日々草子 Which?

Which?

『傘と長靴』の続きです。
…拍手とコメントに調子に乗って書いてしまいました。すみません。














勢いよくドアが開けられると、靴を脱ぐのももどかしそうに直樹が入ってきた。
「風呂沸かすからな。」
「うん、洗ってあるから。」
「まーくん、タオル持ってくるね!」
「ああ、まーくん。いいから、ママが取ってくる。」
「しかし、派手に濡れたもんだな。」
そういう直樹の体は濡れていない。
「風邪引いたら大変だからな。」
バタバタとせわしく三人が動いているうちに、風呂が沸いた合図の音楽が響く。


「湧いたぞ、琴子。」
「はあい。入ります。」
「ったく、思い切りやられたもんな。」
「ママ、びしょびしょだもんね、可哀想。」
濡れたのは琴子であった。ドニーズからの帰り道に、そばを通った車に水をかけられたのである。しかも一人だけ。

「でも運転していた人、止めて謝ってくれたから。」
「まあな。普通はそのまま通り過ぎるもんだけど。なかなかできた人だった。」
「きっとママが可愛かったからだよ。」
タオルでゴシゴシと琴子の体を拭きながら、真樹がニコッと笑った。
「あのお兄さん、ママのこと見て笑ってたもん。」
「あら、そう?」
息子に褒められて嬉しげな琴子に直樹が、
「そりゃあ、あれだけ見事に濡れたら笑いたくもなるだろう。」
と面白くなさそうに返す。
「さっさと入ってこいよ。」
「あ、そうだった。まーくんも一緒に入る?」
「入る!」
パタパタとバスルームへと走っていく二人を見送りながら直樹は「やれやれ」と苦笑いした。



しばらく経った後―。
「まーくん、上がりますよ!」
琴子の声と同時に真樹がバスルームから飛び出してきた。
「よし、おいで。」
洗面所で直樹がバスタオルを広げて待ち構えている。真樹はその中に元気よく飛び込んだ。
直樹は真樹の髪や体を丁寧に拭いてやる。
「それじゃあ、お前はゆっくり入ってこいよ。」
ホカホカの真樹をバスタオルでくるむと、直樹がバスルームの琴子に声をかけた。
「はあい。」



「ああ、いいお湯だった。」
直樹の言葉に甘えて、ゆっくりとバスタブに浸かった琴子は上機嫌でバスルームの扉を開けた。
が、すぐにそのドアをパタンと閉めた。

「…。」
今度は細い隙間を作り、琴子はそこから目だけをのぞかせる。
「…何でそこに入江くんがいるの?」
「何でって見れば分かるだろ?」
そこでは真樹を待ち構えていたように、直樹がバスタオルを広げてニッコリと笑っていたのだった。
「拭いてやろうと思って。」
「いいよ!一人で拭けるわよ!まーくんじゃないんだし。」
「遠慮するな。一人も二人も同じだから。」
「遠慮じゃないってば!まーくんを一人にしたら可哀想でしょ?」
「それは大丈夫。」
「大丈夫って?」
「ちゃんとしておいたから。」
ニッと直樹が笑った。



「ぷはーっ!」
その頃真樹はペンギンのバックプリントのパンツ一枚の姿で、リビングで子供用の椅子に座りジュースを飲んでいた。
直樹があらかじめ、ジュースを準備していたのである。それだけではなく、真樹のお気に入りの動物大特集を録画したものをテレビに流しておいたのだった。
「風呂上りの一杯は最高!」
最高の環境に酔いしれ、テレビで見ていつか言いたかった台詞を口にする真樹は傍に両親がいないことなど、まったく気にしていなかった。



「ほら、どうぞ。」
「…やだ。」
「何だよ、真樹はパパに拭いてもらうの気持ちいいって喜んでたぞ。」
「恥ずかしいもん。」
「お互い隅々まで見せ合った仲じゃねえか。何を今更。」
「その言い方、何かやだ!」
「それじゃあ…。」
直樹は言った。
「どっちか一つ選べよ。」
「選ぶ?何を?」
琴子は怪訝な顔をした。何だか嫌な予感がする。
「俺にここで拭かれる。それが嫌なら俺と夜、遊ぶ。」
直樹はフフッと笑いながら言った。
「選択になってない!!」
琴子は顔を真っ赤にして叫んだ。

「真樹、ほらパパの新しい本だぞ。」
琴子にパジャマを着せてもらっている真樹の前に、直樹は新しい医学書を見せた。
「今夜、これを読んであげるからな。」
「わあい!新しいご本!パパのご本!」
素直に手を叩いて喜ぶ息子に、琴子は「はあ」とため息をついた。医学書を読み聞かせると、真樹の寝つきはすこぶるいいのである。
「ママ、お顔真っ赤。」
「あら、そ、そう?」
「うん。お風呂でのぼせちゃった?」
心配げに顔を覗き込む真樹。
「ううん、大丈夫よ。」
結局、選択肢など無意味であった。琴子が直樹に逆らうことなど無駄な抵抗だったのである。
翌朝、直樹は琴子に代わって朝食を上機嫌で作っていたのだった――。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

sarasaさん、ありがとうございます。

そんなに感激してもらって、うれしいです♪
ありがとうございます!
「傘と長靴」ではほのぼのだったのに、この話の入江くんはまったくもう…(笑)
気持ち悪いなんてとんでもないです!sarasaさんのコメントこそ清涼剤ですよ~。
某所も久々に更新してきました。よかったらどうぞ^^

佑さん、ありがとうございます。

うふ、降臨です(笑)
まーくんが気にしないように準備万端な入江くん(笑)
水たまりの水がかかるとしたら、絶対琴子ちゃんですよね。
入江くんはかからないようによける、いや車が前から来た時点で察知しそう!
北海道フトンは本当にほのぼのなんですよね~。

秘密の喜びさん、ありがとうございます。

うわ、キラキラになるってところまで覚えていてくださったんですね!
ありがとうございます!
キラキラママを見て、まーくんのお目目もキラキラと輝いているでしょう♪

marimariさん、ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます♪
入江くんは過去の分まで琴子ちゃんを溺愛してますからね~♪
入江くんがもう可愛くてたまらないんでしょうね!

紀子ママさん、ありがとうございます。

ジェーン・エア、映画になったんですよね!!
私もびっくりしましたよ~。
ありがとうございます。
オリジナルを考えてみようと頑張っておりますが、結末が…結末が浮かばなくて~!!
あんまりこだわらなくていいかなと思いつつ、いやいやそれじゃだめじゃんと思いつつ。
まーくんは本当に人気があって!!
ここで書いてもこんなに拍手がいただけるとは思ってませんでした。
本当に裏に引っ込ませておくのが不憫になってきましたよ!

オタフクさん、ありがとうございます。

ええ、裏のみのキャラだったのですが(笑)今回はお祭りということで出張させてみました!
たまには日の光を当ててあげたくて…涙

茉莉花さん、はじめまして。

はじめまして、コメントありがとうございます!
おお、平成生まれにもイタキスが通じるなんてすばらしいです!
私のブログにお越しくださり、本当にありがとうございます。
しかもマドカメ(使って下さってすごく嬉しいです!)がお好きなんて!これまた嬉しい!!

あ~私、実は…アニメのイタキス見てないんですよ^^;
気づいたのが最終話の直前だったもので、ほとんど見ておらず。再放送してくれないかなあと思いつつもする気配なく。
近くのレンタルにも置いてなく…。
琴美ちゃんは本当にいろいろなサイト様が書かれていますよね!!パパになった入江くんが新鮮で♪
過去に一度書いたことがあったのですが…まあこれが私の力及ばず、悲惨な出来になってしまいお蔵入りしたような、もしかしたらしてないような(確認する勇気もない)

いつか自信がついたら書いてみようと思います!!
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク