日々草子 ひむろんとツンデレ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ

 

最新コメント

最新記事

先日、母と「ツンデレ」をテーマに話をしておりました。

きっかけはドラマ『南極大陸』。

堺雅人さん演じる氷室(私が付けた愛称:ひむろん)のツンデレっぷりが好きな私。

毎週観ながら、
「今日も来るよ、ほら反対する~ひむろんは!!」
と笑っていたりするわけで。

第一話。
みんな盛り上がっているところに水を差すひむろん。
この時は憎らしかったので、
私「あ~お前はそうやって邪魔をする!!」
母「空気読め!!」
と二人でわめく。

第二話。
二人で「また今週もひむろんが水をさしてくるに違いない」と文句を言いつつ、それが楽しみになってくる。
火災を起こした宗谷。
燃え盛る炎に懸命に水をかけていたキムタクから、「貸せ」とバケツを奪うひむろん。

私「ほらほらほら!!ひむろん、第二話にて改心したよ~!!みんなと一緒に消火活動するなんて成長したよ!」
母「そりゃあ、そうでしょう。だって自分も死ぬからね!!」←あくまでひむろんのことを認めない母

しかもこの話のラスト、南極に到着したところを観ていると。
またもや一人、お育ちの良さを感じさせるような帽子(他のメンバーは毛糸なのに、ひむろんだけは毛皮ぽい)をかぶってきたひむろん。

母「この人は帽子まで差をつける!!」

そして、なんか他のメンバーはずた袋ぽいのに、ひむろんが手にしていたのはこれまた高そうなトランク。

私「ちょっと鞄まで違うしっ!!」

…と、毎週こうやってひむろんを観ているわけです。

でもひむろん、言っていることは正論が多いんですよね。
先週だってさ、ちゃんと「火の始末は気をつけろ」って親切にアドバイスしたのに、あのヘタレ犬係は居眠りしやがって…ひむろんがちゃんと言ったのに!


で、今週の日曜もそんな感じで「さあ、今日もひむろんは元気かなあ?」とリモコンをピッ。

ところが、同時にお風呂が沸いちゃった。

私「じゃあ、先に入ってくるわ。どうせひむろんのツンデレは後半だし。」

そこで母がふと一言。

母「ねえ…その“ツンデレ”って何?」

私、たどたどしくもツンデレについて説明開始。
「ツンデレっていうのはね、普段冷たいんだけど時折優しさを見せてくれるというか。普段見放しておきながらいざとなったら優しくしてくれたり助けてくれるような人で、乙女の憧れの存在なわけよっ!!」
※「乙女の憧れ」をかなり強調。

母「ああ、そうなんだ。」
私「そうそう。」

母「ツンデレって、ツーンってしているかと思ったら、すぐにデレっという顔になる人かと思ってた。」

私「そんな表情のしまりのない男に憧れる乙女はいないわっ!!!」

母「いや、だから変だなあと思ったんだけど。」
私「分かりやすく言うと、イタキスの入江くんよ。」
母「ああ、OK、OK。」(※母はあまりイタキスを読まないがなぜか一発で理解した)

私「ほら、今お母さんが読んでいたその雑誌のその漫画の彼もツンデレ。」
母「ええ!!●●(彼の名前)はツンデレじゃないでしょうが!!」
私「いや、最初はツンデレだったのよっ!!ていうか、なんで男の名前だけ覚えてる!」
母「いや何となく。」

ちなみに、この雑誌も母には大不評でありまして(笑)

この会話より少し前に時間を戻しますが、少し読んでいた母。

母「なんでこんなつまらない雑誌を買ってきたの!!ていうか、最初に載っているマンガ、すごく面白くない!」
と、雑誌を放り投げた。

私「ああ、だめよ、それ。最初のやつ、本当におもしろくないから。その雑誌は真ん中の作品から読まないと!」

母「はあ!?普通雑誌の巻頭作品が一番面白いだの、人気があるんだってあなた言ったじゃない!!」
私「まあ新連載だからねえ…。あとその次とその次もよく分からないから。とにかく真ん中以降、真ん中以降から読んで、読んで。」
母「普通の人間は最初から読むと思うけどねえ…。」

