日々草子 みんなどうした?

みんなどうした?

「可哀想ね…!琴子ちゃん!」
「はい…!お義母さん!」
紀子と琴子が、二人で顔を涙でボロボロにしながら言い合っている。
「…もうニュースに回していいだろ?」
二人の背後から、直樹が言った。
「ちょっと!お兄ちゃん!今の見て、泣かなかったの?」
「別に。」
そう言いながら、直樹はリモコンに手を伸ばし、さっさとニュースに回した。
「これを見て涙一つこぼさないなんて、入江くんてば、信じられない!」
琴子が叫んだ。
「何て冷たい男なのかしら!ごめんなさいね、琴子ちゃん。こんな冷たい男を産んだ私を許して…。」
「お義母さんは悪くないですよ!」
そして紀子と琴子はまた手を取り合い、泣いた。
「ってか、お前らの鼻水を啜る音や、鼻をかむ音がうるさくて、ほとんど聞こえなかったし。」
そんな二人を呆れた顔で直樹は見ながら言った。
「失礼ね!」
紀子がまた叫んだ。

次の日。
「チビの散歩に行ってきまーす。」
裕樹がいつものように、チビを連れて家を出ようとしたその時、紀子と琴子が裕樹に駆け寄ってきた。
「裕樹!あなたの家はここなんですからね!必ず帰っていらっしゃいね!」
紀子が裕樹の手を取り言う。
「裕樹くん!寒いからって外で寝ちゃだめよ!」
琴子も裕樹の肩を掴んで言った。
「な、何…?二人とも…?」
裕樹は二人の勢いに押されて呟いた。
「いいから!必ず帰ってくるのよ!温かい我が家が待っていますからね!」
そんな紀子の声を聞きながら、裕樹は首をかしげながら家を出た。

「どうしたんだ…?あの二人…?」
裕樹がチビに話しかけながら歩いていると、反対側から大学から帰ってくる直樹の姿が見えた。
「お兄ちゃーん!」
裕樹がチビと一緒に駆け寄った。
「お帰り!僕、チビの散歩に行ってくるからね!」
「裕樹…。」
直樹が裕樹とチビを交互に見ながら、言った。
「大聖堂…いや、教会にだけは、寄り道するなよ。」
「教会…?何そ…。」
何それと裕樹が尋ねようとした時には、すでに直樹は家へ向かって歩いていた。
「お兄ちゃんまで、どうしちゃったんだろう?」
裕樹は直樹の後ろ姿を見ながら、呟いた。

前日、紀子、琴子、直樹の三人は、『フランダースの犬』のDVDを見ていたのだった…。

☆あとがき
タイトルが思い浮かばなかった~(汗)
ちょっとした小話です♪
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

大聖堂で

ピンときた。パトラッシュかぁ。入江くんまで…プププ 裕樹くんがかわいいんだよね。
ほほえましいショートストーリー、ありがとうございました!

目に浮かぶ~
直樹だって本当はしっかりストーリーが頭に入ってるくせに
さあやはキムタクのCMを思い出したぞぉ~「フランダースの太」

コメントありがとうございます!

アリエルさん
さすが!
最初は教会だけだったんだけど、調べたら大聖堂だったので、あわてて付け加えました!
こちらこそ、読んでくれてありがとうね!

さあやさん
え、あれ「フランダースの太」なんだ(笑)!
「犬」じゃないんだ~!さあやさんのコメで初めて知った!
フランダースの犬、今だに何度読み返しても必ず泣いちゃう私です。

うんうん
水ちゃん今度よくみてみて~でね、代わりに太っちょな男の子の表紙だから

さあやさん
…最近CM第二弾になったっぽい(笑)
確認できず…!

フランダースの犬ね、私も、見て泣きました。
プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者
現在の閲覧者数:
御訪問ありがとうございます
このブログについてのお願い
当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新コメント
最新記事
カボチャの世界
Private
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク