日々草子 その他の同僚のみなさん
FC2ブログ

プロフィール

水玉

Author:水玉
『イタズラなkiss』のほかには『ゴルゴ13』が好きです☆
多数あるイタキスの二次小説の中で邪魔することなく、ひっそりとマイペースで我が道をゆきつつ生息しております。
そっと見守っていただけたら嬉しいです。

※当ブログに掲載されている文章及びイラストの無断転載・使用はご遠慮下さい。

現在の御訪問者

現在の閲覧者数:

御訪問ありがとうございます

このブログについてのお願い

当ブログは、『イタズラなkiss』の二次創作をメインとしておりますが、時折管理人の趣味や日々の出来事についての記事も書いております。

原作者様や関係各位とは一切関係ありません。

二次創作については、いわゆる原作の隙間をぬった作品もありますが、主人公以外のキャラクターをメインとしたものや オリジナルキャラクターが出てくるものもございます。

そして、原作と違った時代(平安や明治やその他の時代を舞台にしております)、異なる設定(主人公を医者と看護師じゃない職業にしております)で書いてあるものが多いですが、原作を冒涜しているつもりは全くございません。

二次創作が苦手という方及び原作のイメージと合わないと思われる方はどうぞお引き取り下さいますようお願いいたします。

コメント及びメールなどでの苦情及び批判は公開、非公開を問わず、私へ告げることはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

このブログ及び掲載されている話が嫌いだと思われたら、黙ってあなた様の中から、このサイトの存在を消去していただけますよう、お願い申し上げます。

最新記事

運命の女

高校時代、俺につけられたあだ名は“世話焼き女房”だった。男としては全く嬉しくないあだ名だったが、確かに人の世話を焼くことは嫌いじゃない。困っている人間を見ると放っておけない。そして、俺はそんな自分の性格が嫌いではない。
高校のボランティア活動で病院に行ったとき、俺は自分の将来を決めた。俺は看護師になろうと。

続きを読む »

受験まで数か月。街はクリスマスに彩られているけれど、受験生にはクリスマスも正月もない。
「へい、らっしゃい!」
うん?女の声?しかも、結構若い声だ。この店、こんな若い女の人、働いていたっけ?
俺は高校受験を控えた身だ。塾へ行く途中にある、この牛丼屋は早い安いうまいの三拍子が揃っており、よく来る。だから店員さんの顔も大体覚えているが、この声に聞き覚えはなかった。

続きを読む »

高校2年生の春、俺はサッカー部でレギュラーを勝ち取り、充実した高校生活を送っていた。

「啓太、ファミレスで食べて行こうぜ!」
部活帰り、友人が俺を誘った。
「面白いファミレスがあるんだよ。」
「俺、ファミレスで食べるほど、金ないぞ。」
しがない高校生。せいぜいファストフードで食べるくらいしか金はない。牛丼屋…あれから行ってないな。

続きを読む »

「ただいま!」
「あ、啓太!お帰り!」
婆ちゃんが迎えてくれた。
今日は土曜日。そして、俺は大学受験を終え、後は結果を待つだけという日々だった。
そして、俺は受験勉強の間、なまってしまった体を動かしたくて、午前中に学校へ行き、サッカー部の後輩たちと汗を流してきたのだ。

続きを読む »

二人は知らない

「なぜ、ファミレス…?しかも激安で有名な…。」
真里奈は席に着くなり、冷たい視線で目の前の男を見つめた。
「私も安く見られたもんね。」
「ここ、おいしいんですよ。最近僕、常連なんです。ぜひここのステーキを真里奈さんにも味わって頂きたいと…。」
船津は笑顔で言いながら、メニューを真里奈の前に広げた。

続きを読む »

「真里奈さん!大晦日の夜から元日にかけて、初詣に行きませんか?」
夕食の席上、船津がはしゃぎながら、言った。

続きを読む »

暖炉の写真

「でっけー家。」
直樹は門の前で家を見上げていた。

続きを読む »

幹の休日

続きを読む »

桔梗幹の温泉

イタキス期間だからと気負う必要もないのかなと、考えつつも。やっぱり変な話は書けないかと苦悩しつつ。
原作読み返し大作戦に突入したら結構じんこに笑わせられて。

この間のお話にあんなに拍手がいただけるとは思ってませんでした。
裕樹くんがメインだしと思っていたので。うーん、ミラクルが起きました(笑)
ありがとうございます!


この話を読む前に『猿と死闘を繰り広げる野獣11.25』を読んでいただけたらと思います。
タイトルが何とかならないのかと思うのですが、センスが全くないもので申し訳ありません。





続きを読む »

 BLOG TOP