という会話が交わされておりました。

…オチがない話ですみません。


関連記事

コメント

大爆笑♪♪♪

あっ!お母様ネタ♪と飛びついたんですが、、、
ドラマ『南極大陸』~残念お話に参加できない!(涙)
一応情報は。。。第二話の前の野球で、何度も宣伝していて火事のシーンも見ましたよ。それと、確かそのヘタレ犬係くんが始球式で投げていましたよ!(笑)
“ひむろん”にはついていけなかったけれど。。。
ツンデレ論議~~~♪
もう!お母さんと水玉さん最高!!!お腹がよじれるって、こういうことね!!!(大爆笑!)
ひょっとしたら水玉さんのノリノリを超えちゃったかも!!!

お母様の「ああ、OK、OK。」~~もう最高!!!

お母様!水玉さん!ありがとう!!!(爆笑)

水玉さん、お母様、こんばんは♪

先ほどは久しぶりのお母様登場に、嬉しくってタタタタッとキーを打ったんですが~仲の良い水玉さんとお母様との会話に、爆笑をありがとうって。。。ごめんなさい!!
↑訂正させてください!可愛いお母様と水玉さんの掛け合に爆笑してしまいました!!!
これでお願いします!(笑)

コメントありがとうございます。

あおさん
ありがとうございます!!
二次創作以外にコメント頂けるってすごく嬉しいです!
そうそう、そのヘタレ犬係ですよ(笑)
へ~始球式なんぞやってたんかい(笑)
いやいや、爆笑していただけて嬉しいですよ。
だから爆笑をありがとうはすごく嬉しいです。
あ、もちろんあおさんからの返事、母に読んで聞かせましたよ!お花の写真も見せてま~す♪

コメントありがとうございます。

yukiyukikoさん
はじめまして!!
コメントありがとうございます!そして三周年のお祝いの言葉もありがとうございます!
イタミン、もちろん好きですよ~!!
yukiyukikoさん同様、イタミンも母と一緒に応援しております!
「特命係のかーめーやーまー」ですよね!!あれが出てくるとテンションが上がります(笑)
ちゃんと異動するたびに帰るんですよね。
「運転免許センターのかーめーやーまー」って言っている時は、もうおかしくって!!
米沢さんもスピンオフになったんだから、イタミンたちトリオTHE捜一もスピンオフにならないでしょうか?
イタミンの着ボイスとかかなり魅力的に思ってたりします!
あと、「暇か?」の課長も好きです!
ひむろん…来週で出番終りなんてならなければいいのですが!
すごいテンション高くなるコメントをありがとうございした!

ら~ゆさん
そうそう、もうひむろんが…今瀕死の状態なんですよっ!!
一人、ひむろんの次のドラマでも決まっていたのかとスケジュールまで気にしております(笑)
ら~ゆさんが見る時は、ぜひひむろんのツンツンが復活しているといいのですが!
いや、私の下手な記事でその気になって下さるなんて嬉しいです。
ありがとうございます!!

紀子ママさん
いや~キムタク一人のせいじゃないでしょう!!
有名な話だから、あまりに先を知っている人が多いからじゃないかって気がしますよ~?
といっても、私はその有名な映画を小学校の頃に学校で見たけど印象に残ってないんですよね…。
史実に基づいているドラマだから、脚色が難しいのが難点でしたね…。
そして、ゴルゴってラスト掲載なんですか!
雑誌は読んだことがないのですが…それはもう、大御所扱いだからでしょう!
巻頭もらってつまらないマンガ…うん、本当につまらなかった(笑)絵も頭がやたら大きくて、思わず指で何等身かはかっちゃいましたよ!
投票、ありがとうございました!
確かに新妻と同じ状況なんですよ、鴛鴦も。
新妻はライバルがいないからなあ…。その代わりにガッキーがいるだけで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP