2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.14 (Thu)

ありがとうございます♪

うだうだと書いていますので…サラリと読み流して下さいますように…。

【More】




コメントありがとうございました!!
すみません、何だか最近悩んでばかりで皆様にご迷惑をおかけしてますよね…。
ブログを始めて2年半…色々悩む時期になったのかな?
というか「何を今更」なことなんですけれどね^^;
初心に返るということをこうやって思い出しているのかもしれません。

でも思いのほか、『月読み…』を楽しんで下さっている方がおいでで、ホッとしました。
あんなことを突然思ったのは、ふと自分に置き換えて考えてみたんです。
考えてみれば、私は平安文学とか好きだけど好きじゃない人もいるのは当たり前。
この間の説明もどきも勝手に源氏物語を例にしてしまったけれど、あれだって読んでない人は余計分からない…何で気がつかなかったんだろうと思いました。

しかも私が書いているのは二次小説。『イタズラなkiss』の設定をお借りして書いているものです。単に自分の創作だったらマニアックになってもOKですが、二次はそれはやり過ぎかなと気になって気になって。

更にもう一つ自分に置き換えて考えてみました。

私は今でこそ、『韓国時代劇カタログ』なるものを買って手が届く場所に置いているくらいの韓国時代劇ファンですが、一番最初に『宮廷女官チャングムの誓い』というドラマを観た時は、本当に何も分かりませんでした。
韓国ドラマは『冬のソナタ』は観ていたので、その流れで時代劇も…と思って観てみたら、時代背景は分からず、何がなんだかちんぷんかんぷん。
メディアで話題になっているのを知っても、なぜそんなに話題になるのかも分からなかったです(今は分かるようになりましたが)。

それを思い出して、時代劇というものは興味がないという人にとっては本当に面白くないということに気がつきました。
自分が好きだからといって夢中になりすぎるのはいかがだろうかと。
それを考えたら、もうどうしよう、どうしようと不安になってしまって。
イタキスが好きで来て下さっている方にとんでもなく失礼なことをしてしまっているのではと。

過去にも時代物はイタキス二次で書いていますが、その時は用語(?)などは殆ど使わなかったので…でも今回は自分が好きな宮中物!!と張り切ってしまい、興味がない人には「はあ?」というような用語を使ってしまうことが多くて。

だから、これはパス付きか何かにした方がいいのかなと思ったりしたんです。
チラシに引っ越すというのは、過去作品でも考えたことがありますし。『君がため』ですら最初はチラシに引っ越すことを本気で考えていました。

でもこれはパスワードを持ってない方には本当に失礼なことになるということも分かっています。
じゃあ、今のままのチラシ公開でやるか…でもそれじゃ大して意味がない…と考えました。

どうしたものかと考えて出した結論…。

すごく怒られるかと思うのですが…。

『あまりマニアックにならない程度に、続きを今のままで書かせて頂く』

という結論になりました…。

本当にごめんなさい!こんなに心配させておいて、こんな結論で!!

マニアックといっても、私自身は歴女でもないし、単に『源氏物語』『落窪物語』が好きで、あの十二単や貴族の生活にうっとりする…というくらいなんですけれど。

用語も適度に出しますが、説明も自分が分かる範囲でつけます。
間違っているかもしれませんが…何せ歴女ではないから。

本当はコメントのお返事の所に書こうと思っていたのですが、予想外に長くなってしまったので記事にすることになってしまいました。

パラレルばっかり書いている私なので、きっと今後もブログを続けている限りはまたグチグチと悩むと思います(え?まだパラレルやるんだと思われた方も多いでしょう(笑)それしか取り柄がないんです…涙)。その時は「ああ、また水玉悩んでいる。馬鹿だなあ。ケケケ」と笑って下さい(というより、悩まないという選択肢はないのか?)

コメントを下さった皆様、そして『月読み…』を読んで下さっている皆様、このブログに来て下さる皆様、本当にありがとうございます。

『月読み…』の続きは『モミアゲ』が終わった後に、そのテンションの高さで書く予定ですので!今『モミアゲ』でテンションを徐々に上げているところです。

またまたご心配をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

そして最後に。

原作の設定を勝手に変えて書いている私のブログを受け入れて下さり、本当にありがとうございます!!
関連記事
23:45  |  おだんごとモミアゲ  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★励ましのお言葉、ありがとうございます!!

拍手コメントありがとうございます!

るんるんさん
こちらこそ、いつも遊びに来て下さりありがとうございます!!
るんるんさんはいつも「続編を!」という、書き手が一番嬉しい言葉を下さるので本当に大好きです♪
ありがとうございます!!

Foxさん
ありがとうございます!!
本当にFoxさんも、どんな話にもコメントを下さって!!
コメントって、絶対話を書くよりも難しいし大変だと思うんです!
だからコメントを下さる方は本当に優しい方たちなんだろうなと思います。もちろん、コメントなしでも読んで下さるだけでもありがたいです!
一応、資料めいたものを図書館から借りてきました。いや、結構面白くて。タイトル『殴り合う貴族たち』…どうも史実は私たちが抱いているようなロマンめいてはいないようです(笑)。


ぴろりおさん
ありがとうございます!!
いえいえ、考えが足りないからこうやって失敗が多いわけです…。
ぴろりおさんのサイト、私知ってます!!私の方こそ他の方のサイトを見ては反省することばかりで…。
自分が好きだからと、自分の世界で暴走する所でした。お恥ずかしいです!!
でもやっぱり宮中物って憧れますよね。私は小学生のころに初めて読んだ歴史マンガが紫式部の物語で、そこからハマりました!!
続き再会したので、ぜひ読んで下さると嬉しいです♪

hirominさん
ありがとうございます!!
今回は本当に自分が好きだからと、そして知っている人が多いと思い込んでしまっていたことにやっと気付いて…もう顔から火が出るくらい恥ずかしかったです!!
だから本当、私のせいなんですよ!
そしてhirominさんのブログ、飛んで行きました!!
本当に…ここまで思われる作家さんが幸せですね。私もこうやってコメントで皆様に励ましていただけて、幸せ者だなと改めて思いました。
コメントを入れさせていただこうかと思ったのですが、限定にされているようでしたので…ここでお礼を言わせていただくことをお許し下さい。
そしてhirominさんのブログで入れたかったコメント、もう一つ。
高校時代にやはり塾とかの勧誘電話が多かったので、友人とどう断っているかが話題になったんですけれど。友人が「卒業後は結婚が決まってますと言ったら、二度とかかって来ない」と言ってました…本当に彼女は言ってました。ただ結婚はしませんでしたが(笑)
hirominさんのお人柄、すごく面白い方なんだなと思いました!!
続きへのコメントもありがとうございます!hirominさんがまたコメントを入れたくなるようなお話にしたいなと無謀にも思っております!

babaちゃまさん
ありがとうございます!
いや、今回は本当に自分の思い込みの恐ろしさにつくづく…。
自分が好きだとか、「私も読んだ」というコメントに甘えて、読んだことのない人にまで配慮することを忘れていました。
もうそれが恥ずかしくて。
でもそんな私の話を楽しいと言って下さり、ありがとうございます!!
ぜひbabaちゃまさんにまた泣いていただけるような感動巨編を書きたいです(笑)

あけみさん
ありがとうございます!
すみません、ご心配おかけしてしまって!!
モミアゲも無事に終了し、続きを再開しました!
やっと琴子ちゃん、宮中に入ったので少しは話も動くと思います!
楽しんでいただけたらいいな♪
水玉 |  2011.04.21(Thu) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |