2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.03.02 (Wed)

R-NAOKI 下


【More】






「…話があるなら、こっちへ来い!」
青木が叫ぶ。直樹は部室の入り口の傍の壁に背中をつけて、オタクたちを見下ろすかのように立っていた。
「断る。俺は信用できない奴らに背中を見せる程、愚かじゃないんでね。」
「お前はゴルゴ13かっ!」
白山が喚いた。
「文句があるなら、この芸術的作品を見てから言え!」
愚かにも青木が冊子を直樹へと突き出した。
「…。」
直樹はそれを受け取り、めくった。途端にその眉が潜められた。
「…最低だな。」
そして直樹はその冊子をおもいきり、真っ二つに引き裂いた。
「ああーっ!!!」
オタクたち四人の野太い声が、狭い部室内を揺らした。

「な、何するんだ!!」
「俺たちの努力を!!」
「このために授業も休んで…!!」
青木たちが青ざめ、叫び続ける。

「こんなもんで金を取ろうという、その汚い魂胆が俺には許せない。」
引き裂かれた冊子を手で揺らしながら、直樹は話す。
「何だ、これ。そもそもタイトルが“唐草草紙”ってセンスなさすぎ。」
「か、唐草を馬鹿にしやがって!!」
トレードマークを馬鹿にされた矢野が怒りに震える。
「そうだ、唐草を馬鹿にするな!」
青木たちも矢野に加勢する。
「しかも何だよ、この表紙。」
しかし直樹は負けない。
「表紙のバックが唐草模様って、こんな趣味の悪い物見たことがない。中身もタイトルに負けないくらいのセンスのなさ。こんなもんを世に出すと、俺が作ったソフトの品が疑われる。」
「作ったのはお前だけじゃないだろ!」
「そうだそうだ!」
青木たちが抗議の声を上げた。

抗議の雄叫びを上げるオタクたちを無視し、直樹は何かを取り出し、トーンやら消しゴムのカスで散らかったテーブルの上に置いた。

それは宅配便の送付票だった。

「何だ、これ?」
オタクたちは脂ぎった額を突き合わせて、送付票を覗きこむ。宛先もきちんと記入されている。どうやらどこかの会社らしい。

「それは、パンダイが書類の処分を依頼している会社です。」
大企業で大量の廃棄書類が出た場合、とても社員が手作業でシュレッダーにかける時間を取ることは不可能である。
そこで安心して任せられる、セキュリティがしっかりとした処理会社に依頼することがあるのだった。

「このくだらない代物、ここに送って下さい。」
「お、送ってって…。」
この会社に送る、すなわち…処分しろと言っているも同然である。

「これ、出来上がったばかりなんだぞ!!」
「俺たちがどれだけ苦労したか!!」
喚くオタクたち。
「ああ、これ、ちょうどいい大きさだな。」
しかし直樹はまたもや喚き散らすオタクたちを無視し、部室の窓際へと歩み寄った。
そしてそこに置かれていた段ボール箱の中身を見事に床にぶちまけた。
「ああ!!!」
「そ、それは…!!!」
「俺たちがコツコツと集めたアニメ雑誌のコレクション!!」
オタクたちには貴重なものも、直樹にとってはただの資源ゴミである。

「ほら、箱まで用意してやったんだから。」
直樹は箱にペタリと送付票を貼りつける。

「ふざけんな!!!」
矢野が叫んだ。
「矢野さん…。」
「さすが矢野さん…。」
頼もしい先輩に青木たちは熱い視線を送る。

「お前に何の権限があるってんだ!!」
矢野は今日も見事に荒れている指先を直樹に突き出す。
「何の権限って…製作者。」
直樹は表情一つ変えずに答えた。
「ふざけんなっ!!お前一人の力じゃねえだろ!」
「ふうん…。そういうこと言うわけ。」
イチゴリップでテカテカに光っている唇を、ブルブルと怒りで震わせる矢野と対照的に、直樹はどこまでも冷静だった。

「そういうこと、言うわけか。」
そうかそうかと直樹は頷く。その様子に只ならぬ気配をオタクたちは感じた。

「…実はコトリン、アニメ化の話が出ていてね。」
「あ、あ、アニメ化!?」
オタクたちは突然の直樹の言葉に目を丸くする。
「そう。ゲームも2が決まりそうだし。アニメ化、コミック化、ノベライズと色々話が来ていてね。まずはアニメから試してみようかって。」
「す、すげえ。」
オタクたちはゴクリと唾を飲み込む。
自分たちがデザインしたコトリンが…テレビの中で動くのである。買った人間しか楽しめないゲームに比べ、アニメの影響力は計り知れない。

「そ、それって…。」
「で、コトリン役の声優には何て言ったかな?ああそうだ。水本ナナと言ったかな?」
「水本ナナ!!」
声を揃えてその名前を叫ぶオタクたち。
「すげえ、水本ナナがコトリン!!」
「嘘だろ!!」
「へえ。知ってるんだ?」
直樹は訊ねる。
「知ってるも何も!」
「水本ナナを知らなかったら、オタクじゃない!」
青木たちは直樹の前にアニメ雑誌を突き出して、水本ナナを教える。

「…会わせてやってもいけど?」
興奮する青木たちに直樹は、これまた驚く提案をした。
「ええ!!」
青木たちは直樹をじっと見つめる。
「ああ。お前らも一応…製作にほんの少し携わったことだしな。」
「本当に?」
「ああ。だたし…。」
直樹はチラリと視線を動かす。その先には…。



「お、お前ら!!何をしている!!」
矢野がブルブルと脂肪を揺らせる。
青木たちは…せっせと出来上がったばかりの同人誌『唐草草紙』を段ボールの中に詰め込んでいた。

「お前ら、こんな奴の言いなりになっていいのか!!」
矢野は青木たちを止めようとする。
「でも矢野さん…。」
青木が情けない顔を上げた。
「水本ナナに会えるんですよ?」
「何だ、それがどうした!」
「だって、普通に過ごしていたら俺ら、一生ナナちゃんに会えないですもん。」
黄原が口を尖らせる。
「矢野さんだって、水本ナナのファンじゃないですか。毎週、パリキュアを録画していたくらい!」
白山が暴露する。
「そ、それは…。」
確かに矢野も水本ナナのファンである。しかし…彼はコトリン製作には携わってはいない。
「あんたも会わせてやってもいいけど?」
そんな矢野に直樹が温情をかけた。
「え?」
矢野の顔色が変わる。
「ああ。三人も四人も一緒だしな。」

こうして、斗南大学アニメ部製作の『ラケット戦士コトリン』の同人誌、『唐草草紙(R18)』は永遠に闇に葬られたのだった ――。



「入江くん、疲れているね。」
ベッドに入って溜息をつく直樹を、琴子は気遣う。
「何かあったの?」
「いや別に。」

どうして自分がこんなくだらないことで疲れを感じなければいけないのか。直樹はまた思い出して疲れをどっと感じた。
しかも、あの本を処分させるために声優と会わせることになってしまった。
―― まあ、遠くから顔を拝ませればいいだろう。
何も会話をさせるとは一言も言っていないのだから。あの連中を会わせたらパンダイの恥になる。

「入江くんってば。」
物思いに耽っている直樹のパジャマの袖を、琴子がつんつんと引っ張った。
「あ…悪い。」
「もう。奥さんのこと忘れちゃだめじゃない。」
ぷぅと頬を膨らませた琴子。その可愛らしさに直樹の気持ちも和らいでいく。

昼間、あんなろくでもないものを見てしまったことだし…ここは「コトリン」本人に癒してもらわねば…。
直樹は頬を膨らませたままの琴子の肩に手を置いた ――。

琴子はまるでそうなることが分かっていたかのように、直樹にされるがまま。そしていつの間にか、膨れていた顔には、まるで何かを待っているかのような笑みが浮かんでいる。
「…何だよ?」
いつもと違う琴子に、直樹の頬も緩んだ。
「…ちょっと、ね。」

そして、琴子の笑みの理由は間もなく分かった ――。

琴子のパジャマのズボンを下ろした時、直樹は目を丸くした。
そしてその目を…琴子へ向ける。

「驚いた?」
悪戯がばれた子供のように、琴子は直樹に無邪気に笑いかけた。
「…。」
そしてまた、直樹は目を下にやる。
琴子が身に着けていた下着は…あろうことか唐草模様だったのである。

「入江くん、正直に言ってほしいの。」
「何を?」
呪われたこの模様を早く目の前から消してしまいたい。
それなのに、そんな直樹を焦らすかのように琴子は話しかける。
「入江くん、もしかして…オタク部じゃない、アニメ部に入りたいんじゃない?」
「…はあ!?」
直樹は眉間にこれ以上は寄らないだろうというくらいの皺を寄せた。

「何で俺が?」
一体、自分のどういう様子を見て琴子はそう思っているのだろうか?
「だって…何だかちょくちょくとあそこに顔を出しているみたいだし。」
「…。」
それは『コトリン』にかこつけて、あのオタク連中が琴子をいいようにしているから、それを防ぐために、仕方なく顔を出しているのである。
しかし、それを琴子に言うと、琴子はショックを受ける、いや、怒り狂ってアニメ部に殴り込みに行きかねない。そうなるとますますあの連中の思うつぼになる。それを直樹は体を張って防いでいるのである。

「それにね…時々寝言で口にしているの。」
「寝言?俺が?」
琴子は頷く。
「何て?」
「“ざけんな、矢野”って。でもそれって…もしかして入江くんの愛情の裏返しなんじゃないかなって。何度もあの人の名前を口にしているし。」
どこをどう考えたら、そういう方向へいくのか。
確か琴子は前にも…青木と直樹の仲を変な方向に疑っていたことがあったことを直樹は思い出す。
「でも、私の勝手なお願いなんだけど…入江くんにはアニメ部には入ってほしくないな。」
たとえ入部したら10億円払うと言われても、絶対アニメ部には入らない。

「だから…これで我慢して?ね?」
可愛らしく琴子は首を傾げ、下着を指さした。
「何でこれ?」
「ほら、あの人…よくこの模様の服を着ているじゃない?私はあの人になるのは無理だけど…せめて雰囲気くらいは…。」
直樹は怒る気も失せていた。
直樹が矢野を気に入っている、でもそれはちょっと困るから、せめて矢野のトレードマークを自分が身につけることで我慢してほしい。
琴子のあまりのいじらしさに、直樹は抱きしめたい気持ちでいっぱいになった。

「…大丈夫。俺はアニメ部なんて行かないから。」
そして直樹は琴子をギュッと抱きしめた。
「本当?」
「ああ。だから…。」
直樹は下を見て、言った。
「…それはもう着なくていいから。」
本当に。二度と着てほしくない。可愛い琴子の体に何と似つかわしくないことか。
「わかった。」
漸く安心したのか、琴子はニコッと笑った。また可愛くてたまらなくなり、直樹は抱きしめる。

「…R直樹、だな。」
「え?なあに?」
直樹のキスを全身に受けながら、琴子は聞き返す。
「いや、何でもない。」
そう答えつつ、直樹は思った。

―― 琴子のこんな姿はまさしく…R直樹…俺限定だな。










☆あとがき
ダンス琴子ちゃんも無事に入江くんが奪還したことで(すぐに逃げられているけど)落ち着いたかと思うので、ここらで少し一息つくのも、いいかなと思いまして。
ちょっと重い話が続いている感じですし。
(ラブラブなイリコトが恋しくなっているというのもありますが(^^ゞ)

副部長が文字通り、体を張って集めて下さった部員の皆さんを何とか確保しようと頑張ってみました!
なんかかなり逃げられたかも…^^;
副部長、ご期待に添えずにすみません!!

ちなみに。
名ばかりの部長である私と、副部長のお話にコメント(拍手コメント含む)を下さった皆様は入部決定ですので!
退部は認めませんので!
部活に参加される折は、それぞれお茶っ葉をご持参下さいますようお願いいたします。
できたら、部長&副部長の分のお茶っ葉もよろしくお願いします…。

あと、コメントのお返事がまた滞りがちになってしまい、申し訳ございません。

関連記事
22:05  |  オタク部  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★ハ~イ♪

はい!~これで入部手続き完了!~許可ありがとうございます♪
お茶っ葉了解です~!!
新入部員歓迎会お願いしますね!!
~~~部長&副部長のおごりを期待♪~@^^@

入江くん寝言に“矢野”。。。(笑)
琴子ちゃん“矢野”のトレードマークの唐草模様の下着。。。(笑)
知らないうちに二人の行動を振り回している“矢野”

今夜の寝言は二人仲良く“矢野”と、声を揃えているのでは!(笑)

部長、『オタク部』更新お疲れ様です!温かいお茶をお持ちしました~~どうぞお召し上がりください~♪
あお |  2011.03.02(Wed) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんは

オタク部!!!私も入部しちゃいます~~
ところでお茶は何茶が良いですか~~(^^)?

オタクのもくろみを影で制止させる入江くんの頑張りに拍手!!!
しっかし、矢野がイチゴのリップクリームとか・・・・・
想像したら爆笑でした~~~~!!
なんでよりにもよってイチゴ選んじゃったんだろう(笑)

そして琴子ちゃんが可愛すぎる~~(≧∇≦)♪
唐草模様のパンツって・・・唐草模様って・・(笑)
そのパンツを発見して、「これなら入江くん気に入るかも・・!?」
と、レジに持っていく琴子ちゃんの姿を考えるととっても切ない・・・(笑)

久しぶりのラブラブイリコト楽しかったです、ぶちょお♪
はる |  2011.03.03(Thu) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

では私は湯呑み茶碗を数個寄付いたしますわ。。←部員数が大勢なので全員の分はちょっと無理かも。。。(笑)

R直樹って響きちょっとイヤラシくてちょっとドキドキしちゃう♪
なのに唐草模様・・・色気のかけらもないわ(笑)
唐草模様を可愛く?着こなすのも琴子ちゃんだけ!!
矢野ちゃん見たら鼻血ぶーーーー!でしょうね。

それにしても琴子ちゃんがセレクトするショップ
一度行って見たいわ♪
青木グッズも以前購入したようだし。
このまま勘違いが続くとオタク部なりきりセットが揃いそうよね。







ゆみのすけ |  2011.03.03(Thu) 09:37 |  URL |  【コメント編集】

★矢野ッチ!青木!万歳

水玉さん、おはようございます(^O^)

わたくしめからは、お茶うけの“柿ピー”を差し入れさせて頂こうと思います!
オタク部渾身の作品のコトリン二次小説も、入江くんの手であっけなくお蔵入り……(ρ_;)
色々入江対策を施すけど、全て無惨に粉々になってしまう懲りない面々の、周りから見れば明らかに無駄な努力の、あの無駄さ加減万歳\(^O^)/
アニメキャラのコトリン然り、そのコトリンのR指定な情事然り、当然ながら琴子ちゃんに関わる全ての事は、R直樹と言う事ですね!

がんばれ!
ナッキ― |  2011.03.03(Thu) 10:37 |  URL |  【コメント編集】

★私も入部希望!

R直樹もちろん色っぽい 直樹限定だよね 唐草の下着って琴子はどこまで買いにいったのかしら。 直樹のためならどこまでも!健気で可愛い(^_^)
直樹も二次小説 破って捨てたけど、家では毎日が 二次小説状態ですよね(#^.^#)
オタクたちも 直樹がちょこちょこ見に来てるんだから 諦めたらいいのに…
懲りない矢野っちたちです(^_^)
私も入部 お願いいたします! 愛の水玉劇場もジェットコースター状態で目が離せません!
最後までついて行きます!
ちなみにお茶請けに スルメ持参して行きます。スルメって 日本酒もいるかしら…(^o^;)
さくら |  2011.03.03(Thu) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

★懲りないオタクーズ万歳

       こんにちは
    部長・・・前回に入部許可頂き・・・
コトリントレーナーと3L矢野サイズ入部特典頂いていますが・・・再度入部手続きですかぁ?・・・ハァ~イ コトリントレーナー着て、茶葉、お茶共に黒糖持参でノックします。

 イチゴリップ塗った矢野に背中がブルブルと冷えきりましたが直樹の登場で寒さも吹っ飛ぶポッかポッかになりました。

 妻琴子を守る為なら・・・嫌な場所でも出入りして削除しないとですねぇ・・・でも、とっさに『あいつら・・・』って気づくのがサスガで素早い言葉です。  確かに琴子が動けばオタクーズの思うツボですから直樹の判断は正しいんです。

 疲れカンバック 唐草パンツ二度と見たくないですねぇ。でも琴子もキチンと直樹見てるから オタク部に入る直樹も知ってるんですねぇ。
吉キチ |  2011.03.04(Fri) 14:37 |  URL |  【コメント編集】

★部長、ありがとうございますm(_ _)m

部長!いつも熱心な部活動、ありがとうございます!
部長のおかげで、こんなに100人を超える部員が集まってくれたなんて・・・もう涙で前が見えません(T_T)
がんばれば、オタクでも、イケメンじゃなくても、これだけ勧誘ってできるもんなんですね。
改めて部長の尽力に、感謝致します!!
部員に「光」を与えてくれているのは、本当に部長あってこそです!!

勧誘途中で、ちょっとのぴきならぬ事情で部活動を小休止している私のために、連載途中にも関わらず立ち上がってくれた部長を、改めて尊敬してやみません!!(>_<)
矢野っちの、ストロベリー☆KISSは必ず活かします!!

それと・・・コトリンのR指定同人誌、読んでみたいです(笑)!!
副部長 |  2011.03.04(Fri) 16:01 |  URL |  【コメント編集】

★部員の皆さん、こんばんは!

オタク部員の皆さん、御機嫌いかがでしょうか?
この度は予想を上回る入部希望、ありがとうございます。
部活動についてのご案内を申し上げます。
創部記念として、『唐草使用金の座布団』をお送りしますので、部活動の折にはそちらをご持参の上おいで下さい(何せ、壊れかけたパイプ椅子しかないので)
尚、オタク祭りにご参加の折りには全員、唐草模様トレーナーのご着用をお願い申し上げます。
髪型はオカッパ、ロン毛、前髪ダラリの三種類を推奨しております(部長はロン毛です)。

あおさん
どうもどうも(←青木?)。
入部歓迎いたします!
部長&副部長のおごり…そんな、おごれるくらいなら部員にお茶っ葉要求しないでしょう!!(笑)

そして矢野に振り回される二人…アハハハハ!!!
確かにそうだ!入江くんは行きたくもないオタク部へ通い、琴子ちゃんはしたくもないであろうオタクコスプレをして…!!
そしてとどめは二人で「矢野!」と言いながら仲良くおねんねって!

ああ、笑った、笑った。
さて、あおさんが淹れてくれたお茶を…うーん。デリシャス!(←大蛇森?)
さすがあおさん、玉露を適温で淹れて下すって!


はるさん
入部歓迎します!!
お茶の好みですか!
そうですね~花粉症で辛いので甜茶かべにふうき茶で!!

矢野がイチゴリップを選んだ理由ですか?
そりゃあ、イチゴ=可愛い女の子なイメージだからでしょう!
イチゴにコトリンの面影を重ねていたのかも。

レジに唐草模様のパンツを持って行く琴子ちゃん(爆笑)
レジの人も「まさかこれを買う人が現れるとは…!」と絶句したでしょうね!


ゆみのすけさん
「直樹いじめ同好会」の会長が参戦とは!
入部ありがとうございます!
さすがゆみのすけさん!そうですよね、お湯呑が足りなかったわ!
お気づかいありがとうございます!
R直樹はタイトルが一発で決まりました!
でもここはオタク部、オチとかつけないとなと思って(あと笑いも)。
そこは琴子ちゃんの出番でしょ~と思って、唐草模様のパンツをはかせてしまいました♪
矢野ちゃん(なんて可愛い呼び方…ポッ)が知ったら、「お揃い!」と大興奮すること間違いないでしょう!!


ナッキーさん
入部&献上品、ありがとうございます!
いいですね、柿ピー!これはいいお茶受けです!
「周りから見れば明らかに無駄な努力の、あの無駄さ加減…」、爆笑しました!
そうなんですよ!明らかに無駄に終わるだろうと誰からも分かることを懸命にやるんですよ、オタク部の連中は!


さくらさん
入部ありがとうございます!
琴子ちゃんの全ては直樹限定なんですよね。誰にも見せたくないだろうし。
本当に唐草下着はどこに売っているのか…。
琴子ちゃん、入江くんはあなたしか見てないのよーと声を大にして伝えたいです。
これからも、懲りない矢野っちと愉快なオタクたちを書いていきたいと思います!!
そして「ダンス」もありがとうございます!ぜひ最後までお付き合いください。


吉キチさん
あ、トレーナー届きました?よかった!
そして吉キチさんは黒糖まで…本当に何から何まで!
次は金の唐草座布団をお送りしますので!
荷物が増えてすみません(笑)

本当に、重樹が持ち込んだ二次創作出オタクたちを思い出し、その動きを察知する入江くんは素晴らしい!
琴子ちゃんが怒ったら、それを絶対オタクたちは喜びますものね。入江くんも大変だ~。


副部長
副部長!!
お忙しい中、激励に来て下さりありがとうございます!
もう本当に名ばかりの部長でございますが…部長にご指名下さったのですから、精一杯の努力を致す所存です、はい!
私たちへのお茶っ葉とお菓子、沢山届いてますよ~。本当にいい部員が沢山入部してくれました!
私たちも部活動に励まねばいけませんね。
でも、やはりこれは…副部長の「ストロベリー☆KISS」があってのことなんです!
あのお話に触発されて…いや、密かに温めていたネタをこうして無事孵化させることが出来て私も嬉しい!
コトリンのR指定同人誌…そんなの読んだら、入江くんに殺されますよ(笑)

入部システム、これくらいはしないと部員は集められませんからね(^O^)/
今回は創部記念ということで、結構頑張っちゃいました!おかげで上下になってしまって。もうオタク部への愛が溢れて溢れて止まらない…。
コトリンのR18は、韓国時代劇を見ながら、母と世間話をしながら、もう普通の顔して書いてましたよ!
琴子ちゃんの唐草下着を見てもその気になる入江くん…きっと彼には唐草も琴子ちゃんが来たらピンクのバラみたいに見えるんでしょう(笑)


みづきさん
まあ、みづきさんも入部して下さるんですね!ありがとうございます。
しかもパイプ椅子の寄付、ありがとうございます!
唐草模様はやはり、背もたれに施されているんでしょうね!これに唐草座布団を合わせたらもう完璧じゃないですかっ!
私もダンスで物足りなかった気分を、ここで補給できてうれしかったです♪


あけみさん
入部ありがとうございます!
オタク部カテゴリを見ただけで興奮して下さるなんて、立派なオタク部員ですよ、あけみさん!
私も自分で書きながら『唐草草紙』、ぜひ読んでみたいと思いました!
絵だけはすごく上手そうですよね…でもやっぱり矢野が出てくるんだろうなあ…。


りあさん
ええ勿論ですとも!!
「部長、お茶!」「部長、椅子!」とどうぞ雑用をお申し付けください(笑)
りあさんは労働奉仕ですか!頼もしい~!!椅子もさぞ頑丈になることでしょう。
そうそうポットも壊れているんだった。人数が多いので4Lクラスのものをぜひ!
矢野っちのトレーナーは唐草のふちが金の糸で縁どられている感じです。
価格にして19800円(税込)。…こんなもんにお金使うから貧乏になるんですよ。
確かに入江くんが同人誌を見ている光景を想像しただけで…笑えますね。
入江くんは絶対手に取ることはないでしょうし。
りあさんが思うとおり「俺のコトリンに…!」とそれこそ怒りでブルブル心を震わせていたことでしょう!
最後はラブラブなイリコトで〆ないと、オタクたちだけで終わったら、もう総スカンものですからね!
私も母に良く言われます。「何を一人でニヤニヤしているの?」って。大体話を考えている時なんですけれどね!りあさんもお仲間で嬉しいです(「一緒にしないで!」というりあさんの叫びが聞こえます)。

Foxさん
うわ~プレミアムロール!!ありがとうございます!!
こんなに賄賂を頂いてどうしましょう?(笑)
絶対オタク部の陰謀が成功することはないんだろうな、こんなに努力しているのに。
入江くん、本当は話もしたくないのでしょうが、Foxさんの仰る通りご褒美に琴子ちゃんを毎回堪能できるのですから…それはそれで悪くはないですよね。

hirorinさん
そうなんです!
タイトルのRはそういう意味なんです♪
琴子ちゃんのあんな顔、こんな顔を見ることができるのは入江くん限定って意味です♪
hirorinさん、お休み前に覗いて下さって嬉しかったです。ありがとうございます!

佑さん
そうですよ、一緒にオタクな生活を楽しみましょう~。
私も実は…起きられた時は見ていたりします♪この前のハートキャッチといい、今回のといい、第一話は観ました。
矢野っち、見つかったらご連絡くださいね~!!

紀子ママさん
ほうじ茶が香ばしくていいですね~。
そして…ありがとうございます!!ゴルゴ13に触れてくれて!!
副部長が自分の所でお返事でゴルゴ好きと書いてくれて、ちょっと入れてみたくて!!
コトリンの旦那様、唐草パンツの悪夢にうなされそうですよね。
それに琴子ちゃん、入江くんに怒られても割と履いていそうな気がします♪

まあちさん
副部長から入部希望していると連絡がありました!
入部して下さい!
ほんとんに琴子ちゃん、どこで買ったんでしょうかね?
そして、よく履くタイミングが分かったなと思います(笑)
夫婦だけに以心伝心なのでしょうね♪
水玉 |  2011.03.04(Fri) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

★部長代理、ありがとうございます。

やあやあやあ!
お疲れ様です!
何を仰るんですか?これで部員になれたって?
何を仰るうさぎさん!
自分から部長代理を名乗られたのは、どこのどなたですかあ?

もう、私はいつでも部長代理を部長に昇格してもいいと思っているんですから、その気になったら連絡下さいね♪

そして、イチゴリップにこれまた反応、ありがとうございます!
似つかわしくないものを探したらこれが出てきたので…ちなみに私はオレンジリップを愛用と、いらぬ情報も付け加えておきます(笑)

今回部長代理のコメントでキャッとなったのは「ドジっ子天然娘ちゃん」っていう表現です!
もうなんて可愛いの、琴子ちゃん!
部長代理のコメントでその可愛らしさがますます増大しましたよ~。
水玉 |  2011.03.07(Mon) 23:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/1035-39e1d9d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |