…。」”
~入江くんの青さも愛おしいです!~♪
“…俺の甘酸っぱい気持ちをどうしてくれるんだ?”
(笑)。。。なるほど!あの時の八つ当たりにはこんな無念さも含まれていたのですね!

ほっこり温かなお話をありがとうございました~♪

佑さん、ありがとうございます。

おお!
ツンデレ入江くんになっていましたか?
青い入江くんは初挑戦で緊張しました!ありがとうございます♪

ぴくもんさん、ありがとうございます。

ぴくもんさんのところの青い入江くんに触発されちゃって、つい書いちゃいました!!
青い入江くんといえばぴくもんさんの代名詞って感じですもんね!そのぴくもんさんに肘でうりうりされるなんて嬉しいです!
私はぴくもんさんのコメントに萌え萌えでしたよ~。とってつけたような理由、まさしくそうですよね!素直にお前が心配だとか言えないし(ここで入江くんの医者としての将来が暗示?なあんちゃって)
「こいつ俺のだから」、あんなかっこいい入江くんにそんなことしてもらえるなんてうらやましすぎですよね!!
くーっ○鳥の夏、無自覚の夏、万歳!!
そんでもって、このコメントにまた調子に乗って続編を…ああ、お恥ずかしいっ!!

marimariさん、ありがとうございます。

こちらにも肘でつついてくださった方が!!
もう肘祭り、万歳!!(←なんだ、そりゃ?)
天然琴子ちゃんには、天才入江くんもかないませんよね。
こちらもまだ暑い日が続いています。marimariさんもお体に気を付けてくださいね!

Foxさん、ありがとうございます。

入江くんはオマールの香りを感じるたびに、この日の出来事を思い出すんでしょうね(笑)
天才も思春期の男の子ですもん!
本当に暑い日が続いていますよね~。Foxさんも熱中症に気をつけてくださいね!

紀子ママさん、ありがとうございます。

最初の入江くんは本当に冷たかったですよね!あの痴漢事件はすごかった!
でも試験勉強で琴子ちゃんの根性を見たときに、ちょっと変わった気がするんですよね。
琴子ちゃんだけがわかる入江くんの優しさ、それは入江くんが優しくする対象が琴子ちゃんだけってことなんですよね。それだけ特別な存在♪
大好きな入江くんに優しくしてもらえて、汗のしみこんだジャージを着られてこの日の琴子ちゃんは幸せだっただろうな^^

まぁにさん、ありがとうございます。

そうなんですよ!!
青い入江くんは初めてだったんです!もううまく書けるか緊張してたのですが、みなさんに受け入れていただけて安心しております。
またいつか、青い入江くんを書いてみたいです!ネタさえ浮かべば(笑)
入江くん、ついおでこをくっつけてしまったんでしょうね。なんだかんだと優しい(笑)
まぁにさんに少しでも暑さを忘れていただけたなら、とても嬉しいです。

あおさん、ありがとうございます。

同居人から家族の一員って感じになってますよね!
出会った頃の入江くんだったら、琴子ちゃんがふらついていようがなんだろうが放置して帰ったでしょうが、今は違うところがくすぐったいです。
俺がこんな目にとこぼしつつも、ちゃんとお世話している入江くん。そして意識してないようでしっかりと意識している入江くん…。
ラストは少々強引かなと思いつつ、あのエピソードに結び付けてしまいました!
あおさんに楽しんでいただけてよかったです♪
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク