2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.08 (Tue)

はじまりはダンス、そして… 1


【More】





入江直樹は頭を抱え、深い溜息をついた。
「ったく…お前はまたか。」
そして目の前にちぢこまって座っている弟を見た。
「だって、兄様…。」
「だっても何もあるか。これで一体、何人の教師を追い出した?」
弟は指を折って数える。
「…6人。」
「そうだ、6人だ。6人の教師を追い出したんだ。」
「でもさ。」
その弟、入江裕樹は弁明する。
「思い出してよ。一人目の奴。」
「ああ。変な眼鏡をかけてきた男だったな。」
「教える時、やたらと僕の体にぺたぺた触ってきたんだよ?」
「それでお前は何をしたんだっけ?」
「奴の紅茶に塩を大量に溶かした。」
「で、一人目はそれで出て行った。」
「結構根性なかったよね。」
裕樹の台詞に、直樹はジロリと睨む。裕樹は慌てて口をつぐんだ。

「5人目は?」
「ああ、あの女か。やたら腰回りを細く見せたいがために、むりやり寸法の小さい服を着て、いつも苦しそうにしていた奴。」
「服はどうでもいい。お前が何をしたかを俺は訊いている。」
「ええと…。」
裕樹はまた宙を見つめて考え始める。
「…ベッドの中に蛙を仕込んだんだろ?」
「あ、そうだ。」
そして裕樹は「ケケケ」と思い出し笑いをした。
「あの時のあの女の顔!!いつも上品に取り澄ましているくせに“ぎゃあっ!!”ってとんでもない声を出してさ。ああ、今思い出しても腹が…。」
と、そこまで口にした裕樹は、また目の前の兄の顔を見て口を閉じた。

直樹は「やれやれ」と、そのきれいな顔の眉間に皺を寄せた。

「お前、自分からやりたいって言ったんだよな?」
「…やりたいっていうか…僕は別にそこまでは…でも兄様が…。」
「でも困るのはお前だろうが。」
直樹は弟をまた睨みつけた。

「…まあいい。今日は7人目の教師がやってくるからな。」
「…はあい。」
「…大概のことは我慢しろよ。」
「…努力するよ。」
この調子では、どうやら「7人目の教師」も一週間もつかどうか。直樹は頭痛を感じながら立ち上がる。

「そろそろ教師が来る時間だからな。お前一人で挨拶できるだろ?」
「それくらいはできるよ。」
「それじゃ。」
そして直樹は自分の部屋へ戻ろうとした、その時である。

「裕樹様の先生がお見えになりました。」
女中が告げた言葉に、兄弟は顔を見合わせる。そして同時に暖炉の上の置時計を見た。まだ時間には間がある。

「時間も守れないのかよ…。」
裕樹は早速悪態をつく。が、早い分には問題は少ない。遅れてくるよりはずっとましである。
直樹は女中に二人がいる居間に教師を通すよう命じた。



「ごきげんよう!!」
兄弟の前に現れた「教師」は、想像していた人間より遥かに若かった。
「…時間は2時のはずだけど。」
裕樹が嫌味を言う。早速攻撃開始らしい。
「ああ、ごめんなさい。」
しかし、その教師は裕樹の攻撃をさらりと交わした。
「生徒を持つのが初めてなので、興奮して早く来てしまったの。許して下さいね。」
「初めて!?」
直樹と裕樹は同時に声を上げた。
「俺は最低、5年は教えた経験がある教師をと注文をつけたはずだが…。」
直樹がそう注文をつけたのは、それくらいの経歴の持ち主でもないと、この裕樹の相手は務まらないと思ったからである。

「ああ、そうなんですか?」
しかしその直樹の言葉もこの教師には全く問題ではないらしい。
「でも大丈夫です。経験は浅いですけれど丁寧にお教えしますわ!」
「…信用できない。」
裕樹は胡散臭そうに教師を見る。
これまでの6人の教師の中で一番若い。

「そうでした、自己紹介がまだでしたよね?」
教師は「コホン」と咳払いをした。
「はじめまして。相原琴子と言います。今日からよろしくお願いします。」
そしてその相原琴子はぺこりと頭を下げた。

「で、あなたが私の生徒の入江裕樹くんね?」
どうやら生徒の名前と年齢は聞いているらしい。琴子は裕樹の前に進んだ。
「…本当にあんた、できるの?」
「できるって…できるから来たのよ?」
そして琴子はニッコリと笑った。
「大丈夫!!私の手にかかればどんな生徒でもダンスを踊れるようになるから!!」
入江裕樹の7人目の「ダンス教師」、相原琴子は胸を叩いたのだった ――。



そして琴子は、裕樹の傍らの直樹に視線を移した。
―― うわ…なんてきれいな顔…背も高い…。
琴子は年頃の女性らしい感想を持った。

「あの…ご安心ください!」
見たことのない見目麗しい男性を前に緊張し、ほんのりと頬を紅潮させた琴子は、唐突に口走ってしまった。
「私が…必ずや、ご子息が立派にダンスを踊れるようご指導を…。」
「…何て言った?」
琴子の台詞を遮り、直樹から冷たい声が聞こえた。
「はい?」
「…今、何て言った?」
「あの…ご子息…裕樹くんの…。」
「裕樹が誰の息子だって?」
直樹のこめかみがピクピクと動くのを、裕樹は息を呑んで見つめている。これは兄が怒りに震えている証拠である。

「いや、ですから…。」
「…俺は裕樹の兄だ!」

―― 三人の間に、非常に気まずい沈黙が流れた。

「…嘘。」
その沈黙を破ったのは、琴子の消えそうな声だった。
琴子は直樹と裕樹を見比べる。
確かに…父親にしては若過ぎる。

「申し訳ございません!!」
琴子は先程の挨拶より、更に深く頭を直樹に下げた。聞けば年齢はまだ20を少し超えたくらいである。琴子とさほど変わらない。
「…。」
直樹は琴子を無視し、居間を出て行く。
「ばあか。」
「8人目の教師」を呼ぶ日もそう遠くはない。いや、下手したら今までの教師たちの中で滞在期間最短記録を更新するのではないだろうか。
裕樹は兄の顔を見て、早くもそんな不埒なことを考えていたのだった ――。










☆あとがき
どうしよう…。
最初と最後だけ決まっていて、途中が空白な状態です…。
でも、その最後の部分を書いてみたくてとうとうUPしてしまいました!ごめんなさい!
あと、私、ダンス踊ったことは一度もないので変な表現が出てくるかと思いますが、そこも御了承下さい。
途中で逃亡しても、探さないで下さい…。

関連記事
22:25  |  はじまりはダンス、そして…  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★素敵な予感

琴子ちゃんがダンス教師ですか!? 盆踊りではなく? 何やら楽しそうな展開になりそうでワクワクしています!(^^)! 題名はサウンドオブキス…? ダメですねm(__)m
nomari |  2011.02.08(Tue) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

★琴子ちゃんがダンス?!

こんばんは~
運動神経F組の裕樹くんのダンスのレッスンって大変そうですね!←←おっと失礼いたしましたm(_ _)m
裕樹くんと琴子ちゃんの根比べバトル楽しみです(≧∇≦)
ナッキ― |  2011.02.08(Tue) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

琴子ちゃんの言葉遣いから私もサウンドオブ♪を思い浮かべました!
ダンス教師琴子ちゃんの奮闘記~???
水玉さんが決めている最後の部分が知りたいです!!
空白部分にどんな展開が待っているのか???
楽しみです!!

あお |  2011.02.09(Wed) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

★こんばんは!

今度はダンスですか~(≧∇≦)!!
何のダンスなんでしょう~?

琴子ちゃんが自信満々のときはだいたい駄目ですよね~(笑)
琴子ちゃんと裕樹くんの奮闘を見守りたいと思います!!
二人・・・三人?のバトルも楽しみにしていますね~♪
はる |  2011.02.09(Wed) 00:53 |  URL |  【コメント編集】

★シャル・ウィ・ダンス?

待ってました!!新シリーズですか!初め琴子が家庭教師!?って思ったけど、ダンスならなんとかなるかな?裕樹君と琴子のバトル、楽しみです♪まぁ琴子の根性の前では玉砕するだろうけど。タイトルも楽しみ♪
祐樹'Sママ |  2011.02.09(Wed) 05:28 |  URL |  【コメント編集】

おぉ~新作ですね♪
とても楽しみです!!
琴子ちゃんが教師♪
今までにない展開ですね。琴子ちゃん空周りしないことを祈っているわ♪
琴子ちゃんがんばれ!!

水玉さん♪続きまってま~す!
ゆみのすけ |  2011.02.09(Wed) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

★結束しちゃうの?

     こんにちは
気にいらないと・・・トドメさして追い出し裕樹に手をやく直樹ですねぇ
 教師に琴子が?・・・心配しましたが、ダンスなら大丈夫かと?でもなんだか今回は直樹が追い出し部隊に加勢してたりしてねぇ・・・。でも今回は上手くミッション出来るのかなぁ? 楽しみです。

 水玉さんへ・・・逃亡ですか・・・その時は至急捜索しないと・・・です。
   何時もと違う展開に続きも楽しみにお待ちしております。
吉キチ |  2011.02.09(Wed) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

★なんかお腹が・・・

密かにピクピクするんですが・・・

こんばんは~!!水玉様!!
あの怒涛のお笑劇場のせいか、頬がゆるむんですが・・・(ぷぷ~)
最近、面白さに拍車がかかってません?!

一人目の教師って・・・まさしく 大〇森もどき~~!
そして、五人目の女教師って・・・?!
二人目・三人目・四人目・六人目の教師は・・・??
また、そのうち出てくるのかな?

そして、同じぐらいに若いのに裕樹のパパと思われた直樹・・・しぇ~~!

どんな展開か超楽しみにしてますよ~~!!
なおピン |  2011.02.09(Wed) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

★nomariさん、ありがとうございます。

一応、ちゃんとしたダンス教師の設定です(笑)。
過去にも不器用な琴子ちゃんがお裁縫の名手だったりと色々捏造しているので…(^_^;)
サウンドオブキス…タイトル~もしかしてあの話を連想かな?と…。
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:31 |  URL |  【コメント編集】

★ナッキーさん、ありがとうございます。

裕樹くん、確かに運動神経はF組ですもんね(笑)
そしてナッキーさんもやはり琴子ちゃんのダンスに驚かれましたか?
琴子ちゃん、あの特技があるから結構いけそうな気がするんですよね♪
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:32 |  URL |  【コメント編集】

★あおさん、ありがとうございます。

空白部分、お風呂で考えました(笑)
いや、人間切羽詰まると何とかなるのかも…。
でもきっと、過去作品と似ている感じになるので、そこは許して下さいね♪
正直なところを言えば、もう第4話からその最後に飛びたい心境です(笑)。
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:34 |  URL |  【コメント編集】

★はるさん、ありがとうございます。

本当に色々なことを入江くんと琴子ちゃんにさせる私って一体(笑)
今度の琴子ちゃんは本物です(多分)!
そして裕樹くんも出番は多いです(多分)!
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:35 |  URL |  【コメント編集】

★祐樹'Sママさん、ありがとうございます。

琴子ちゃん、逆に裕樹くんに家庭教師してもらうことになりそうですよね!
実は最初、タイトルは祐樹'Sママさんのコメントのタイトルを考えてました(笑)。
待ってました!!と言っていただける作品に仕上がるかどうか不安でいっぱいですが、お付き合いいただけたらと思います♪
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:38 |  URL |  【コメント編集】

★ゆみのすけさん、ありがとうございます。

もう本当にゆみのすけさんは、嬉しいことを(涙)

琴子ちゃんの空回り、でもそれが周囲を幸せにしていくんですよね♪
琴子先生の奮戦記(と呼べるかどうか?)を楽しんでいただけたらいいなと思っております♪
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:39 |  URL |  【コメント編集】

★吉キチさん、ありがとうございます。

確かに、今回は入江くんも一緒になって追い出し作戦に取り掛かりそうですよね。
でも相手が琴子ちゃんだけに、そう簡単に追い出されることなさそう^^
逃亡したら探してくれるんですね?
そしたら必死で逃げないと(笑)←降参はしない私(笑)
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:41 |  URL |  【コメント編集】

★なおピンさん、ありがとうございます。

そうなんですよ!
私も一人目の教師を書いた時「どっかで見たことあるような…」と思ってしまいました!!
ギャグを連続で書いたことと、普通のイリコトを書いたので、ここらで時代変えてもいいかなと思って。

琴子ちゃん、冒頭から入江くんに暴言吐きまくりです。
それを書いていて、すごく気持ちがいいことに気がつきました(笑)。

ぜひ最後までお付き合いいただけたらいいなと思っております♪
水玉 |  2011.02.09(Wed) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

★拍手コメント、ありがとうございます。

みづきさん
ありがとうございます!!
今回は「ダンス教師琴子ちゃん」です♪
「今回は」って所が何か…すごいなあ(^_^;)
直樹さんと踊れる日が来るのかどうか…ぜひその時までお付き合い下さい!!

りあさん
そうなんです!時代はそれくらいを設定してみました!
そして、そして…。
私も本誌で読んでいましたよ!「ダンシング!」!!
すごい面白くて、このマンガで社交ダンスを知りました。
主人公が友達に作ってもらったドレスを着て踊った時、リボンをほどいたらパーッと裾が広がった場面が今でも印象に残っています♪
あのマンガはなんかダンスって華麗だなあと思いましたが、数年後、ウリナリ社交ダンス部を見た時に印象は変わりました(笑)←すみません、完全に年がばれてます(笑)

佑さん
あ、ここにも追跡者が(笑)
でも追いかけられるのって嬉しいです♪続きが読みたいと思って下さる方がいるのって幸せなことですよね!!
ありがとうございます!

fさん
最初は家庭教師…そこ、実は狙って書いてました(笑)
最初はそう思わせておいて、実は…みたいな感じにできたらいいなと。
ですのでfさんのコメント嬉しかったです!
ぜひまた遊びに来て下さいね!

紀子ママさん
そんなこと言うと、縄文時代で竪穴住居(これは弥生か?)に住むイリコトとか書きますよ?(笑)
やっぱりこの時代がしっくりと来ますね~。
江戸と平安とこれとで迷ったのですが…。
入江くんとダンス、確かに気絶しそうです!!

chan-BBさん
何だ、その妄想!!(爆笑)
私の妄想など、chanさんの前では吹っ飛びます!!しかし…ちょっといいかも♪
江戸と平安とこれの三つで迷ったのですが、一番形になっていたこの話をまず最初に書いてみようかと思って^^
そういえば、どうしてダンスが思いついたんだろうか、私…?
そこは自分でも謎です。
確かにchanさんの想像に近いものになるかも…(というか、その想像を詳しく教えてほしい(笑))。
書きたいラスト、これはもうほぼ完璧に決まっているんですよね~後は4話以降なんですよ…あ、やっぱり逃亡するかも。そしたら推奴になって追いかけてきてね♪

あけみさん
うわ~こちらこそありがとうございます!!来て下さって!!
時代設定が違うイリコトはいかがなんだろうと心配しておりました…。
琴子ちゃんは入江兄弟よりも強いんじゃないかと、密かに私は思っております…。

Foxさん
あ、Foxさんは待っていてくれるタイプなんですね!!
あれですか?「私はあなたの港~♪」とか?
ダンスとかタイトルにつけてしまいましたが、途中でダンスネタは消えるかも…。
そうなったときは「ああ、やっぱりさすが適当な水玉だ」と笑ってやって下さいまし(笑)

TOMさん
いや~そんなに言って下さり、ありがとうございます。
確かに今回「サウンド…」と上げられた方が多くて驚いています。
言われてみるまで全く気がつかなくて(>_<)
言われてみると確かに似ているかも…と思ったりしました。
入江くんはトラップ男爵と違って裕樹くんに甘そうですけど^^。
取りあえず、今回は入江兄弟をメインにする予定…です(予定は未定と付け加えておく(笑))
長編…このままだと第4話でラストに飛びそうなんですけれど(^_^;)
間違いなく「唐突…」と思われそうです(+o+)
水玉 |  2011.02.10(Thu) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suisen61.blog77.fc2.com/tb.php/1011-173edaff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |