日々草子 お詫び

お詫び

先日の記事でお気を悪くされた方にお詫びを申し上げます。

私は別にスタッフさんを見下しておりません。
といっても、そう取られてしまったことという事は書き方が相当悪かったのだと思います。誤解させた点は謝ります。
(自分でそう言っていてもお前の心中のどこかでは見下していると言われても、私には違いますとしかお答えできません)

過去の採血の失敗を責めるつもりもありません。
血管が細いこちらにも問題はあるでしょうし(というか、血管がなぜ細いのかは素人には判断できませんが)。

ただ、こちらとしては血管が細いことは何度も言われているので、今回もあらかじめお伝えしておきました。
入院時は必ず医者が採血していたこと(医者が一番採血が上手かどうかも私はわかりません。ただ今回の入院にあたってはそうされてまして)。

それでも腕からは取れずに毎回手の甲から取っていたことも伝えましたし、採血にあたって患者への注意として掲示されている、腕をまくりやすい服装、余裕をもった行動などもすべて守って来院しています。

そんな状態なので採血の失敗(と呼んでいいのか分かりません。お気を悪くされたらすみません)も仕方ないかなとあきらめているところもあります。

看護師さんが少数しかいない診療所とかだったら、何度も刺されても耐えるしかないかと思います。
でも技師さん、看護師さんが数十人いて次から次へと採血していく大病院だったら、取れなかったら違う人に交代できないのかなあと考えていました。
でも病院によってルールとかいろいろこちらにはわからない事情があるのだから、何も言わずに我慢してきました。
もしかしたら交代とかできないのかもしれないなと思いましたし。


しかし技師さんによってはあちこち見て、自分には無理だと判断したら針もささずに「交代します」と下がる人もいましたので、ああ、交代もありなのかと思いました。
でもこちらからは「交代して」とは絶対言いませんでした。
やはりそこは事情が色々あるんだろうなと思いましたし、血管が血管のこちらも悪いのかと思いましたから。
採血とか血管の状態とかはこちらは全く分かりませんので、実際に針をささないと分からない事もあるのかもしれないしとか、できる限り悪い方へ考えないようにしてました。

だから5回刺されても耐えましたし、文句ひとつ言いませんでした。
場合によっては再採血するとも書いてありますし、取りにくいならしょうがないかと思っていました。
できることなら一言、「とりにくい」とどこかに書いて欲しいけどそんな個人的な対応はわがままであり、無理なんだろうなあと思ってました。
他の患者さんがあっというまに終わるのをよそに、腕を出して採血終わるまで30分以上かかることも仕方ないなと思ってました。

でも先日、やっとスタッフ側から「次回からは経験を積んだ者にとらせるよう指示しておきます」と言ってもらえて、「やっと苦労しなくてすむかも!」と喜んだんです。

それで今回も順番がきた時に腕を見る事もなく「難しいタイプなので配慮しますね」と言われました。画面上には名前の下に「採血を何度もやるほど難しい、要注意」みたいな意味の言葉が大きく表示され、それを技師さん、私たち、案内係の看護師さんと全員で確認しました。

そして「案内しますのでお待ち下さい」と言われ、待っていたんです。

混雑が相当なものだったので、待つ事は覚悟してました。
しかし一向に呼ばれず。
そのうち、だんだんと患者の具合が悪くなってきて。
「具合が悪くなったらスタッフに言うように」と大きく掲示されていることもあり、一緒に画面を見た案内係の看護師さんに「まだですか」と尋ねたら、「まだしてないの?」という返事が返ってきたので私もブチンと切れてしまったんです。

その時「じゃあここで」と適当な感じで簡単にすすめられたことにも、ちょっと不信感を抱きました。
確かに「経験を積んだ人なんですか?」という言葉は口にした時、その関係のない技師さんを不快にさせたとは思います。
ただ経験を積んだ人だったらその案内係の看護師さんが「そうです」と言ってくれると思うんです。経験を積んだ人に採血をさせるとはっきり私たちに告げているわけですから。きちんと患者の情報にも記載されていましたし。
でも案内係は私たちの前で他の人を探し始めました。ということは、彼女が「ここで」と言った技師さんは違ったという意味じゃないかと思います。

私だってきついと自分で思いました。
でも、顔色が変わって呼吸が荒くなって、椅子にどうすわっていいかわからない状態の患者にまた、30分以上も背もたれもない椅子に座らせ、取れるかとれないかの緊張を30分以上味あわせることは拷問状態に近いと思ったんです。
家族としては早く楽にしたい、このままだと体調はどんどん悪くなって意識を失うのではないかと心配で仕方ありませんでした。
私は医学知識はないので、この状態が心配いらないものなのか耐えられるものなのかなんて分かりませんから。

その時の技師さんは、はっきりいってとばっちりだったと思います。「そんな言い方しなくても」と思ったと思います。それは「ごめんなさい」としか今となっては言いようがありません。

ただ、私が怒っているのは技師さんたちではなく、自分で言ったこと、確認したことを見事に忘れていた案内係の人の意識なんです。
採血の時に表示される患者情報がカルテなのか、どうなのかは知りません。
でもわざわざ「要注意」と大きく記載されたということに期待する事は間違っていたのでしょうか。
口頭でも言われ画面でも表示されれば、いくらかは考えてくれるだろうと期待してしまいます。

画面にまで表記された事をど忘れしていて、さらにその後の行動を見ていたらその案内係さんに、失望しました。
だから案内係さんが連れて行ってくれた技師さんについても「今度は案内係さんは、ちゃんと考えてくれたんだろうか」と不安視してしまったんです。
しかも「隣にベテランがいるからすぐに交代できます」と言われたら、「じゃあ今から採血をしようとしているこの人は何!?」「この状態でまた30分以上採血に時間かかるの?」と不安になってしまいましたし。
案内係さんに対する不信感が威嚇のような態度になったかもしれません。
「忙しかったから仕方がない」と言われたらそこまでですが。
しかしそう言われると「忙しいと連絡事項は忘れられるものだな」と覚悟するしかありませんね。



色々長々と書いて意味不明だろうと思いますが、私が腹が立ったのは採血に失敗することではなく、情報を確認したにもかかわらず忘れていたことです。
忘れるってことは大したことじゃないのかなと思いますが、だったら期待させる事は最初からやめてほしいなと思います。
「配慮します」と言われたらどうしたって期待してしまいますから。
別に贔屓してほしいわけでは決してありません。


一度言った事を実行できないのならば、その理由を説明してもらいたかったです。
「今ベテランがいない」「今日は混雑していて対処は無理かも」等言ってもらえれば、こちらだって「それじゃあ仕方ないですね」と受け止めることができますから。
理由があるのに「そんなこと受け入れられない!」と無理を言うほど非常識な患者でないつもりです。

結果として最後に患者は倒れてしまい、看護師さんたちを呼んだり待合室の他の患者さんに席を譲ってもらったりしてしまいましたし。先生まで心配してわざわざ診察室から出て出迎えてくれるほどでした。
幸い命に別状はありませんでしたが、もし重篤な症状でも引き起こしたらと思うと、とても言葉で言い表すことのできないくらい、怖かったです。
「たかが採血の負担でオーバーな」と笑われるかもしれませんが、医療に無知な人間はどんな些細なことでも不安になるんです。

スタッフを蔑視しているとか、見下している事は決してありませんので。
(思ってなければそんなこと言わないだろうと責められたらそこまでですが。少なくとも私の心の中にはそんな思いはないと自分では思っております。)
むしろ、医者、看護師、検査技師、放射線技師…診察にかかわるすべての方をプロだと思って信頼しているからこそ、すべてゆだねているんです。なんとかしてくれると期待しているんです。

それにいつも病院のスタッフさんには感謝しております。
二週間近い入院の間に毎日顔を見せてくれたお医者さん(いつ休んでいるのかと心配になりました)、外来で私に対しても丁寧に説明してくれて気持ちをほぐしてくれる主治医の先生、副作用で苦しくて夜も眠れずにいた母に「これで少し楽になればいいけれど」と冷たいタオルを持ってきてくれたり、やはり副作用でトイレでもどしてしまった時にも笑顔で対処してくれた看護師さん、食欲がない事を心配して色々提案してくれた栄養士さん、ベッドメーキングや車椅子の移動をとても快くしてくれた看護助手さん、「こちらにどうぞ~立てますか?大丈夫ですか?」と笑顔で対応してくれた放射線技師さん、たくさんの患者さんの採血を立ったまま疲れた表情見せずにてきぱきとこなしていく臨床検査技師さん…すべてのスタッフさんに感謝している日々です。
(他にもたくさんのスタッフさんがおいでかと思いますが、私が直接接したスタッフさんを中心に挙げさせていただきました)
素晴らしいスタッフさんに恵まれたからこそ、期待も大きくなってしまったのかもしれませんね。

この私の考え方がやはり気に障るようでしたら、申し訳ございません。
期待する事がいいことか悪い事か、やはり私には判断できません。

最後に経験談から一言。

昨日の技師さん、入院中に採血してくれた先生、上手だった看護師さんに共通していたのは、
取りながら「取れてますよ、取れてますよ」と声をかけ続けてくれたことでした。
些細なことなのですが、これで患者はかなり気が楽になったそうです。
血管が細くて取りにくいと自覚しているので、「取れているだろうか。見たいけど怖い」と目をそらせているので、この言葉はかなり助かったそうです。
といっても人それぞれなので、中にはこれが気に障ると思う人もいるかもしれませんけれどね。
あくまで個人的な感想ということで。

採血一つでも、取られる人間の中には緊張、不安、痛みに耐えている人間がいることを覚えておいていただけたらと思います。
オーバーだと笑われると思いますが、でもそれくらい検査は緊張と不安でいっぱいなんです。
私自身、血管がやはり細く採血で時間がかかります。健康な時でも緊張と不安を抱えています。

今回もお気を悪くされる方がいらっしゃるかと思いますが、ただただ、患者の中にはこんなことを心配している、こんな思いを抱いて来院している者がいるということをお伝えしたかっただけです。
罵倒するつもり、見下すつもりは全くないことをもう一度強調させていただきます。

お気を悪くされた方、大変申し訳ございませんでした。



関連記事
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク